2015_01
31
(Sat)01:07

改めまして告知☆パラビ特別企画、「点字ブロックを考える」

今日で1月も終わりですね。この1ヶ月、短かったような気もしますが、個人的には「まだ1月なんだ」という感覚もあってなんだか不思議。それだけいろんなことがあったんだなって思います。あまり表立って言うことでもないのかもしれませんが、母を見送ったのも今月だったし。
昨日はおじの100課日の法要でした。考えてみたらおじが旅立ってからもまだ1年、半年はおろか3ヶ月しか経ってないんですよね。この数ヶ月はすごく不思議な時間の中で生きている気がしています。そんな今日この頃ですが、とりあえず僕は元気です。
でも、そんな僕を離れたところから心配してくださっている人がいるというのがなによりの支えです。本当にありがとうございます。ということで、今日1月31日はなまパラビです。何はともあれ楽しい配信をと思っていますので、お時間が合う方はぜひ聞いてくださいね。詳細はこちら
そして今日のエントリーです。実は今年の頭にも告知をしたのですが、他の告知といっしょにしてしまったのでちょっとわかりにくいかなと思って、改めて告知エントリーを書こうと思いました。例の点字ブロックについて考える企画です。ということでこちらをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
☆DYのPULVERIZEBEAT特別企画、「点字ブロックを考える」
視覚障害者の道しるべとして、歩道や横断歩道、公共の建物などに用いられる点字ブロック。皆さんの仲にも実際に目にしたことがある人や日常的にお世話になっているという人もいるかと思います。
この点字ブロックは視覚障害者が歩行をする上で欠かせない、なくてはならないものの一つではあるのですが、点字ブロック上の違法駐車、違法駐輪などによる視覚障害者と健常者のトラブルは後を絶ちません。
また、ヒール履きで多く外を移動する女性の中には、点字ブロックが原因で転倒したり怪我をしたりといった声もあり、車椅子を利用する方の中には体に伝わる振動のもんだいや、乗り降りの際に車椅子が安定せず怖い思いをしたという声もあります。
更に、地域のマラソン大会が行われる際も、「競技の妨げになる」という理由からなんの予告もなく点字ブロックが撤去されたという話もあります。
こういったいろいろな立場の人から見たいろいろな出来事やそれに伴う意見に触れ、PULVERIZEBEATではさまざまな視点から点字ブロックを見つめ、実際の利用者である視覚障害者自らが
1.これからの点字ブロックはどうあるべきか?
2.誰もが安心して利用できる点字ブロックとはどんなものなのか?
3.そもそも点字ブロックは必要なのか?
といった三つの疑問を投げかける特別企画を行うことにしました。
全盲、弱視、健常者、車椅子利用者の4つの視点から点字ブロックを見つめ、点字ブロックのあり方、その一つの参考意見としてこの春に発信したいと考えています。
番組ではリスナーの皆さんからの意見も募集します。実際に点字ブロックを利用している方はもちろんそうでない方、むしろ点字ブロックがあることで不便さを感じている方はいないでしょうか?そういった皆さんの忌憚のないご意見を大募集します。
この配信企画を通して、障碍者、健常者関係なく点字ブロックというものを知っていただく、考えていただく一つのきっかけにしていただけたら幸いです。
メッセージは番組の特設メールフォーム、または直メールにて受け付けます。
メールフォームの方はこちらから、コーナー選択欄から「点字ブロック」を選択し、必要事項を記入して送信。
直メールの方は、parabi(A)momo-mail.comまで、件名に「点字ブロック」、本文にパラビネームとご意見を書いてお寄せください。
★迷惑メール対策です。お手数ではありますが(A)の部分をアットマークに置き換えてください。
募集期限は2月いっぱい(2月28日の23時59分必着のものまで有効)とさせていただきますので、思いつく限りたくさんのご意見をお寄せいただけたらと思います。
また、この企画に関してのみ、匿名でのメッセージも可としますので、ハンドルネームや本名含め、配信の中で名前を出すことを控えてほしいという方はその旨メッセージに一言ご記入ください。
PULVERIZEBEAT特別企画、「点字ブロックを考える」はこの春、ポッドキャストで配信予定です。たくさんのご意見、メッセージ、心よりお待ちしています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
という形になっています。裏のお話をすると、皆さんのスケジュールがなかなか合わなくて収録までに至っていないという状況でして(苦笑)遅くてもゴールデンウイークには配信したいなって思っています←「年内には…」みたいなあまっちょろいことは言わないぜ(笑)
最初の告知をしてから既に複数の方からご意見をいただいていましてありがたいなと思っていますし、よりこの企画をきちんとやりたいという気持ちが僕の中で高まってきています。そのときにも書きましたが、この企画をすることでいろいろ言いたい人はいると思いますが、「文句を言うなら聞いてからにしてください」という気持ちは変わっていません。
本当に真面目に扱いたい話題だと思っていますので、ぜひぜひ遠慮なく皆さんの点字ブロックに対する思いをぶつけてください。お便り、心からお待ちしています。
スポンサーサイト
2015_01
18
(Sun)06:40

情報解禁!!なまパラビ2015年1月号のお知らせ

まずは先日の母のことにつきまして、ご心配いただいた方、温かい言葉をかけてくださった方、本当に本当にどうもありがとうございました。11日、無事に母を送ることができました。亡くなって1週間、まだどこか整理がつかない部分も正直ありますが、皆さんの気持ち、胸に染みました。
一人じゃないということをこの10日ぐらい、心の底から感じています。皆さんの支えがなければ前に踏み出す力があったかどうかわかりません。少しずつではありますが母の思い、自己満足なのかもしれませんが、母が残してくれたものを抱きしめながら僕は生きて生きたいと思います。
そして昨日は阪神、淡路大震災から20年という日でしたね。だいたい毎年この日は早起きをして黙祷をさせていただいていて、昨年は起きることができなかったんですが、今年は起きて黙祷をささげることができました。これもまぁ言ってみれば自己満足なのかもしれませんが(苦笑)
何ができるわけではないですが、パラビもそうだし音楽もそうだし、何かしら傷ついている人であったり力を落としている人に向けて、ちょっとでも上を向いてもらえるようなもの、一瞬でもいいから笑ってもらえるようなものをネットの片隅から発信していけたらいいなって思います。まだまだ力不足ですけどね。
さて、本日は月1回の喉越しのいいネットラジオノお知らせでございます。今月はもしかしたらできないかもしれないなと思っていたのですが、なんとかめどがつき配信できそうな感じなので、お時間が合う方はポッドキャストとあわせて今月の生放送もどうぞよろしくお願いします。ということで、以下詳細です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
なまパラビ2015年1月号のお知らせ
来る1月31日土曜日の夜9時から、今年最初となるDYのPULVERIZEBEATなま(なまパラビ)の放送をネットラジオサイト、FC2ねとらじよりお届けします。
今回のメインは出張版DY MUSIC ROOM。パラともに雄鶏さんをお迎えして、エレクトーンについて教えていただくのを中心にお届けする約2時間の生放送です。
誰もが知っていそうで意外と知らない、エレクトーンのあんなことやこんなこと、僕DYの得意とするシンセサイザーとどこがどう違うのかをじっくりまったり、それでいてディープにうかがいます。
番組ではリスナーの皆さんからのメッセージをいつものようにtwitterと直メールにて受け付けます。番組を聞いていて突っ込みたいこと、僕たち2人に聞いてみたいことなどなどありましたら遠慮なく、どしどし話しかけてください。
また、「何を書いたらいいのかわからない」という方のためにメッセージテーマももうけています。今回のテーマはファミレス、ファーストフードです。皆さんが好きなファミレスのメニュー、地方にしかないファミレスの話し、ファミレスやファーストフードの思い出などなどありましたら聞かせていただきたいと思います。
メッセージは、まずtwitterで参加の方はハッシュタグ、#parabiをつけてツイート。
直メールの方はparabi(A)momo-mail.comまで、件名にひらがなで「なま」、カタカナで「パラビ」(なまパラビ)、本文1行目にパラビネームを必ずご記入ください。
★迷惑メール対策です。お手数ではありますが(A)の部分をアットマークに書き換えてください。
直メールでは放送前の事前メッセージも受け付けますので、「配信は聞けないけれどメッセージだけでも」という方はご利用ください。メールの受付は配信当日の午後10時ぐらいまでとなりますのでよろしくお願いします。
配信当日は午後8時55分より試験放送を開始します。時間になりましたらPULVERIZEBEATの番組トップページにあります生放送再生用リンク、またはこちらをクリックしてお楽しみください。
なまパラビはやむをえない事情から開始時刻が遅れたり、放送そのものが中止になってしまうこともあるかもしれません。その際はパラビのtwitterハッシュタグにて逐一告知いたしますので、チェックのほどよろしくお願いいたします。
1月31日土曜日午後9時から、今年最初のなまパラビ。カレンダーに印をお忘れなく。たくさんのご参加、お待ちしています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
ということになっております。雄鶏さんはいずれパラビにお迎えして鍵盤な話とか音楽話とかいろいろやりたいなとおぼろげに考えていたのですが、今回それが実現するということでけっこうワクワクしております。とはいえ僕、あんまり鍵盤弾けないので一つお手柔らかに(笑)
なんかねー、雄鶏さんのツイキャスでのエレクトーン演奏を聞いててつくづく思ったわ。もっとおれ、鍵盤練習しないといかんなーと。もっとこう、弾いてるだけで「かっこええ!!」って思ってもらえるようなオーラが出せるようになりたい(笑)ということで31日午後9時から、皆さんよろしくお願いします。
2015_01
09
(Fri)23:57

母の死

嘘みたいな話ですが、2ヶ月ちょっと前におじがなくなり、その姉である僕の母が、まるでその後を追うように今朝亡くなりました。まだ母と対面していないので半分は信じられない部分もあるのだけど…。
母もおじと同じ、アルコール性の肝硬変でした。母は再婚していて、別の家で暮らしており時々は夕飯を食べに来るようなそんな間柄でした。ここ最近は目に見えてやせ細ってきていたようです。
祖母や周りの人間からそんな母の様子を聞かされており、「もうそう長くはないのかもしれない」というぼんやりした覚悟、実は数年前からしていました。そしてくるべきときがきてしまった。
母は昨年末、再婚相手と夫婦喧嘩をしたらしく、1週間ほど今僕が暮らしている新居にいたのですが、その最後の日。朝から祖母の怒鳴り声が聞こえてきて「何事か」と思ってリビングに下りていくと、祖母と親子の些細な言い争いがあったようでした。
1週間ほどの滞在だったのですがこの親子喧嘩でいたたまれなくなったのでしょう。荷造りをしながら「またくるけんな」と…。それが母の声を聞いた最後で、僕はその声に背中を向けました。
その親子喧嘩、祖母の言い分は間違っていなかったと今でも僕は思っています。なのでそのとき母に背中を向けるという意思表示も間違っていなかったと僕は思っています。客観視すればなんて酷いことをするんだと思われてもしかたのないかもしれない。
母にしてみたら、祖母にしかられ息子にも背を向けられ、冷静になって考えてみると、あのあとの帰路は孤独だっただろうなと…今更思っても遅いですが。でも後悔はしていなくて。それがおじの49日の日でした。おじが呼びつけたのでしょうか?
おじのときと同様、母の死を僕はまだ悲しいと思えません。酷い息子だと我ながら思います。親孝行らしいことも何一つしてないですし。苦労かけっぱなしだった免もあるよね。そもそも僕が生まれてきてしまったことそのものが苦労の始まりだったかもしれないですね。
僕の目を治療するために東京の病院まで通う。その治療費と旅費を出すのに水商売をすることになり、それが酒と母を深すぎるほどに結び付けてしまった。母が酒で死んだのは自分にも責任の一端があるのかもしれないなと思ったりもします。
僕が視覚障害者として生まれてこなければ、母にとってもおじにとってもこの家族にとってももっともっと何か違う未来が、現実があったかもしれない…なんて、35年も生かしてもらっておきながらこんなこと言うと罰が当たりますね。
明日が通夜で明後日が葬儀です。最後の最後に母は母親らしく逝ったのかもしれません。おじのときは正直逃げた。おじを憎んでしかいない自分が悲しみにくれる人たちの中でどんな顔をしていいかわからなくて、仕事を理由に逃げた。
でも葬儀の日は日曜日です。「骨ぐらい拾ってよ」という母の願いなのかもしれません。おじとは違い、どんな母であれ視覚障害である僕を生む決意を最初にしてくれた人です。ちゃんと向き合って、ちゃんとお別れしてこようと思います。
なんだか取り留めなく書いてしまいましたが…ここまで読んでくださった皆さん、どうもありがとうございました。僕は生きてます。これからも生きていきます。母やおじの分まで祖母を、家族を守って生きていきます。
2015_01
01
(Thu)00:00

