2009_10
26
(Mon)21:00

エースは帰ってくるだろか?

今年もなかなか野球の話題を書けていないわがブログですが、隠れてはいてもずっと西武ライオンズを応援しておりました。正直がっくりさせられることが多かった今シーズン。ピッチャーの不振は目に見えて明らかですけど、西武に限ったことでもないかもですが助っ人に頼りすぎ。
あちこちのニュースを見てるとグラマンの故障というのを一番に取り上げてますが、星野や山崎など左の中継ぎでいい投手はいるんです。それをうまく育てられてないし使えていないこの現状。もっといい投手をいい形で育てて使ってあげていればこんなことにはならなかったのでは?
守備の悪さも目立ったところもありますけどやはり投手力。日本一になった去年ですらそれほどピッチャーが安定していたわけではなく打線に助けられたところがかなりあった。松坂が抜けてからまだその穴をうまく埋められていないような気もしますね?。西口も年齢的なところがあるのかここのところずっと不調だし石井一投手も。
そんな中で今日飛び込んできましたニュース。西武が46歳工藤を獲得へというすごいわくわくする話題が飛び込んできました。昼休みに職場で携帯見ながら思わずガッツポーズしたもん(笑)
横浜を戦力外になったという話題が入ってきたときに「帰ってきてくれないかな?」ってずっと思ってました。西武を13年間引っ張ってきたエースができることならばコーチを兼任する形で西武の柱の一つになってくれたら、少なくとも投手たちにとってマイナスにはならないのではないかと。
確かにダイエーに移籍するときにフロントといろいろあったっていういろんな憶測はありますし駆動投手の気持ちが最優先。現時点では球団側も「興味がある」という程度でこれから高尚に入るんでしょうけれど、昔の同士である伊藤さんや渡辺さんにも口ぞえしてもらって実現してもらいたいな?。
もしかすると渡辺監督の始動の元ってのはお互いにやりにくい部分があるのかもしれないけど(苦笑)レオファンとしてはまたライオンズのユニフォームを着てプレイしてもらいたい。工藤投手は僕が野球を見始めて西武ファンになって最初に好きになった選手だし、移籍するときはなんとも言えず悲しかったからね。
ラクテンもこっそり動いているっていう話もあったりなかったりするみたいだけど、西武工藤をぜひもう一度。背番号18は残念ながらありませんが、ぜひ戻ってきて。そしてアラフィフの底力を他球団に見せ付けてあげてほしいなと思います。この話、いい方向に進むといいな?。
来年の西武は大久保コーチも帰ってくるみたいだしまた強いライオンズが見られるか?そう思うとわくわくしますね。そう簡単に投手人が立ち直るということはないだろうしそこはこれからゆっくり時間をかけてというところですけど、隠れファンではありますがじっくりまったり応援させていただこうと思ってますので。
話は変わりますが、今日も外は午前中しとしとと冷たい雨。その影響もあって昼からは頭痛が酷かったんですが、久々にお薬を飲んだところこれまた久々に見事に失敗してしまい(笑)顆粒の薬なんですけど思いっきりそこここにばら撒いてしもうた。
同僚の皆さんのお仕事を一つ増やしてしまってほんと申し訳ない。なんか袋がうまく破れなくてがんばったらがんばりすぎて変な風にやぶれてしまい、それを口から流し込んだら見事に失敗。やれやれ、次からは気をつけよう。でもおかげで頭痛は治りましたとさ。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

お大事に

頭痛お大事にしてください。
体調を崩している人の話を聞くと、
針をして助けたいという気持ちはあるけど
今のあたしにはそれを思っているだけでいう勇気と
助けられないという何ともいえない気持ちで、
なんかあたしはうそつきなのかな?
ってそんな風に思ってしまいます。
本当はどこにでも出向いて
つらい人一人一人を楽にして差し上げられたらって思うと
とても苦しいです。
と書きながら
毎日自分のことばかり優先してゲームに逃げてしまう。
やっぱり言い訳ばかりしている偽善者なのかな。
なんて、自分の臍ばかりみていてはいけませんね。
ぐだぐだと失礼しました。

2009/10/28 (Wed) 04:02 | しかぴょん #- | URL | 編集 | 返信

しかちゃん

コメントどうもありがとう。そしてその気持ち、すごく嬉しいし誰かが自分のことを思ってくれているってだけですごく救われます。「嘘つき」だとかそんなことは思わなくていいんだよ。実際僕も体調が悪い友人に何かしてあげられてるかって聞かれたらそんなことないし。
そういう優しい気持ち、大事にしてください。

2009/10/28 (Wed) 21:37 | DY #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック