2009_10
19
(Mon)22:54

正しき情報を出してくれ

今日から新型インフルエンザワクチンの医療従事者に対する摂取が始まったとか。しかしこれまたいろいろ問題があるようで、当初用意していた数を多く上回る人が殺到したなんてところがあるって話です。おいおい、どうなってんだ?
管轄がどこなのかよくわからないんですがお偉いさんたちはきちんと数を把握してたんだろうか?それもそうなんですが、もし一般の人たちが摂取できますってなったとき、いったいどこに行ったら受けられるのか、はたまたこちらまでストックが回ってくるのかってところも心肺。
テレビやラジオを見たり聞いたりしてると、専門化が違えば言うことも違いますよ的な状態。挙句の果てに昨日なんて「自分が新型インフルエンザだってわかったら病院受信はしないでいただきたいです」なんていう人まで出てきた(苦笑)しかも病院の職員さんが言ってたよ。
おいおいおいって感じです。そもそも病院行かなきゃ新型か季節性かわかんね?だろうが。どうやって「あ、これは新型だな」とか「季節性だから医者にいこう」とか判断すればいいんですかこのやろう。妊娠検査薬みたく目で見えるキットでも売ってるんなら話は別だろうけど…。
あとは「13歳以上は1回のワクチン接種で大丈夫ですよ」っていう話が出てきた中でまったをかける専門化もいる。もうとにかくばらばらだし、祖母にいたっては「新型が早いうちに回ってきたらいつものインフルエンザの注射はせんでいいんやろ」とかいうことを言ってます。
祖母みたいな誤解をしている人は悲しいかな多いみたいなんですが、基本的にまったく別物と思ってもらったほうがいいと思いますね。盲腸と大腸ポリープぐらい違うって感じ←どんな例えだ(笑)とにかくメディアによって情報がばらばらというのはこれいかに?
こういういろんな情報が錯綜してしまうから視聴者も混乱してパニック起こしたりってことが出てくるわけで、テレビに出演する専門家の数ももうちょっと減らすべきだと思います。各局で専門家を雇うってのも大事なのかもだけどこれだけ皆さん言うことばらばらだとほんとどうしていいかわかんない。
「病院にくるな」とまで言い放った人もいるぐらいですからね(笑)ま?むやみに出歩いたり感染拡大を懸念しての言葉だったのかもしれないですが、それはともかくとして統一感をもった報道をしてもらいたい。そんなこと言ったら天気予報とかもそうなってきちゃうのかもしれないですけど、ある意味命に関わることでもありますからね。
ワクチンが足りるのか足りないのかそれすらもわからない緊急ともいえる事態が起きているわけで、そこをしっかりと自覚してマスコミは動くべき。これじゃ余計に心肺をあおるだけの報道になってしまう。さ?、長い目で見たときにたとえば半年後、ワクチンはきちんと行き渡っているのでしょうか?妙なことになってないでしょうか?かなり不安です。
話は変わりますが、accessのハワイイベントがどうやら無事に終了したようで、ネットを巡回していると帰ってきた皆さんの日記が並んでいます。参加された皆さん、まずは本当にどうもお疲れ様でした。そしてaccessのお二人もどうもお疲れちゃん。これで今年の夏、本当に終わってしまった感じですね、なんだか寂しいな?。
しかし次は秋。浅倉さんは休む間もなくソロライブの準備に入るんでしょうね?、ほんと大変だ。それこそ疲れたところにインフルに付け入られないよう気をつけていただきたいなと思いますね。とにかく寝てください、それだけ(笑)そういえば東京のチケットっていつ届くのかね?そろそろかな?
☆ブログランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック