2012_05
30
(Wed)10:50

がんばるってなんだ?普通ってなんだ?

先週の土曜日から少し遅めのGW・・・じゃないんですけど、5連休中でございます。今日がその最終日で昼からはバイトもあるんだけどさ。明日からまたがんばらにゃいかんしそのリハビリって感じかな?
この5日間はいろいろと準備もしつつ、でもどこへ出かけるでも何をするわけでもなく基本だらだらと過ごしていました。昨日から蛍の光2を再放送している大分ですが、まさに干物女ならぬ干物男ですよね~。
色も白いはずだ。だからぼちぼち白ヤチマと名乗らせてもらうこともあるんですが(笑)でもね、最近「DYさん、ちょっと黒くなったよね?」なんて言われるんですよ。くっくっく、これもバス通勤の賜物か?
そんな連休中、どうせだらだらするならブログぐらい書けよって話で、この連休中も含めていろいろ感じるところの多かった数ヶ月をちょっとまとめてみたいなと思っています。
もしかしたらここをたまたま見てしまったことで不愉快な思いをしたり、「なに甘ったれたこと言ってんの?」って思う人もいるかもしれないですけど、これが今のありのままの気持ちなので。
以前にも書いたと思いますがここ数年、もともと自分に自信があったわけじゃないんですけどそんな気持ちに拍車がかかってしまって、自暴自棄に陥ることが本当に多くて。その答えをずーーっと探しているようなそんな毎日でした。
その一番の要因は片思いをしていた人と分かり合えなかったことかなって思います。誤解なきようにお願いしたいのは、僕はその相手の方を攻めたりしたいとか謝罪してほしいとか、そんなことはこれっぽっちも思っていません。
彼女にいやな思いをさせてしまったのは自分だし、こうなるのもしかたないよねと納得した上で僕から離れたので。ただほんのちょっとでも分かり合いたいと願ったのは事実で、なぜそれが適わなかったのかっていうのはずっと引っかかっています。
たられば話ばかり思っても何も変わらないんだけど、もし僕が友達なのだと割り切って自分の気持ちを抑えることができたら今も時々会ったり、話ができたりしていたのかとか。実際できてないんだけどさ。
んじゃ~その気持ちに気づいたとき、我慢せずに「おれは友達だと割り切ることはできない。もうそういう目で君の事を見られない」って告げて離れたほうがよかったのかなとも思ったり燃して。そしたらお互い傷つくこともなかったのかもしれないなって。
無駄に嫉妬したり誤解したりねじれたりせずにさよならができたのかもなと。それでも一緒にいたい、いつかわかってもらうためにがんばるんだと願ったのは僕のエゴでありわがままでもあり。あのときは他の誰かじゃなく君がよかったんだ。
結果的には最悪の形で離れることになってもやっとしたままずるずるずるずる3年ぐらい経っちゃいましたけど、なにやっても満たされない状態に陥ってしまって。音楽に逃げても「これ、あてつけにしか聞こえなくない?」っていう作品しかできなくなった時期もあった。
「誰かを間接的に攻撃するためにおれは音楽やってんじゃない!」っていったんオリジナル曲の製作をぴたっと打ち切ってカバー曲に逃げたのが一昨年ぐらいから。それでもなんか違う、なんか違うっていうもやもやがついてまわって、自分を攻めることしかできなくなってました。
音楽に限らずプライベートでもやることなすことうまくいってない気がして、自分が誰からも認められてないような気さえすることもあって。仕事でも数年前に比べると本当にたくさんの人たちから頼ってもらえるようになって、それに答えることでまた頼ってくれる人が増えて。
でもなんか違う。ぜんぜん満たされてない。よく言えばプロ意識が目覚めてきたのかということなんだろうけど、悪く言えばただのガキ。結局褒めてもらいたいだけなんだね。「これだけやってるのにどうしてご褒美くれないの?」みたいな。そんなガキな自分がたまらなく嫌で、そりゃ愛想つかされるのも無理もないよね。
こんな僕を見てリア友もそうでない人も、職場の同僚も家族も「がんばってるんだからもっと自信モチナよ。小さくならずに堂々といきな」って言ってくれて、そう言ってもらえることは本当にありがたいし思ってくれることは素直に嬉しいんですけど、自分ではまったくそうは思えないんです、どうしても。
友人たちは母親になったり父親になったり結婚をしたり、あまりよくない話ですが不倫をしている幼馴染もいたり(苦笑)でもどういう形であれ前に進んでいると思うんです。僕はあの日、あのときからずーーっと止まったままのようなそんな気さえする。それがもどかしいし悔しくてしょうがなくて。
でも、本当にここ数ヶ月なんですけど「案外これでもいいのかな?」って思える出来事というか、そう思わせてくれる人たちとの出会いがあって。僕はどんな出来事や出会いにも必ず意味があるものだと思っているんですが、特にここ数ヶ月で繋がることができた人たちっていうのは僕にとって大きくて大切な存在です。
上で書いた彼女とのことがあってから「がんばるってなんなんだ?普通ってなに?当たり前ってなに?」っていうのをそればかりずーーっと考えてしまってたところがあって、「大ちゃんってさ、食べ放題のお店とか行っても一緒に目当ての物を取りにいったりとかしてくれないよね?」って言われたこととか。
それができなかった自分のことをずっとどんより考えていたんだけど、同世代の視覚障害の方にそのことを話すと「私もだよ」とか「食べ放題のお店って難しいよね。下手に動くとトレイとかひっくり返しちゃうこともあるし」って言って貰えることもあって。
それが必ずしもいいことなのかどうかはわかりませんが、わかろうとしてくれる人の存在だったり、自分と同じ境遇の人と話をしていて同じようなことにぶつかったり悩んだりしながら、それでも笑ってしっかり生きている人がたくさんいる。純粋に前を向く力を与えてくれる人たち。
僕も及ばずながら誰かにとってのそういう存在になりたいなって思います。そのためにもいろいろがんばんないとね。この人たちとの出会いのために必要な別れだったのだとしたら、彼女とのこともまた必要な出会いだったのかもしれません。そんなことを感じる今日この頃なのです。
長々と書きましたが、やっとここまで思えるようになった感じ。本当は自分を必要以上に美化したり正当化してるみたいでいやなんだけど、書けてよかった・・・かな?
スポンサーサイト
2012_05
23
(Wed)20:07

DYちゃんの楽曲解説~Sunset Bluesy~

最近また首から肩にかけての凝りがものすごく気になり始めたDYです、皆さんこんばんは。今年の頭に心療内科に行って肩凝りの薬飲んでたときは一時的によかったんだけど、やっぱ止めるとだめっすね。
この1週間は3回ぐらい頭痛もやってきました。時々肩をほぐしてくれる同僚にも「鉄板みたいですよ」とか言われちゃった(涙)こりゃちょっとプロの手を借りないとだめかな~。
なんか僧坊筋のあたりから背中までがずしーんと重くて、よろいでもかぶってんじゃないかって思うこともありますが…。ここをご覧の大分県在住の同業者の皆様、格安で揉み解しにきてください…なんつって、誰も見てねーかな?
さて、本日は久々muzieにアップロードしました私目の新曲についての話題を。昨日公開になりましたSunset Bluesyというタイトルの曲について書いて見ようと思います。
ということでまずは聞いてくださいな→http://www.muzie.ne.jp/songs/379231/
いかがでしょうか?ずっと僕の曲を聞いてくださってる方にはどう聞こえるんだろう?4年ぐらい前に作ってた感じの生バンドっぽいアプローチもありつつ、あんまり派手な音もアプローチもやってないんで、ある意味進展地開拓みたいなところもあるかな~。
僕的にはShinagawa Midnightあたりのスパイスが濃いかなって思ったり。この曲をずーーっとたどっていくとShinagawa Midnightにたどり着くような気がします。都会的というか、あまり人間的な優しさを感じない曲というか。
ポッドキャストの225回目←で初めてかけたんですけど(20日更新ね)、そのときにもお話したように、これは仕事の空き時間にIPHONEのガレージバンドでちょちょっと作ったサウンドスケッチをベースに組み立てていきました。
3月の頭ぐらいだったでしょうか。まだ寒くて日の入りも早いような感じで、そんな夕方でしたね~。仕事が速く終わっちゃってバスの時間まで空きができたんで、何気にIPHONE取り出してガレバン立ち上げて・・・みたいな流れ。
スマートキーボードで何気なく抑えたコードがな~んか哀愁を誘う感じで、それをエイトビートで刻んだら「お!なんかこれいい感じじゃね?」みたいになって、そのままイントロのピアノのタッチの参考になってたりするという。便利な時代になったもんです。
夕方作ったからっていうわけではないんですけど、このコードの響きと、いろいろ上物を重ねていくうちに「夕焼け」だったり「夕暮れ」っていうキーワードが出てきて、こういうタイトルになりました。メインパートをフルートでっていうのもこういう部分が濃かったから。
あんまり今ないですよね、インストでもフルートをメインに据えた曲。使い方や人の捕らえ方ですごく響き方が違って聞こえる楽器なんだなと思ってね~。先日のTMRのときも使ったんですが、同じ音色なのにすごく違う響きがすると思います。
そしてアレンジしていく中でもう一つ意識したのは、夕焼けとか夕暮れを連想させるものって、やっぱ昔の刑事ドラマだったりするんですよね(笑)特に石原プロが作ってたような大都会シリーズとか、あと特捜最前線みたいな。
なんかその頃の刑事ドラマってハードボイルドというか、画質も暗かったりするし、犯人を逮捕してもけしてハッピーエンドじゃなかった気がするんですよね。どこかやるせない気持ちや切なさが残った感じというか。逮捕しても人質は死んでたりとかね。
具体的にはこういうのを作って見たかったんですけどね→http://www.youtube.com/watch?v=fj2Yt07_M1c
そんなやるせない気持ち?仕事帰りになんかやりきれない気持ちのまま帰るっていう感じの日って、たぶん僕だけじゃなくて多かれ少なかれ誰しも感じてるものなんじゃないかなと。それでも無機質に時も町も流れていくっていうね。ほら、優しくないじゃん?(笑)
そこに人と人との繋がりだったり何気ない優しさや気遣いが入ってきたり、あるいは疲れて帰ったら迎えてくれる家族がいてくれるだけで救われる部分ってあるじゃないですか。なんかね、そんな優しさを求めて作りました・・・かな(笑)
生楽器のセッションというところを意識して極力クオンタイズを使わずに、あとサイバーな音もなるべく入れずにというのはこだわりました。それでも何トラックかはシーケンスとか機械的な音を入れてますけどね、あくまで隠し味的に。シンセの音が好きなんだねやっぱ。
それと何より大変だったのは効果音というかいわゆる環境音ですね。ほぼ全てのトラックができたときに、どこかタイトルを引き立てるものが一つほしいなと思って、本当に夕方自分が帰宅する道中の音を録音したものを使ってます。ぶっちゃけ一部朝の音もあるんだけど(苦笑)
環境音を入れた曲を作って見たいというのは昔からあったんですけど、こんなに難しいのかと(笑)雨が降っちゃうとサンセットにならないし、風が強いとマイクにノイズがぶぁーーって入っちゃうし、あとマイクの向きとかでステレオなのにそんな感じがぜんぜん出なかったりとか。
そんなにいい機材、いいマイクを使ってるわけじゃないんでこれが限界です、許してください(笑)でもイメージは脳内に作りながら聞きやすくなってるんじゃないかと思います。実は環境音なしのバージョンもデータとしてあるんで、いずれこれもアップロードしたいなと思ってる。
SEを抜いてあるからこそ見えてくる景色とか聞こえてくるものがあったりして、僕も聞き比べてみておもしろいなと感じているので。まずはこのオリジナルを聞いて皆さんの脳内を刺激していただけたらなと思います。けっこう「これ好きです」と言ってもらえてて嬉しい今日この頃、皆さんはいかがでしょうか?
2012_05
16
(Wed)21:41

私を夜の闇に包め!!

