2011_10
10
(Mon)21:17

心療内科へ初受信

先週の金曜日になりますが、ようやく心療内科を受信する事ができました。最初に「カウンセリングを受けてみたら?」と声をかけてくれた友の言葉を聞いてからどれぐらいの年月が経っただろう?いくじなしって言われてもしかたないけどやっと行けました。
職場のナースに教えてもらったその場所の診察室には、声を聞いただけでとても穏やかな気持ちにさせてくれる温和な先生が座っていて、メモをとりつつも「何か辛いことや心当たりはある?」みたいな感じで優しく話を聞いてくれて。
ここのところ仕事をしていると突然涙が溢れて止まらなくなること、プライベートも含めてなにをやっても前向きな気持ちに持っていけないこと、仕事上でどうしても馬が合わない人がいることや、先月職場で二度ほど襲われた酷い動悸についてもお話をして。
診断の結果、抑うつ状態と適応障害ということでコンスタンという不安や緊張状態を和らげてくれるお薬を処方していただいて。毎日必ず飲まなくてはいけないものではなく「気分が沈みそうなときって自分でなんとなくわかるでしょ?そういうときに持っといて飲むところからまずは始めましょうか」ということになりました。
こうして僕と心療内科とのお付き合いが始まったわけですが、1回の治療ではなかなか全てをお話しする事ができなくて…。本当は仕事のことだけじゃなくて他にも胸の奥でもやっとしている気持ちはあったんだけど…。そういうのも少しずつ吐き出していけばいいのかな?
今これを書いているのは10日の午前4時前なんですけど(苦笑)昨日のことになりますがmixiにアクセスしたらマイミクが一人減ってて…。この2ヶ月ぐらいで実は3人ほど自分のリストから名前が消えているんです。
いちいち気にするようなことじゃないとはわかっているし、「マイミク切るのに連絡入れなきゃいけない」なんて決まりもなければそうしてほしいわけじゃない。さまざまな理由があるんだと思います。僕だって無断でマイミク切ったことでトラブったことあるし。
ある意味ではSNSなんて出入り自由な世界なんだから気にするだけ馬鹿な話かもしれません。ネットに限らず出会いがあれば別れもあります。そこに理由があるものもないものも含めて必ずやってくるもの。わかっているのにどうしてもその裏やなぜこうなったのかを必要以上に考えてしまう。
「ひょっとしたら何か気に障るようなことをしてしまったんじゃないか?」「自分の気がつかない間にその方を傷つけたりしてないだろうか?」「もしかしたらあのときのあれがいけなかったのかな?」などいろいろです。謝れるのなら謝りたい。でもどこに原因があるかわからない以上どうしたらいいのか…。
それにその人と繋がりのあるマイミクのとこからたどって自分を切ったマイミクのページに入って足跡つけるのも…そこまでして原因を追究するのって逆に気持ちを逆なでしてしまうんじゃないかって。少なくともその方にとって僕は何らかの原因で縁を切りたい人であったわけだから…。
去る者は追わず精神が相手にとっても自分にとっても一番いいことなんでしょう。ただこうやって自分に対して不都合なことが起きたときにスルーできなくなっている自分の性格がほとほと嫌になるし、そういう考え方で付き合っていかなきゃならないのかと思うとmixiしていくのにも正直疲れてきました。
この徒然に関しても毎日のように更新してきたその理由としては「ちょっとした、本当に小さなものでもいいから前向きに感じられたことを書き残していこう」という理由で始めたんですけど、一昨年ぐらいからここを書く事が苦痛でした。プレッシャーっていうのとは違って、書きたいんだけど書けない。
「あなたは私を不愉快にさせることはあっても楽しいと思わせてくれた事は一度もない」「あなたは人の気持ちを考えたことなんてこれっぽっちもないでしょ?自分が一番大事なんでしょ?」「あなたはもう最初から誰かに助けてもらうことしか考えてないよね?一人でやってみようって思ったことなんかないでしょ?」
もう決別した人のことを書いてもしょうがないんだけどさ、ある人から言われた言葉です。僕は彼女を攻めるつもりはないしあんな形で決別したわけだから今更どうこうとは思っていません。こういう形になったのには僕にも悪いところがあったわけだから…。ただ、僕は2年半経った今でも未だこの言葉たちに縛られていて。
ここを更新しようとすると手が震えたこともありました。1行を書くのに2時間かかったことも。蹴飛ばしたくなるほどあんたが嫌いだと言われて離れていったあいつがここを見ているわけはない、わかっていても「これを書いたらあてつけになっちゃうよな」とか「やつじゃなくても見ている人、きっと楽しくないよね」とか。
なにを書いても自分の脳内から発せられる言葉が誰かを傷つけているような気がしてしょうがない。呪縛を解きたくてニコニコ動画への曲の投稿を始めたりどんどん新しいこと、おもしろそうなことにはトライしてみたけど、「そんなことして私がよくがんばってるねとでも言うと思った?馬鹿じゃないの?」ってどこかで思われてるんじゃないかとさえ思った。
もう関係のない人なのになんでここまでいちいち気にするのか自分でもなんだかよくわからなくて、考えれば考えるほどおかしくなりそうで、そのうちブログの更新頻度もこんな形になりmixiもうろつかなくなりました。更新頻度が少ないマイミクや日記にコメントつけたりしてこないマイミクを整理したのならそれも縁だったのかも。
なんとかポッドキャストは続けていますが今年に入りついに曲もあまり作れなくなっていて、それゆえカバーやリアレンジに走ってしまっているんですけど。そこから何か新しい曲への出口だったり前向きなものが見えてくればと思って取り組んでいるのですが未だぜんぜん見えない。
このままだと本当に一人ぼっちになってしまいそうな気さえする。自分がとんでもなく極悪な生きてる価値すらない人間なんじゃないかとさえ…。すみません、何を言ってるんだろう(苦笑)でもごめんなさい、これが今の僕の素直な気持ちなので。
そんなどうしようもない気持ちに押しつぶされそうになって、それでも生きていかなくちゃいけないから。それで心療内科受信を決めました。まだ治療は始まったばかり。少しずつ前向きな気持ちを取り戻して、ここをまた毎日更新して誰かにくすっと笑ってもらうこと。
そして僕とご縁のある方を少しでも幸せな気持ちにできる何かをいろいろ提供していけたらと思います。こんな書き方しかできず本当にすみません。どうしても今日は正直にこれを書きたかった。不愉快な思いをされた方がいたら本当に申し訳ありませんでした。
★記事内容、一部修正しました
スポンサーサイト
2011_10
02
(Sun)15:37

やんちゃ会員になりました!!vv

10月になりました。残暑厳しい9月から一転して急に秋が加速しましたね~。一昨日通勤途中に送迎で立ち寄ったとあるお客さんのおうちの前、いいにおいの金木犀が咲いてました。
何度もここでも書いたと思うんですが秋は僕にとってなんとなく苦手な季節。夏の暑さは確かに嫌だけどあの暑さを超えてだんだん夜が早くやってくるその感じと、空気も冷たくなっていく感じ?
なんていうんだろう、夕方「もうご飯だから帰ってきなさい」って外で遊ぶ僕を母親が呼ぶ感じの強いやつっていうのかな?わかりにくい(笑)とにかくな~んかこの季節、切なくて寂しい感じがして苦手なんです。
でもこの金木犀の香りは大好き☆ずっと包まれてたいような優しい甘い香り。そういえばこの前誰かがtwitterで「恋を加速させるような甘い香り」みたいなこと言ってた人がいたな~。よくわかんないけど、たぶんその優しい甘い香りっていう感覚が近いかな?
職場付近も秋になると金木犀の香りで包まれるんですが、そろそろそんな季節。どんよりした気持ちが少しでもこの香りで和らいでくれたらいいなと思う今日この頃です。昨日は祖母の再失業ということもあってまた将来が不安でたまらないんだけど、少しでも前に進めたら…そんな季節にしたいです。
さて、10月最初のエントリーですが、前のエントリーがあまりにも何なので(苦笑)←コメントでおしかりも受けたんですよ。その内容はちょっと残しておくには厳しいかなと思って(自分だけが見られる場所ではないので)削除させていただきましたが、肝に銘じてできるだけどんよりしたことを残さないように。
そんな中、昨日僕が敬愛します浅倉大介さんのラジオ内にてついにやんちゃ会員なる称号を手にしました。いったいここまで何年かかったんだろうね(笑)こちらの曲で↓

ニコニコには先月の半ばに公開していたんですがこのタイミングを待ってました。音作りの解説もまだだったので、これと合わせて今日は書かせていただこうと思います。長くなりますので続きをぽちっとしてご覧くださいませ。

続きを読む »