謹賀新年2015とDYのPULVERIZEBEATからの募集告知

徒然DY進化論をご覧の皆さん、新年明けましておめでとうございます。昨年中も、だいたい月2日とか3日とかそれぐらいの更新頻度だったにもかかわらずtwitter連携のおかげでいろんな方に見ていただきました。そしてときに参加してもらったりときに励ましていただいたりして、本当にありがたかったです。

今年もこれぐらい緩いペースではありますがこのブログ、続けていきたいと思っています。気がつくと「世の中にブログというものがあって、今なんとなく流行っているらしいね」っていうので、「自分もやってみたい」と思いここを立ち上げてから今年で10年らしいです。

始めた頃は毎日書くのがすごく楽しくて、コンセプトという部分でも「1日にたった数文字でもいいから、気がついたことや思ったことを書き記していく」っていう形で考えていたんですが、年月というのはときに残酷ですね(笑)今やすっかりそんなものは忘れ去られて…いや、こうして書いてるということは忘れているわけではないらしいですが。

いろんな誘惑というかやりたいこと、楽しいことを他に見つけてしまったというのもあるんでしょうね。パラビもそうだしtwitterは便利で居心地もいいし、ここをさぼるようになったのもそもそもがtwitterを始めた頃ぐらいからですからね。なんということでしょう(笑)

そして去年はついにランキング形式での年末振り返りエントリーも書かずに終わってしまうというこの体たらく。28日のなまパラビやらカウントダウン生放送の準備が思いのほか大変でという言い訳をしながら、楽しみにしてくださっていた人、ごめんなさい。2014年の振り返りはこのお正月に書けたらいい…なー。

そんなわけで始まった2015年ですが、昨年はまずパラビが休止するというアクシデントもありながら、再開後はまたたくさんの方とご縁が合って繋がることができ、気がついたらポッドキャストの配信時間も50分になっていたり読書に夢中になったり、おじが亡くなったりテレビっ子として進化してしまったり、めまぐるしかったですね。

今年もやりたいことを手を抜かずにきっちりやりながら、せっかく生まれたご縁を壊すことのないように大切に、そして楽しいことをいろいろやっていきたいと思ってます。そして今年は曲をたくさん作るよ…たぶん(笑)というわけで、お年玉というわけじゃないですが新年最初のお知らせがあります。

DYのPULVERIZEBEATから2つお知らせが合って、まず一番福という企画です。これは昨年なんとなく思いつきでtwitter上だけでやってしまったものを正式に番組の企画として取り入れたんですが、新年最初のパラビにゲストとして遊びにきませんかというお誘いです。

新年最初の本放送となる354回目(1月4日配信予定)にゲスト出演してくださる方を、本日1月1日の正午から、メールフォームと直メールで大募集します。メールフォームの方は「一番福」という項目が追加されてますのでそこを選び、連絡のとれるメールアドレスとスカイプIDを明記してご応募ください。

直メールの方は件名に「一番福」、本文にパラビネーム、連絡のとれるメールアドレス、スカイプIDをそれぞれ書いて、parabi(A)momo-mail.comまで送ってください。なお迷惑メール対策ですので、お手数ですが(A)の部分をアットマークに書き換えてください。なお一番福は今日の正午からの受付です。時間外フライングの方は応募大勝になりませんのでご注意を。

一番に到着したメールの方を4日配信のパラビ354回目にゲストとしてお招きします。結果についてはtwitterで、まず明日の正午に締め切りか、募集中かの案内をツイートします。募集の締め切りは最大で2日の23時59分までですので、皆さん遠慮なく…というか恥ずかしがらずにどしどしご応募してほしいな。よろしくお願いします。

そして2つ目の番組からのお知らせ。点字ブロックを考えるという企画を行います。近年まれに見る真面目回(笑)おそらくこれは本放送ではなくどこかの号外として配信することになると思いますが、願わくば今月中のどこかのタイミングでと思っています。遅くても春までにはやりたい企画です。

視覚障害者の道しるべとして道路や公共の建物の中に設置されている点字ブロック。全盲の僕も大変お世話になっているものではあるのですが、世の中に目を向けてみると、この黄色いでこぼこした突起物に対して必ずしもよいイメージを持っている人だけではないということがわかってきました。

絶えない点字ブロック上への違法駐車、違法駐輪、点字ブロックに足を引っ掛けて転倒してしまうヒール履きの女性。また車椅子を日常的に使っている方にとっては意外と弊害になるというお話もあります。そこで、視覚障害者自らがさまざまな立場の方といっしょに点字ブロックのあり方を考える番組を企画しました。

全盲、弱視、日常的に自動車移動をする健常者、車椅子の方をそれぞれお迎えし、それぞれの目線から点字ブロックを見つめ、みんなが使いやすい点字ブロックはどんなものなのか?そもそも点字ブロックは必要なものなのかを考えます。そこで番組ではさまざまな意見を募集したいと考えています。

実際に点字ブロックを日常的に使い歩行している視覚障害者の皆さんはもちろん、むしろ点字ブロックを弊害だと感じている方からのご意見も大歓迎です。上記パーソナリティーを含めたご意見番4人の意見では収まりきれないであろうさまざまな角度からの点字ブロックに対する思いをできるだけたくさん集めたいと思っています。

応募はメールフォームと直メールで受け付けます。メールフォームの方は、「点字ブロック」という項目を選択し、必要事項を記入して送信ください。

直メールは、parabi(A)momo-mail.comまで。件名に「点字ブロック」、本文にご意見を記入いただき送信してください。

応募の締め切りは1月15日の23時59分までとさせていただきます。皆さんからの忌憚のないご意見をたくさんたくさん聞かせてください。なお、この企画に関しては匿名も可としますので、名前を出してほしくない方はそれぞれの応募の際にその旨記載していただけたらと思います。たくさんの応募、お待ちしてます。

全盲である僕自らが「点字ブロックなんていらないんじゃない?」などとのたまうという斬新な企画だと思うんですがどうでしょうか(笑)ぜひぜひ忌憚のないご意見をお寄せいただきたく思います。僕らも本気で取り組みますし本気でぶつかります。なので皆さんも本気でぶつけてください。ただ、僕らもそんな偉い立場ではないし、あくまでこの企画は意見交換です。

この番組を作ったからどうなるものでもないと思いますし、どうするつもりもありません。しかるべきところに提出とかいうのも考えていません。いろんな意見を知ってその上で我々はどうするのかということを、まずはパラビが発信源となってパラビのリスナーさんといっしょに考えたいという形です。その辺ご理解いただけたらと思います。
まずはやってみたい、やってみようよっていう気持ちだけです。この企画を知った時点や実行に移した後でもいろいろ言いたがる方はいるかもしれないですが、上野ことをご理解いただいて、少なくとも番組が配信されるまでは騒ぎ立てないでいただきたいなって思います。要するに文句を言うのなら聞いてからにしてくださいということです。
おっと、新年早々毒を吐いてしまいました(笑)失礼いたしました。まーね、人の話をろくに見もせず聞きもせずいろいろ言いたがるのが多いからさ。狭いやつらだなって思いますけどね…ってけして自分も広いわけじゃないけどさ。でも広い考え方は持ってたいよねとは思う。だからやりたいんです、この企画。
そんなわけで、新年からパラビもそうですがいろいろまた今年も頑張って楽しんでいこうと思っていますので、本年も僕DYのことを温かく緩く応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。