2009_10
13
(Tue)23:35

広島・長崎五輪、あると思います

最近のニュースの中で非常に僕が注目しているのが広島と長崎が2020年のオリンピック招致をするっていうお話。4年に1度のスポーツの祭典を通じて世界唯一の被爆国、被爆地であるこの2都市が一つになって平和の象徴としてオリンピックをしたいということで立ち上がったようです。
もしかしたら東京が招致に失敗したことで出てきた後発的なものなのかもしれませんが、僕はこの話を聞いたときに素直に素晴らしいことだなって思ったんですね。石原都知事は言葉は悪いですが負け犬の遠吠え的なことをいろいろ口にしていて(苦笑)正直見苦しい。
「うちのプレゼンのほうが他のとこよりよかった」とか「政治的な動きが裏であって」とかいろいろ言ってますが、仮にそれがあったとしても「なぜ東京なの?」っていう多くの声に答える努力を怠ったがための失敗なのだということにどうして気がつかないんでしょうか。
それに関しては福岡もしかりなんだけど、「なぜ今このときこの場所でオリンピックを呼びたいのか」をもっと大きな声で伝えてくれれば、クリアできなかったとされる国民の支持ももうちょっと得られたのでは?日本にオリンピックがまたやってくるかもしれないっていう活動をしてるわりにはちょっと寂しかったもんね?。
僕はオリンピックの醍醐味って世界的な大運動会だっていうそれだけじゃないと思うんですね。直接的な言葉じゃなくてもスポーツを通じて伝わってくるものがたくさんある。一生懸命自分と闘っている選手の美しさだったり4年をかけて自分を育て磨き上げてきた強さだったり、そういう中にあっても家族や誰かを愛する強さだったり。
いろんな人や国、文化、気持ち、魂がぶつかり合ってそして称えあうそういう場所だと思うんです。とはいえ僕自身はオリンピックに出たことないんですけどね(笑)偉そうなことを言うようだけど、そういう強くて暖かい気持ちをいつも感じています。日本はメダルの獲得数ばかりに注目しがちなところがあるんだけど、そうじゃないよね。
そのメダルを獲得するまでのドラマがそこにはあるし、獲得してからのドラマもたくさんたくさんあって。ただのお祭りで終わって欲しくないというのが個人的にはあるので、広島と長崎が今回手を挙げたというのは本当に素晴らしいことだと思うし、言葉は適切でないかもしれないですがぜひがんばってほしい。呼んでもらいたいですね?。
伝え聞くところによるといろいろネックはあるようで、オリンピックというスポーツの祭典をそういう政治的なものに利用していいのかっていう厳しい声もあるようですが、少なくとも今回の東京よりは明確なビジョンがあるわけで(苦笑)なぜここなのか、なぜ呼びたいのかっていうのはきちんと提示できてると思うし僕は大賛成です。
2020年、ぜひ平和の象徴として誰もが笑顔で、暖かく強く逞しい者たちが集うスポーツの祭典をこの日本で行えたら最高だなって思います。また北朝鮮が日本に向けてミサイルをぶっ放したってニュースもあったのでよりそれを強く思った今日なのです。ぜひぜひ両県のお偉い方々、がんばってください、応援しています。
すっごい予断というか関係ない話ですが、その昔2020年スーパーベースボールっていう野球ゲームがありまして、近未来の野球をイメージしたってことでモビルスーツみたいのを来た選手が闘うってのがあったんですよ。ゲームとしてはおもしろかったけどそういう世界にはなっててほしくないもんです。
☆ブログランキングに参加してます。お気に召しましたらぽちっとクリック、よろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック