2014_04
17
(Thu)00:00

レベル35

可もなく不可もなく、今年も平和にこの日を迎えられることにまずは感謝。とはいえ、35年目の人生、いろいろありましたねー。ってか不健康この上なかった(苦笑)毎月のように風邪引いてた感じだし、昨年末には耳のトラブルがあったり10円ハゲ作ったり。
耳は順調ですがハゲはまだ治らないんですよねー。皮膚科に行ってお薬もらってきてそれを塗り続けてるんですが、なんとなく産毛みたいなものがちょろちょろあるかなーって感じはあるし大きさは少しずつ小さくなってるのかなって気もするんだけど、完治までには至ってません。
それを除けばとってもよい1年だったと思います。ネットで知り合った人、仲良くさせていただいてる人とも実際に会うことができたり、今は休止してますが生放送や、バーチャルの音楽フェスに参加したり、accessのお二人とほぼ握手だったハイタッチもすることができたりとか(笑)
そういった自分の行動や経験の中で、この日になると「自分は果たしてどれだけの人に役に立てたかな?どれだけの人を笑顔にできたかな?」っていうのを考えてしまいます。けして幸せじゃないなんてことはないしむしろおととしよりも去年よりもちょっとずつちょっとずつ、前に進めてるんだと思う。
でも相変わらず自分に自信がなくて、「ああしとけばよかった、こうしとけばよかった、なんであんときああしなかったんだろう?」みたいな気持ちにつぶされることもしょっちゅう…。毎年毎年書いてますけど、「いいかげんにしろよ」とか自分でも思ってますけど、変わらないですねー。
まーけど、これが自分なんだろうね。受け入れるところは受け入れるしかないんだと思います。だけど変えられる部分は少しずつ少しずつ努力して、いろんな人とかかわることで学ばせていただきながら今日からの1年も生きていきたいと思います。いい年をして未熟者ですが、これからも皆さん一つよろしくお願いします。
35歳。実はこの35歳っていう年齢は自分にとって一つ感慨深いところがあって、重たい話で恐縮ですが、左目の視力を失ったきっかけになった小学校5年の担任教師、その年齢が確か当時35歳。あのときの彼と同じ年齢に到達してしまったんだなーと。
彼は彼、僕は僕の人生を積み重ねてきただけなので「だからなんだ」っていう話ではあるんだけど、なんとなくシンクロさせて考えてしまうところはあります。今までたまたま何事もなく順調にきたけど、人間ですから間違う琴だってあるかもしれないし。そのときにきちんと頭を下げられるような大人になっているのかどうか…。
これまでまったくもって間違いなくきたのかっていうとそうでもないと思ってます。せっかく知り合って仲良くしてくれた人を傷つけて二度と会えない形にしてしまったこともあったし…むしろ間違いだらけだとも思う。正直にまっすぐなつもりでも、それがかえって人を追い詰めたり傷つけてしまうことだってあるわけで。
想像力が乏しくて自分のことしか見えてないようなことだってあるし、それゆえ気持ちが制御できなくて暴走することもあったりして。たぶんそういう自分にだと思うんだけど、いつもなんとなくおびえてる。「今日は誰か傷つけなかったかな?嫌な気持ちにさせなかったかな?」みたいな感じで。
自分に正直でいることと自分の中の正しさ、自分の中の正解を人に押し付けるエゴイズムな部分を履き違えてはいけないわけですが、たぶん僕は履き違えたままここまできちゃってるのかもと思う今日この頃です。自分の中の正解は必ずしも誰かにとっての正解ではない。
その辺をまたウダウダウダウダ悩みながらこの1年も生きていくことになるのでしょう。何が書きたいのかよくわからなくなってきましたが(笑)35歳、自分らしいことに胸がはれる1年でありたいですね。間違ったときはきちんとごめんなさいができる人であれるように。
真面目な話はこれぐらいにして、とりあえず35歳になって一つ不安なことがあります。たぶん来月あたりに健康診断っていうやつを受けなくてはいけないんですが、今年からバリューム検査が加わるみたいなのです。なにが不安って、DYちゃんは炭酸が飲めない(笑)
バリューム自体も心配なんですけど、バリューム飲む前にシュワシュワシュワーっとした炭酸のきついやつみたいのを飲まされるんでしょ?それで腹腔内を膨らませて撮影するんですよね?「げっぷを我慢してくださいねー」っていうあれですよ。こえー、こえーよー。
今から炭酸水みたいのを毎日買ってきて飲む練習とかしといたほうがいいでしょうか?コーラとかサイダーじゃないほうがいいよね?糖分多いっすからねー(笑)人によっては胃カメラのほうが楽だよって話も聞きますけど、オエオエなりそうでこれもやだわー。
初めての挑戦というのは緊張と不安が伴うものですけど、こういうのはいらないんだけどなー。職場やめちまうか(笑)けど1年に1回、健診を受けることは大事ではあるので、できるだけわくわくを多めに頑張りますよー。そんな感じでした。
スポンサーサイト
2014_04
10
(Thu)18:28

出没情報~サロン・ド・ロン・ダン、アーカイブ公開~

ここ最近では珍しく2日続けてのエントリーでございます、皆さんこんばんは。昨日と今日は仕事が休みで、昨日は比較的規則正しい生活をしていたわけなのですが、今日はしくじりまして(苦笑)ほぼ1日寝倒してしまいました…大失敗です。
なーんか疲れててですねー。特別何か疲れるようなことをしていたわけではないんですが、今は寝すぎたせいで頭痛が(苦笑)春だからでしょうかね、眠い。まだ眠い。いったいどうなっているんだ?そんな感じ。
「眠いというのはまだまだ若い証拠なのでは?」などと強引な言い訳などもしてみるのですが、あと1週間でどうやらDYさんはまた一つ年を食ってしまうようです。そんな今日なんですが、僕DYの出没情報ということでエントリーを書いていこうと思います。
先日、4月1日に配信され生出演させていただきましたクーラさん主催のツイキャスを使った配信番組、サロン・ド・ロン・ダンのアーカイブが公開になりました。
今回は4月1日、1年に1回同道と嘘をついていい日でもあるあの日の配信ということで(笑)テーマが嘘との付き合い方となっていまして、クーラさんを始め僕とデジデジさんとめがねDさんという4人で語らっております。まずは本編。
http://twitcasting.tv/sdrd03/movie/51112563
比較的真面目に(なのか?)嘘との付き合い方について、時々フィクションも織り交ぜつつお話しています。僕は嘘にまつわるちょっと苦いエピソードを。お酒入れたからかなー?控えめでいたつもりだったけど、けっこう僕しゃべりすぎてますね(汗)
後半ではネット人格だったりちょっと哲学的な部分にも踏み込みつつおしゃべりしました。僕以外のお二人のエピソードもなかなかおもしろいので、ぜひぜひお聞きくださいね。そして、外伝です。
http://twitcasting.tv/sdrd03/movie/51142400
これは本放送の内容に沿うようで反っていない(笑)本当にクーラさんいわくの雑談場というのにふさわしい感じではないですかねー。僕、このとき半分以上は配信されてるということを忘れてしゃべってましたけどねー(笑)そんなんでいいんかい。
外伝ではハルさんも交えて、ポッドキャスト番組でエイプリルフール企画を配信した人たちの裏話であったり、「何かやりたいんだけどなにやっていいかわからない」っていうポッドキャスターさんにレクチャーするみたいな場面もあり、いろんな方向に転がっていきましたね。
ゲームとか音楽とかいいともとかね(笑)けっこう外電、おもしろかったです。ということで、生放送が時間が合わずお聞きいただけなかった方、お茶のお供、おやつのお供、お暇なときにぜひぜひお聞きください。
2014_04
09
(Wed)09:21

XPさん、お疲れっしたー

そろそろこのブログのテンプレを変えたいなーと思いながら数ヶ月が経過しています(笑)本気でそろそろ変えたい。この1週間ぐらいで頑張る…とか思っていますが、今日は朝からかなり鼻がぐしゅぐしゅきてますねー。皆さん元気ですか?
さて、本日はwindows XPのマイクロソフトのサポートが終了するということで、思いいれも深いということもあり、つらつらと思い出でも書いてみようかなと思ってます。まずはXPさん、大変お疲れ様でした。
XPが世に出てきたのが2001年の年末ぐらいだったでしょうかねー?だんだんと季節が冬に向かっていく寒い時期だったと記憶していますが、ニュースだったか誰かの口コミだったかで「今度のwindowsはなんかすごいらしいね。XPっていうんだってよ」っていう話を聞いたのが最初。
2001年っていうと僕の手元には既にパソコンがありました。僕にとっての処女windowsだったMEです。まだネットには繋がってなくてちょこちょこ勉強に使ってたぐらいかなー?いや、そんなに勉強には使ってなかった気もする(笑)
まぁぁこのMEちゃん、酷かったねー(笑)マルチタスク的なことがさっぱりできなかったもんねー。スクリーンリーダー常駐させて2つ以上のソフトを立ち上げようもんなら「予期しないエラーが発生しました」とかなんとか言いやがってさー。
スクリーンリーダーなし、つまり健常者の方はどうだったんだろう?やっぱ使い物にならなかったのかなー?とにかくMEはいろんな意味でカオスだったのですが、それを使い始めてそんなに間がない頃の僕だったので、XPがすごいと言われてもよくわからなかったし、今ほどパソコンに詳しかったわけでもないしね。
そんな僕の初めてのXPは、社会人になって初めて勤めた職場で、同僚がパソコンを新たに買うってので、いろいろ教えてほしいということになり、触らせてもらったのが最初でした。やっぱMEとは微妙にかってが違って戸惑うこともありましたが、無駄にいろいろ感動したんですよ。
なにより、マルチタスクでも固まらないってのがほんとびっくりした(笑)「おー!!すげー、HPRとメールソフトとワード開いてるのにぜんぜん固まらねー。サクサクじゃん」とか。んで家に帰ってME触って愕然とするみたいなね(笑)
その人のパソコン、メモリーは256MBとか512MBだったかと思うんですけどね。今だったらノートでも標準がメモリー4GBとか当たり前じゃない?MBですよ(笑)それでもうちのMEよりもものすごい快適に動いたんですよねー。XPすげーって本気で思った。
それから数年。とうとううちのMEがぶっ壊れまして、そのときは仕事でもパソコン使ってたので急いで近くのY電気に走ってXP搭載のNECのバーサプロをお買い上げし、我が家にもXPがやってきました。これが2005年の秋。このブログでもその一部始終を書いたような記憶がある(笑)
買ってから2年半後ぐらいに1回メーカー送りになってデータが全部消されて帰ってくるという事故があり、そのおかげでバックアップの大切さを知ったわけだけど←ポッドキャストの第0回から10回までのデータが全部消えた(涙)その事故以外は大きなトラブルもなく、大変便利に使わせていただきました。
ポッドキャスト作成のときも曲作りのときもそうだし、スカイプを始めたのもXPが最初でしたねー。もちろんここのエントリーを書くときやmixi、twitterに投稿するとき、更にはネットを使わない基本的なところまで、おととしの秋まで本当にいろんな場面でお世話になりました。
ときは過ぎて今の最新OSはwindows8.1ですか。8になったときにインターフェイスががらりと変わって、今までとだいぶかってが違うものになるってことで視覚障害ユーザーには不安があるOSだという話を聞き、友人の助言もあって僕はギリギリで7を選んで使ってます。
メモリーは8GB積んでて、確かにXPの頃の767MBに比べたらむちゃくちゃ快適なんですけど、767でもそんなにストレス感じたことはなかったんですよねー。たまーに固まったことはありましたけど、それでもそんなに無茶なことをしなければそれはなかったしね。
でもこの8GBのメモリー積んだパソコンの動きに慣れちゃった状態で767のXPに戻ったらすごいもっさりした感じなんだろうね(笑)XP機は壊れたわけじゃないので今は違うところによけてあって、極々たまに動かして使っていますが…とはいえここ半年は動かしてないなー。
いやはや、だらだら長々とXPの思い出みたいなところを書いてみましたが、本当によいOSでした。XPを使ってた間にiTunesのアクセシビリティも向上して使えるようになったり、それによってiOSのデバイスがうちにきたり、更にそこから広がっていろんな人たちとも出会わせてくれたOSでした。
世の中のOSが2000、あるいはMEからXPに切り替わっていった頃ぐらいから、今では当たり前のブロードバンドによる高速での大容量の通信も可能になって、仕事はもちろん家庭でパソコンを使うユーザーがさまざまな場所へ広がっていったというのも鉱石としては大きいんじゃないかなーと僕は思ってます。
13年ぐらいかな?長きに渡ってサポートし続けてくれたマイクロソフトスタッフの皆様、どうもありがとうございました…って感じですねー。今後は神OSと言われ公表だったXPのノーハウを次世代のwindowsに注いでいってください。ってか必ず注げよ(笑)新しくても使いづらいUIはいらないからね。
2014_04
06
(Sun)15:50

2014年のDYちゃん的エイプリルフール総括

4月に入って春爛漫!!桜満開ヤッホー的な感じで、春に向かって一直線かと思いきや…なんなんすかこの寒さ(苦笑)ありえん。慌ててこの間の木曜ぐらいに厚手の上着を一つ引っ張り出してきましたよ。
せっかく咲いた桜もこの週末には雨やら雪やらで散ってしまったようなところも多いようですね。この週末にお花見を計画して実行された方も多いと思うんですが、風邪とか引いてないですか?
花冷えという言葉はありますが、冷えすぎだろう。どうなってんだマジで。そんな感じなんですけど、僕はというとさっきまでいいとものグランドフィナーレを見てました。大分では昨日の昼間に放送で、僕は仕事だったんで録画で見たんですが、後半はほとんど泣いてましたねー。
改めてたもさんの…って僕みたいな素人がたもさんとか生意気だしおこがましいですけど、人の温かさというか大きさというか、そんなものを感じました。寂しいですが、お疲れ様でした。
さてさて、いいとものお話もしたいところなんですけど長くなりそうなのでひとまず置いておいて、この間のエイプリルフールのことを書いておこうかなと。今年もいろんなところでいろんなものを見かけましたが、皆さんも笑ったりだまされたりなんたりってあったと思います。
悪意のある嘘はもちろんだめだと思いますけど、こういうユーモアのぶつけ合いみたいな感じは個人的に好きです。ただ人によって感じ方も受け取り方もそれぞれなので、どこからがユーモアでどこからが悪意なのかの線引きは難しいものがありますよね。
僕も一応発信者でもありますからいろいろ毎年仕込むわけですけど、前はこのブログを使ってあれやこれやと遊んでいましたが、ここ数年はもっぱらポッドキャストを使ったものが中心になりましたね。
昨年はねとらじで生放送をやって、いかにも番組が最終回を迎えるんじゃないかっていうテンションで思い出話なんかをしながら15分ぐらいしんみり引っ張って、「次回の放送をもってパラビは270回を迎えます」という大事なお知らせをするという(笑)やりましたねー。笑わないようにしゃべるのはすごい大変だったけどね。生だし。
そんなんがあって、さて今年はどうするかと。でもね、正直な話ですが、今年は4月1日にサロン・ド・ロン・ダンっていう別番組への出演があって、そこで嘘をテーマにしゃべるっていうのがあったので、なしでもいいかなって思ってたんです。つい5日ぐらい前まで。
それがなぜあの配信に繋がったのかというと、金曜日の夜です。特別何かあったわけじゃないんですが、ちょっと夜一人でしんみり考えることがありまして。「3月ももうすぐ終わりかー。来月がきたらおれ、35だよー」なんてね。バースデーセンチメンタル的な?
その流れで、「ということは、17で右目の手術したでしょ?そっかー、見えなくなって18年経つんだなー。いつの間にか見えてた時間を見えなくなってからの時間が追い越したんだなー」なんて思ったんですよ。その発想から、「自分の年を倍増して、その年にもしパラビが続いてたらどうなるんだろう?」っていう妄想の世界が(笑)
ということで、土曜日の夜に勢いで収録したのがこちらの第2101回(笑)しゃべり声は、年を取ってちょっとだみ声なじいさんをイメージしながらやったんですがまーー楽しかったねー。
んで、今回いつもお世話になっているリスナーの皆さんの名前がいろいろ登場するんですけど、ここに出てきてる方には土曜日の午前中からtwitterでDM送ったりして「名前だけで委員で使わせてもらえませんか?」って連絡いれまして、皆さん快くOKをくれてね。皆さんの協力梨には作れなかったね。
あとCMも作ったりして。過去のパラビのCMをちょっとこねくり回しまして(笑)PRB損保っていうわけのわからない保険会社をでっちあげましたが、これもまた大変だったのよ。特にフリーダイアル。ちゃんと使われてない番号を探すところまでこだわったのでねー。「みなごろし」はごろでぜったい入れたかった(笑)
あと、バラ屋敷の悪女のくだりはもうちょいひねればよかったかなーとか思うんですけどね(笑)あんまりしゃべっちゃうとまだ聞いてない方にはおもしろくないかもしれないんでこれぐらいにしときますが、僕の妄想劇場が転回されておりますのでぜひぜひ楽しんで聞いてやってください。
そして妄想劇場は本家パラビでも暴走しております。本日本放送、第315回も更新されてます。ラジコプレミアムのお話をしているのですが、なんだかいろいろおかしな方向へ(笑)
ぜひぜひエイプリルフール企画と合わせて315回、そして今後ともDYのPULVERIZEBEAT、よろしくお願いします。一つだけ申し上げますが、アンドロイドに恨みはありません(謎)