2016_09
27
(Tue)19:52

Apple Watchを買いました

あちこちで話したり書いたりしてることをまた書くのでしつこいと思われるかもしれないけどまー聞いてくれ。学生時代、寮生活をしていた僕はある日の入浴中、ひょんなことから腕時計をしたまま湯船につかっている弱視の先輩を発見しました。

「ちょちょちょちょ!!ちょっと…腕時計はめたままじゃないっすか!!」なんて驚いている僕に彼は「ああ、これ防水だから大丈夫なんだよ」と教えてくれました。どうやらそのゴツゴツしたかっちょいい腕時計の名は、当時むちゃくちゃ流行っていたGショックというものだったらしい。

視覚障害者だって腕時計はする。指で針を直接触って時刻を確かめるものもあれば、ボタンを押すことで音声を確認して時間を知るタイプのものもある。だがしかし、防水だの時計以外の機能だの、そんなものと視覚障害者の時計は無縁だと思っていました。

防水はもちろんのこと生活防水すらないのです。トイレの後で手を洗うときなんてそりゃもう大変です。うっかりぬれてしまったひにゃわりとすぐにぶっ壊れます。触読式はまだ壊れにくかった気がするけど、まーいずれ中がさび付いたりして動かなくなります。音声のタイプも、水が入ったらその時点でアウトです。

このご時勢電波で時刻を自動調整なんていう機能すら腕時計にはございません。据え置きタイプの時計にはあるんだけどね。そして、良くも悪くもデザインがシンプルすぎて泣けるという欠点も。それほどファッションにこだわりがある僕ではありませんが、やっぱGショックとか見せられたら…みなまでいうまい。

むかしお付き合いしてた彼女もベイビーGとかしてましたよ。なんでこんなスタイリッシュな腕時計が盲人の世界にはないのか?あまりにも悔しくて一瞬、アクセサリーとしてGショックを買ってやろうかとまで思ったことがあるぐらいです。そんなわけで、僕はずっとずっとずっとずっとスタイリッシュな時計にあこがれていました。苦節20年。

そんな僕の夢をまたもAppleさん、適えてくれちゃいました。2年前のエントリー、iPhone6やApple Watchが初めて発表された発表会直後のエントリーでも散々書いてますけど、ついに僕の手元にもきましたApple Watch。

昨年出た初代Watchも、出た直後はすごいほしくてたまらなくて、でも先立つものがなかったことと、先立つものが貯まった頃には熱も冷めてしまってて結局見送ったのですが、今回シリーズ2になって、まずプロセッサーがデュアルコアになってパフォーマンスが向上したという話と、なんといってもフェリカですよね。

iPhone7には搭載されてますが、僕は6sの残債があと1年残ってることもあり7は見送りました。でも「チャリーン♪」やってみたい…そんなわがままな僕のために出た感じですかねこれ(笑)フェリカはでかいよ。あと防水でしょ?かっちょいいでしょ?ボイスオーバー乗ってるじゃない?そりゃ買うよね。

一番の僕的な決め手はフェリカでしたが、まーそんなこんなで予約当日にいそいそと予約しまして昨日届きました。その直後、ツイキャスで開封の儀を配信しましたが、これを見ていただいてもわかるように、全盲の僕でも自力でセットアップからペアリングまで問題なくできました。

iOSにしてもそうだけど、やっぱ自力でセットアップできてストレスなく使うことができるってのはでかいですよね。特別Apple信者ってわけじゃないけど、間違いなく視覚障害者にとっては魅力的な部分だとは思う。さあ、そんなこんなで今日、実際に1日つけて使ってみましたApple Watch。スマートウォッチ自体も初めて使うのですが、率直に、やっぱいいね。

いろんなところで言われてることだけど、iPhoneで受けたtwitterやらLineの通知をiPhoneを取り出さずに確認できるところもいいし、時計としても、当たり前ですが時間もぜんぜん狂わないし。文字盤が一杯あって選べるところもいい。僕はアストロノミーにしてます。去年のしんさんのレビューを聞いてからずっとこれにすると決めてたからねー。
あとね、タップティックタイムが意外と使えた。ボイスオーバー積んでるので音声でも時刻を知ることができますが、仕事中に音声を出して自国を確認するというのは環境によっていろいろあると思うんですよね。んでWatch OS3からの新機能ですが、新たに振動で時刻を確かめることができるようになりました。
そんなわけで今日1日使ってみて、やっぱこれはいいものだと再認識したわけです。ほぼ1日つけてますが、朝フル充電で出かけて今この時間、まだバッテリーが57%あります。明日は仕事休みなんでつけなくてもいいと思うし、充電は明日でいいかなー?そんな感じ。これからいろいろと大活躍してくれそうな気がします。
ちなみに、ウェアラブル端末なのにウェアラブルな機能をほとんどオフってしまった(笑)だって「少し休みましょう」「立って歩きましょう」などなどうるさいんだもの(笑)なにっ?少し休みましょうだと?休めたら苦労はせんわい(笑)そんな感じですが、このウェアラブルな部分にもいずれお世話になるときがくるのだろうか?
今のところApple Watch標準のアプリでは無理っぽいけど、睡眠管理みたいなことはしてみたいですけどね。最近寝つきがあまりよろしくなくて。あと、1時間ごとに時報を知らせてくれるアプリがほしいなって思った。時報のアプリは一つ使ってるんですけどWatchには対応してないっぽくて。
そんなわけで、全盲の僕が初めて手にいれたスタイリッシュな腕時計。まだわかってないところもたくさんありますが、少しずつ仲良くなっていければと思います。なんか便利なアプリやおもしろいアプリなどありましたら皆さん、教えてください。
スポンサーサイト
2016_09
11
(Sun)14:27

iOS 10、アップデート実演放送のお知らせ

------------------------------------------------------------
先日開催されたAppleのスペシャルイベントで、「iOS 10」の提供開始日が米国時間の9月13日というアナウンスがありました。例年通りならば、日本では9月14日の午前2時頃から入手できるものと思われます。
そこで9月14日午前1時40分頃から、視覚障害者関連番組の合同企画として今年も「iOS 10」のアップデート実演生放送を実施いたします。
番組前半は、iOS 10の配信開始と同時に、実際に全盲のiPhoneユーザーでもあるパーソナリティーが自身の端末を操作しながら、アップデートにかかる時間やその際の端末の挙動の解説、アクティベートまでの手順についてお伝えします。
後半は、主にアクセシビリティ機能を中心に変更点などのファーストインプレッションをを実演も交えご紹介していきます。
同時に、リスナーの方からもtwitterのハッシュタグやメールによる書き込みによってご参加いただき、有益な情報を共有しながら楽しく放送していきたいと思います。
ぜひとも、生放送中に魅力的な機能や変更点、バグなど皆さんが気がついたことを投稿ください。
深夜の放送となりますが、iOSでVoiceOverを活用しているユーザーの方や、これから新しく発売されるiOSデバイスを使ってみようと検討中の方は無理のない範囲でお聴きいただければと思います。
以下はこの配信を聴取する上での注意事項です。
この配信の大きな目的は、iOSデバイスの基本ソフトであるiOSが、大きくバージョンアップすることに対し、視覚障害関係で放送を定期的に行っている個人配信者が協力して、
今までになかった新しい機能をご紹介するのと同時に、アップデートによる変更点などを可能な限り、いち早く発見・ご紹介・共有することで、リスナーの皆様それぞれが、アップデートしようか、または止めておくかを判断する材料にしていただくことです。
よって、当番組は、リスナーの皆様にアップデートをお勧めしたり、止めておくよう制限するものではなく、あくまでも、その判断は、全てユーザー自身にあることをご理解ください。
また、放送の特性上、速報性が高く、生放送中に把握した内容について、意図せず誤った認識をしてしまうこともあるかと思います。
したがって、提供される情報等の利用により発生した損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害について賠償する義務はないものとします。
また、配信者の体調不良やアップデート予測日時、時刻のずれ、ネットワーク混雑など様々な要因によって不測の事態も考えられますので、中止や中断の可能性もありますが、その際はTwitterにて連絡します。その旨あらかじめご了承ください。
今回は「Accessibility Stream」がキー局となってお送りします。
Ustreamの配信URL
http://www.ustream.tv/channel/accessibility-stream
FC2ねとらじの配信URL
http://std1.ladio.net:8040/AccessibilityStream.m3u
放送中はリスナーの皆様からのメッセージも受け付けます。メッセージはTwitterのハッシュタグ、#vojp、もしくはメールアドレス、info@shin-matsuda.comまでお願いします。
ただし、限られた時間でより多くの情報をお届けしたいという思いから、書き込みを全て読めないことが考えられますがご了承ください。
平日深夜に実施する生放送のため、アーカイブを公開する予定です。生放送のノーカット版は14日の夜に「Accessibility Stream」のページに公開。ダイジェスト版は17日に「DYのPULVERIZEBEAT」のページからポッドキャストで配信します。公開が遅れたりする場合は、各番組パーソナリティのTwitterにて、ご連絡します。
この配信が多くの方の何かしらのお役に立てればと思います。iOSアップデート実演放送、よろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------
↑上記文章と同じお知らせはAccessibility StreamのShinさんのページにも掲載しています。
ということで皆さんこんにちは。今年もこの時期がやってきましたね。先日のApple社のスペシャルイベント、iPhone7のシリーズやApple watchの新しいシリーズなどいろいろ発表になりました。やっぱ注目はフェリカと防水ですかね?待ちわびてた人、おめでとうございます。
僕は6sの残債があと1年あるのでiPhoneは見送りますけど、実は時計は注文してしまいまして(笑)ついに、いわゆる盲人時計ではない、スタイリッシュでおしゃれーな時計デビュー?ならびにスマートウォッチデビューとなります。やっぱねー、フェリカにやられたよね(笑)楽しみです。
先日、モバイルバッテリーにもデビューしてしまったので、いろいろとガジェットに僕の部屋は埋め尽くされている感じですけど、あんまり依存しないようにしたいなーと思うところもあります。便利なものは便利でいいんですが、依存は怖い。
さあ、そして毎年の恒例になりつつありますアップデート実演放送を今年も行うことになりました。本日パラビ440回の最後におまけとして告知しましたが、Shinさんの番組と協力して14日の未明に生放送、そしてその後のアーカイブ、ダイジェストの配信となります。
パラビでは「午前2時から」と言ってしまってますが、だいたい1時40分ぐらいからのスタートになります。ごめんなさい。ど平日ですし無理のない範囲で、生放送をお聞きいただける方や聞きながら一緒にアップデートという方は楽しんでいただきたいと思っていますが、上にもありますようにくれぐれもアップデートは自己責任の上でよろしくお願いします。
もちろん視覚障害の方でiPhoneを持っている人や興味のある人には十分参考になるものだと思いますし、健常者の方にとっても聞いてもらうこと、僕たちが発信することで何かを感じてもらえるようなそんな配信になればと思っています。9月14日、真夜中の放送ですがよろしくお願いいたします。