2011_04
13
(Wed)19:46

二次創作ワークショップ2を振り返って~私的反省会~

4月に入ってすごく暖かい春らしい日が続いてますね。こちらはそろそろ終わりですが、桜前線も順調に東北まで到達したようです。お花見どころではないかもしれないですが、少しでも身も心も温かい春が被災地に届くといいなと願います。
こう書いておきながら私事で恐縮なのですが、今日は少し早めの自分の誕生会と従弟の小学校、新1年生お祝いということで外食をしております。今頃焼肉をたっぷり食べてるんじゃないかと(笑)
なので久しぶりに予約投稿を使ってのエントリー。別に帰ってから書けばいい話なんだろうけど思い立ったが吉日。お腹一杯になると書けなくなりそうな気がするのでテンション高い今のうちに書いとく。
んで本日は、一昨日最終回を迎えましたニコニコ生放送での企画、二次創作ワークショップ2の私的反省会と題して思うところをつらつらと書いてみようと思います。3月17日のエントリーでもちらっと書きましたこの企画。
シンセサイザープログラマー教会の氏家さんや松武さんが中心となって、音楽著作権の仕組みや二次創作について楽しく勉強していこうという、すごく簡単に説明するとそういう企画でした。んでそのお勉強材料として幾つかの課題曲も用意され、二次創作や産児捜索のコンテストも行われました。
その課題曲の中から僕も浅倉大介さん提供のMeme crackという曲で参加させていただいたわけですが←しつこいようですが今一度動画を貼り付けておきます。

参加したからには自分なりにちょっと振り返って反省して次に繋げてみようと思って今日のエントリーを書いているわけですけど、何はともあれすごく楽しい企画でした。なんと言っても僕の憧れの存在でもある浅倉さんの楽曲を自由にアレンジしてもいいぜっていう。しかも本人公認で(笑)
これが何より嬉しかった。ただリアレンジするっていうんじゃなくて、原曲を細かくばらした音素材が提供されその中からどれか一つを使ったアレンジをしてくださいという。Meme crackは歌物なので当然浅倉さんのボーカルテイクも提供されていたわけです。本人も言ってましたがまさに丸裸状態(笑)
音の加工とか一切されてない浅倉大介の素の歌声や息遣いがばっちり聞こえるんですよ。これはもうとてつもないこと。ちょ~貴重なプレミア音源ですよね。ってかね、聞いてるこちらが恥ずかしくなってくるぐらい(笑)そして自分の作ったトラックに浅倉さんの声が乗ってしまうというのはなんて夢のようなことかと。
それでせっかくなので作って参加してみようと思ったのです。いきなり最初から躓いたところはありましたけど、上の動画のとおりなんとか形になりました。そこでまず最初の反省点としては初回の生放送を見逃したということですかね(笑)これはもう致命的というか。そこで課題曲も発表になってたんだろうからもっと時間をかけていけばまだよくなったかもしれないのに…。
仮に震災がなかったとしたら作品の応募締め切りが13日の日曜日だったので、僕的には制作期間が1週間しかなかった。そのうち1日は浅倉さん提供のトラックを全て聞くところから始まったので、これよりももうちょっとがんばったものが作れたのかもなって思ってます。締め切りは延長になったのでいくらでも手直しする時間はあったんですが、それをしなかったのも反省点。
あと野心的な部分も足りなかったかな?いつも言うことですが、こういうコンテストに応募する際、僕は優勝を狙うとかいうのは一切考えてないんですね。とにかく一人でも多くの人に僕の作る音に触れてほしいという気持ちだけで作っているし、そこに野心が入ってくると音にいやらしさが出てきそうな気がして。
だからといって適当なものを表に出すのはぜったいやなので、納得できるまで聞き込んで作りこんでいったつもりなのですが、他に投稿されてる作品群をいろいろ聞いていくと皆さんいい意味で遠慮してない。野心って言っちゃうのは違うかもしれないんですが、僕の作品にはそういう変な遠慮があるかなって気がします。無難というか。
作ってる最中は気持ちがよくてすごくかっこいいものができてる感じがしたけど、時間が経った今改めて聞いてみると確かにかっこよさはある。でもおもしろくないんですよね~。MONOTRONと浅倉さんのラップのバトル、ここは個人的に一番の聞かせどころなんですが、トラックに溶け込みすぎちゃってるし。もうちょっとラップが前にあってもいいのかなとか。
しかもラップはディレイタイムをいじってすごくおもしろい作りこみをやったにも関わらずぱっと聞くとノイズにしかなってないというかね。惜しい。もっと早く気が付くべきだった。そして浅倉さんリスペクトというところから抜け出せていないのも反省点です。これはこれで僕自身すごく気に入っていて、だからこそ投稿したわけですが、僕らしさは少なめかな。
いい意味でも悪い意味でも無難なんですよね。もっとぶっ飛んだこととか僕大好きなんですけどね~。次回もしこのような企画があるときは他の作品も勉強しながら自分らしさも前にどーんと出せる作品を作って応募したいですね。あまり考えすぎちゃうとそれはそれでよくないんですけどね。まだまだ修行が足りんということですな。精進します。
でもこういう反省の時間も含めてすごく楽しかったし、やってよかったと思います。あと2回目の放送だっけ?浅倉さんのCCCDに対する不満も全部聞けたしね(笑)それから一昨日の最終回のラストのセッションもものすごかったですしね。あれでまた一つほしい機材が増えちゃって困ってますよ(笑)そんな機材的なお話はまた後日。
何はともあれこの企画に参加したという皆さん、企画してくださったスタッフの皆さん、曲素材を提供してくださった皆さん、そして自分を含めてこの番組に関わった全ての皆さんにお疲れ様でした~。またいつかこのような企画があるとき・・・それまでに精進します。
スポンサーサイト
2011_04
08
(Fri)21:43

みんなで元気出そうぜ!!

4月になりました。何かここのところ気持ちが沈みがちで、それゆえ徒然もなかなか更新できてなくてすみません。今ちょっと自分からいろいろ発信していくのが弱冠怖いという気持ちもあるんです。
「これを書いたら(言ったら)まずいんじゃないか」「もしかしたら傷つけるようなことを書いてるかもしれない」っていう恐怖心がどことなくあって、それは震災に絡めた話でもそうですし他の部分でもちょっとあって。
いずれ話せるような時期がくれば話そうとは思っていますが、その件についてはもうちょっと待ってくださいませ。とりあえず僕はいろいろありながらも元気です。今のところ定期的に続けているのはPULVERIZEBEATとtwitterですので、よければチェックしていただければと思います。
さて、本日はここを更新していない間にひそかにアップロードしたニコニコ動画を二つほどご紹介させていただこうと思います。まずはこちらから↓

ご存知ACジャパンの挨拶の魔法というCMがあるんですが、そのCMソングをカバーしてみました。テレビなどでは当然ながらあまり取り上げられなかったと思いますが、ネット上では2chやtwitterなんかでけっこう大騒ぎになってたんですよ。
ACを巡っては今回の震災でいろいろとあったようで、民放ではスポンサー各社がCMを自粛した影響で全てのCMがACのものに差し替えられました。これによってACに苦情の電話が殺到したそうでサウンドロゴの削除といった処置もとられましたよね。
ACが悪いわけでもましてやCMを自粛したスポンサーが悪いわけでもはたまたこの震災そのものが悪いわけでもなんでもないんだけど、迷惑な話といえばそうで。そんな中でも物議をかもし出したのがこの挨拶の魔法。
賛否はいろいろあったかと思うんですが、僕個人的な話をすると非常に助けられたというか、深刻な被害が刻々と伝えられるニュースが1日中流される中でこのCMはちょっとした笑顔を与えてくれたというか、すごく和んだんですね。
存在は知ってたんですけどここまで嵌るとは自分でも思わなくて、ついに作ってしまいました。バッキングは全てJUNO-Gで鳴らしていて、初音ミクはいつものようにymrくんに協力いただきました。そして今回凝り倒したのは台詞部分。
本当はとある友人にお願いしたかったのですが計画停電や生活周りが大変ということで断念。でもどうしても入れたくて、ボカロエンジンを使用した読み上げソフトに月読アイ(ショウタ)というものがあり、体験版という形で公式サイトに公開されているものを利用しました。
ただね、これがフラッシュの中をたどらなくてはならなくて、スクリーンリーダーの音声が乗らないんですよ。何度くじけそうになったことか(涙)でもなんとか全ての音声を作る事ができて、あとはJUNO-Gのサンプラーで発音のスピードなんかを微妙に変えたりして作りこみました。
最後のACのサウンドロゴは別の動画からサンプリングして使ってます。コメントとか見させてもらうと「意外にしっくりきた」っていう声もあって嬉しかったですね。もしかしたら不謹慎だという声もあるかもしれないですけど、こういう時期ですしちょっとでも笑ってもらえたらと思い製作したのでよろしければぜひ。
そしてもう一つはこちら↓

またもDA関連のカバー曲になりますが、今回は浅倉さんのソロアルバムよりVINTAGEという曲を。基本原曲に順ずるアレンジになってますが、所々原曲とは違うアプローチも入ってます。
先週の浅倉さんのラジオに投稿されたお頼りで、THE ELECTROMANCER(KANASHIMINO KAWAWO YOROKOBINO OKAWO)という曲がリクエストされたんですね。
同タイトル、ELECTROMANCERというアルバムに収録されている曲なんですが、今この時期に聞くそれが歌詞のメッセージともあいまって非常に心をうつものがあって、最近ずっとこのアルバムをリピしてるんですね。
そんな中でこの次の曲として収録されているVINTAGEを久しぶりに弾いて見たくなったというのが敬意。もう遥か昔に一度コピーしてみたことがあって、そのときはご存知SEAちゃんにすごく褒めてもらえてね。
あれから15年近く経って改めて弾いてみたくなったんですが、結果こうなりました。ピアノの音はけっこうこだわっていて、普通に聞くと「JDピアノなのね」って思われるかもしれませんが、実はEOSでエディットしたピアノ音色を重ねていて、しかもEOSのピアノは微妙にピッチを下げてあります。
こうすることでちょっと古めかしい、まさにビンテージなピアノの感じが出せたらなと思って。あと後半のセクションに入れたアナログリードなんですが、これは挨拶の魔法のときに作った音。けっこう気に入ったので引っ張ってきました(笑)
twitterなんかでこのアナログリードを褒めてもらえることが多くてちょっと嬉しいのですが…。僕はこの曲から何かすごく希望だったり夢だったり、新しいものへ向かっていく、そして闇を照らす一筋の光みたいなものを感じるんですね。
止まない雨はないし明けない夜もない。そんなイメージから写真も選んでみたんですが、被災されて今がんばっておられる方も、また被災地には住んでいなくても心に傷を負った方、また計画停電などで不自由な生活を強いられている方もたくさんいると思います。
そんな方々に1日でも早く安住の日が訪れますように、そして笑顔が戻りますようにということで作りました。今後もこういう形でいろいろ音を作っていきながら僕もがんばりたいし、皆さんにもがんばっていただきたいし。その力にほんのちょっとでもなってくれたら嬉しいです。
最近はカバー曲を作る頻度が多いんですが、時期がくればまたボカロのオリジナルも作りたいと思ってるし自分で歌ってもいいし。ただもうちょっと時間をください、そんな感じです。みんなで一緒にがんばろうね。