1996年5月16日。僕が量目の視力を完全に失った日。17歳という、世間一般的には青春を謳歌しているようなそんな時期でしたが、あれからもう16年も経つんですね~。
左目の視力を失ってからはもう20年以上経つわけですけど、そう考えると人生の半分以上は、量目で光を感じたり色を識別したり、そういうことができなくなってたんだな~。完全失明をしてから16年の今日、なんだかそんなことをふと考えていました。
↑と書いてますが、見えていたといっても完全に見えていたわけではなく、人の顔を見て誰だか識別することは不可能でした。光の加減で周りの人たちが着ている服の色なんかがわかった程度かな。
それでも生まれつき見えるという感覚をまったく知らない方に比べたら、自分は恵まれていたのかもなと思います。知識としてだけではなく、たとえば「赤」と言われてどういう色なのかを脳内に描くことができますし。
朝でも昼でも夜でも真っ暗な世界(性格には完全に真っ暗という感じではないのですが)で生きていくことが当然のようになってしまった今、「なるようにしかなんないんだから」という気持ちもあれば、「これからどうなっちゃうんだろう?」っていう漠然とした不安もある。
失明した直後に比べると不安は少ないと思うんですけどね。あのときは精神的にも物理的にも感覚的にもお先真っ暗という表現がぴったりでしたから。未来が描けなくなったというか、この気持ちをどこに持っていったらいいんだろうって。
そういう不安を家族にも打ち明けられなくて。僕が失明したことで家族はたくさんの涙を流したし同じように・・・いや、ある部分では僕以上に辛い思いをしたかもしれない。だからそれが嘘でも元気なふりをしなきゃって・・・なんか必死でした。いわゆるいい子ちゃんだった感じ?
今もそれは変わらないかもしれないですね~。気持ちのどこかでは家族に遠慮したり「元気でいなきゃ、がんばんなきゃ」って思ってるところがあるかも。でも一人の時間ができてふと将来のこととかを描こうとすると、何も見えてこない自分がいるんですね。それがたまらなく恐ろしかった。
そういう中でも音楽が好きだって気持ちに揺らぎはなくて、恐怖心から逃げるために音楽を聴きあさっていたところにあの人の音楽との出会いがあってね(笑)だからこの16年、失明したからこそ得られたものっていうのもたくさんたくさんあったし。
シンセを買ってもらって独学で作曲を始めて、そこから繋がって自分が作った曲を一緒に奏でてくれる仲間に出会ったり、ここでブログを書き始めたりそのことでまた繋がってくれた人がいたり。ポッドキャストもそうだし。
いろいろあったしこれからもきっといろいろあるんだろうけど、失ったもんは戻ってこないとしても手に入れたものはいくらでも大切に大きく育てていけると思うし。もちろん僕の心がけ次第だけど(笑)
ま~・・・がんばります。な~んか今日は16年というタイミングでふとそんなことを考えてぼーーっとしてしまいました。とはいえやるべきことはやった・・・はず(笑)バイトもきっちり、曲作りもそこそこに。
本当はね、いろいろ吐き出したいんです。なんかくすぶってるどよどよした気持ちがあって、でもどこにぶつけていいかわからないし。ここで書いてもいいのかもしれないけどなんか違う気がして。
毎日欠かさずここを更新してたときってそういうどよどよした気持ちも余すところなく書きまくってたよな~。今よりも柔軟に文章が書けてた気がするんだけど、なんか今はいろいろ考えてしまっててだめですね。
は~、な~んかうまくいかない。でもきっとそれは僕だけじゃないと思うから。うん、明日からもまたがんばろう。そういえば今日のエントリーのタイトル、僕の好きな特撮の超人機メタルダーの敵のボス、ゴッドネロスの台詞なのです。
これまた今日ふとウィキペディアを覗いてみたら、声を当ててた渡部猛さん、一昨年亡くなってた(涙)ネロス様が天国へ召されました。自分にとって最強最悪な悪役ボスだと思っているのですが、なんだかちょっと寂しい気持ちになりました。
謹んでご冥福をお祈りします。ってぜんぜんそういえばな話じゃなかったよ(笑)
2012_05
07
(Mon)06:22

DYちゃんのカバー曲解説~Thousands Morning Refrain~

なにやら夕べは寝つきが悪く、また朝のエントリーになりました(苦笑)ま~昨日はちょっと昼寝をしすぎたというのもあるのですが…そんなわけで皆さんおはようございます。GWも終わって今日から通常業務という方も多いんでしょうか。
僕はGWなど関係なく普通にお仕事でした。ま~サービス業の宿命というか仕方がないところではありますね、毎年のことです。でもたまたまなんだけど今月末、シフトの組み合わせの関係で5連休なんて日があって(笑)
自分でもびっくりなんですけど。ここまでまとまったお休みをいただけるというのも久しぶりなので、とりあえずこの5連休までは全力投球でがんばっていこうと思います。でも5日も休むとたぶん3日目ぐらいからはどよどよした気持ちに襲われるんだろうな~。
今月末になりますが26日ぐらいからどなたかかまってくれる人、コメント待ってます。スパムはいらねぇからな(笑)昨日もなんかきてましたね~、やになりますわ。リアルには浮いた話は一つもなく、スパムと仕事が友達さ・・・なんてね。
さて、本日のエントリーですが、2ヶ月ぶりぐらいにニコニコ動画とyoutubeにアップロードしました新作のカバー曲動画についてつらつらと書いて見ようかと思います。今回カバーさせていただいた曲はこちら。

youtube→http://youtu.be/cYz3K2b5SEk
T.M.RevolutionのThousands Morning Refrainという曲です。朝がテーマだから今日のエントリーが朝っていうわけではなく(笑)これは偶然です。ほんと夕べは寝付けなくて・・・ま~いろいろあります。
昨年発売されたアルバムに収録されていまして、タイトルの頭文字を繋げるとTMRになるというおなじみのシリーズ。何気に僕、TMRの曲をカバーするのは初になります。
今までにもカバーしてみたい曲はいくつかあったんですがアレンジに煮詰まったりしたものがほとんどで、表に出せるものがなかったのですが、今回はぜひ挑戦しようと思って、アレンジと・・・恥ずかしいですが・・・歌っています。
先月TMRが47都道府県を廻るというライブツアーの中で9年ぶりに大分でライブを行いました。そこに僕もtwitterで知り合った方とのご縁があって幸運にも参加することができたんですね。
僕にとっては6年ぶりの生TMRだったわけですが、その中で本編の一番最後に歌われまして。それまでこの曲、別に特別好きだというのもなければ大嫌いというのもなく、普通に好きだったという程度だったんですね。
でもあのライブで聴いたこれはな~んか感動的だったんですよね~。なんだろう、西川くんが一言一言をすごく大切に、切々とというか浪々とというか、とにかくまっすぐに歌い上げる姿とその声がずんずん響いてきて。
不覚にも泣いてしまったのです(笑)僕の解釈としてはこの曲、本当に大切な人との巡り合いがあって、その人と刻んでいく時間の大切さと、尊いものを守っていく力強さを歌ったものだと思うんですね。
その光差す中にはもちろん闇もあって、たくさんの巡り合いの中で分かり合えなかった人との別れがあったり、踏みにじられた思いがあったり。そんな時間を重ねて今隣にいてくれる人への敬愛というか。
僕があのライブに参加できたタイミングというのは、なんだかやるせない思いがずーっとずーっとくすぶっていて、でもこの気持ちをどこへ向けたらいいのか、誰にぶつけたらいいのかがぜんぜんわからない。
いつまでもいつまでも引きずっていることに対する情けなさとかふがいなさとか。「何がいけなかったんだろう?」「なにが自分には足りなかったんだろう?」みたいなことを年単位でことあるごとに考えていたようなそんな時期。
そんなときに聞いたこの歌は、なんだか自分のくすぶりを一気に振り払ってくれるかのような神々しさがありましたね~。ぱっと周りが明るくなるような感覚っていうのかな。まだ自分の中で決着とか答えを出せたわけではないけどね。
でも少なくともあの会場にいられたこと、あの曲を聞けたことで得たものは確かにあったなって。また偶然なんだけど最近になってあるご夫婦との出会いもあり、そのご夫婦のお話を聞いていて感じた思いとかもあって。
なんかそんないろんな気持ちを吐き出そうと思ったらこの歌を歌うしかないなって思っちゃったんですよね~。歌は得意ではないんだけど…いや~、恥ずかしい。いろんな意味でがんばったよおれ・・・あ~がんばったさ。誰か褒めておくれよ(笑)
すっごいストレートでしょ?原曲にはリズムやギター音色もいる王道のバラードなんですが、こちらはすっごいシンプルにオーケストレーションアレンジで。原曲にも入ってるハープのグリッサンド(っていうのかな?)がすごく綺麗で大好きなんですけど、それをどうしても入れたくて苦労しましたね~。
JUNO-Gのコードメモリー機能とかとにかく使えるもんは全部使って打ち込みました。自画自賛をしてしまうと、2番冒頭のフルートの音とかけっこう好きだな~。こういうアレンジもすっごい久しぶりだった。
そんなわけで、西川には足元にも及びませんが歌も歌っております。ぜひ聞いていただいて、感想や突込みなど遠慮せずにしていただけたらと思います。あまりずたずたなことは書かないでね(笑)