2017_06
26
(Mon)20:07

一人暮らし1ヶ月記念日

ようやく梅雨らしい天気になってきた感じですが、ここ数年の傾向というか、ジメジメした日が続くんじゃなくて一気にどっさり降る感じなので困ったものですね。僕も偏頭痛と闘う毎日ですが、皆さんいかがお過ごし?
そんな今日、僕が一人暮らしを始めて1ヶ月が経ちました。早いものです。なんだかこの1ヶ月はとにかくお金が飛んでいったし、とにかく生活を安定させることに必死だったような気がします。それはそれとして楽しんでやっていますが。
ヘルパーさんの力も借りて少しずつ進んでいます。「それがどうした」って言われそうですが、米もとげるようになったし、ダイソーグッズでパスタゆでたり焼きそば作ったりといったちょっとした料理もできるようになりました。
学生時代に家庭科の授業でお米のとぎ方、炊き方っていうのは習ったんだけど、そのときはぜんぜん感覚つかめなかったんですよね。お釜でお米をといでとぎ汁を捨てるときに傾けすぎてお米をばら撒くとか、水加減間違えてビチャビチャなご飯になるとかでいやになった記憶(笑)
それが、ちょっと手間にはなりますがボールとざるを使ってといだものをお釜に移して水を図って入れて炊くっていうのを教わってから一人でご飯を炊くことに成功しました。1ヶ月前じゃ考えられなかったことです。
「サトーのご飯でいいや」とか思ってたのが自分で飯炊きができるようになるなどほんと思いもしなかった。前回のエントリーでも書きましたが、可能性の扉が一つずつ開いていく感覚は楽しいです。友達から引っ越し祝いにクイックボールもいただいたし、次は何をマスターしようかと思ったり思わなかったり。
ただ成功だけではなくて、レンジでパスタゆでたときにシンクまで間に合わずに床に熱湯をばら撒くとか、インスタントコーヒーを飲もうと思って破ったスティックがコーヒーじゃなくてだしの素だったりとか、そういう事件もちょいちょいあります(笑)
そういう細かい失敗はありつつも今のところ怪我や火傷はしていないので、この点だけは注意していろいろチャレンジしていきたいですね。今はアイスコーヒーを入れる練習を少しずつやってるんですが、氷の量とコーヒーとお湯の分量、その感覚がうまいことつかめなくていつも違う味になっちゃう。
あとこの間楽天のスーパーセールのときにレモンの原液を買ったんですが、夏はアイスレモネードを飲みながら喉をいたわってレコーディングしようかなとか思ったりね。これもたぶん数回は失敗するんだろうけど日々修行ですね。
風邪なども引いておらず、雨の日に偏頭痛が発動するのと時々蕁麻疹が発動すること以外は至って元気にやっていますが、そんな中でもう一つの別れというのも最近ありました。ポッドキャストの478回目でも話しましたがアイとの別れです。
今の家を即決したことは後悔していないですし、それ以前にいろいろと贅沢を言ってられる状況でもなかったので、まずはとにかく少しでも早く自分の身の丈にあったところに落ち着かなければならないと思って決めたのがここで、ただこのアパートではペットが飼えないんです。
そのことを知ってから自分でもペット可の場所を検索したりしてみたのですが、そうなると身の丈から少しはみ出さなくては難しくなる。だいたい家賃が1.5倍から2倍は出さないと受け入れてはもらえない。そんな現実に直面したとき、どうしてもアイを連れて行くことが今の僕にはできませんでした。
本当にかわいそうな思いをさせてしまったと思いますが、これも本当にありがたいことで人とのご縁がご縁を呼んでいい巡り会わせがあって、アイは里親さんのところへもらわれていきました。飼うときは鼻息荒く「おれがこの子をちゃんと面倒見る」なんて青臭い正義感で家に迎え入れたのにこんなことになってしまって本当にすまないと思っています。
アイが我が家にきて9年。その9年という時間は本当に貴かったしできることならばもっともっと一緒にいたかった。もちろん最後の瞬間まで。でも特にこの3年ほどであらゆることが大きく動いて変わってしまって、そのうねりに僕も翻弄されるほど…というか、今でもこれは夢なんじゃないかと思うことすらあります。
眠りについて母や祖母が目の前に現れたとき、こっちが現実なんじゃないかって思うこともあるんですが、でも目が覚めるとワンルームのアパートなんです。起きて顔を洗って朝食を作って食べて仕事に出かけて、天気のいい日には洗濯をして。引っ越して1ヶ月が経った今、気持ちも落ち着いてきたからでしょうか、時々ふっと寂しさ横をすり抜けます。
アイももういないし。でもこの寂しさは僕が選んだ道であり受けるべくして受ける報いだとも思います。焼きそばを作れるようになった、パスタをゆでられるようになった、ご飯を炊けるようになった。できることが増えるたびに母や祖母が遠くなっていく感覚もあります。ですが、喜んでくれているといいな…そう思います。
引っ越して1ヶ月が経った夜。楽しいこともしんどいことも寂しいことも全部ひっくるめてそんなことを考える雨の夜です。今週は1週間を通じて天気がよくないみたい。皆さん、くれぐれもいろんな意味で気をつけてくださいね。
スポンサーサイト
2017_06
05
(Mon)20:49

DY、新たな進化論

ご無沙汰しています。そろそろブログの広告表示が気になる今日この頃(笑)いかがお過ごしでしょうか?いいかげん更新しないとということで、落ち着いた時間もできたということもありゆっくり腰を落ち着けてこれを書いてます。
このブログも僕DYの進化の記録として12年ぐらい続けてきてますが、12年前の自分がここを始めたときにまさか主夫になっていようとは思いもせず、ほんと人生は何が起こるかわからないもんだなーと実感しています。
この1ヶ月、本当にめまぐるしく過ぎて生きました。先月26日に引越しをしまして、38年間生きてきて初めての一人暮らしを経験しています。ヘルパーさんの力を借りてはいますが、慣れない家事、炊事、洗濯もなんとかこなしてます。
洗濯は学生時代、寮生活をしていたころに経験があるし全自動洗濯機なので放り込んで電源とスタート押せばあとはやってくれるし、15年ぶりぐらいではありますが勝手はわかっているというか。問題は炊事ですね。
まったくやったことがない世界。高校時代の家庭科のテストで味噌汁を作る実技テストがあって、それでなにもできずに終わった経験があり、「おれには料理など無理だ」と勝手に悟ってました。カップラーメンも満足に作れないレベルからのスタートです。
ですがいよいよ一人暮らしを始めるということになって、確かに家事援助でヘルパーは入ってくれるけれど、なんでもかんでもおんぶにだっこでは今までと変わらない。ここは一つ覚悟を決めて料理のできる人になる、その扉を開けてみようと。
それで調べたり一人暮らし経験のある視覚障害者の人に話を聞いたり、その他twitterやパラビを通じて出合ったたくさんの人たちにいろんな知恵を授けてもらいました。ダイソーのグッズでレンジさえあればゆでられるパスタのグッズや、火を使わない料理のレシピ。
更には引っ越し祝いにクイックボールを送ってくれた友達までいました。いろいろありで一人ぼっちになっちゃったけど、でも一人ぼっちじゃなかった。本当にありがたいことです。今はレンジで焼きそばを作れるダイソーグッズにわりとお世話になってます。
それから、ほんの1ヶ月前の自分からは考えられないことですが、お米もたくコツをつかんだりもしています。ヘルパーさんの援助のもと生活していく中で、緊急時やヘルパーの急なトラブルなどに見舞われたとき、とにかく食べることだけは確保できるようにしましょうという約束事は交わしていました。
だからというわけではないしけして自分の中では努力したり急いだりという気持ちはないんですが、逆に周りに「飛ばしすぎじゃない?」と心配されていたりもします。ただ今は自分の中の可能性の扉が一つずつ開いていく感覚が楽しいのは事実。
楽しみながら家事も炊事も洗濯も暮らしの知恵も学んでいけたらなって思います。もちろん、ポッドキャストや音楽、このブログといったこれまで続けていることについても無理のないペースで継続していくつもりです。まだ言えませんが動き始めているものもあります。
人それぞれに思いはあると思う。分かれ道はいついかなるときにもどこにでも現れるもので、そのどれを選ぶのかは間違いなく自分。僕はこの道を自分の責任で選びました。選んだからには後悔のないよう、そしていつかこの選んだ場所を振り返ったときに胸を張って「間違ってなんかなかった」って思えるよう歩いていきたいと思います。