2010_01
04
(Mon)22:52

DYちゃんの楽曲解説?迎春 electro?

☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
今日から仕事始め。お正月でなまった体にむち打ってよっこらしょと出かけてまいりました(笑)確かに朝は少し憂鬱だったんですが出勤してしまえばどうってことはなくて、新年の挨拶もそこそこに楽しく働いて帰ってきました。
ただ初仕事と同時にやってきたのが初偏頭痛。ここのところ暫くなかったんですけど朝からなんとなく調子が悪くて、昼食後に頭痛薬を飲み増して。ぜんぜん痛みが引かなくてまいったんですけど、たぶん薬飲んでなかったらゲロってただろうな。
今は落ち着いてるんですが、自分の気が付かないところで緊張して立ってところなんでしょうね。明日出勤すれば明後日また休みなので、今週は無理なくぼちぼちいこうかなと思ってます。皆さんも体調気をつけましょうね。
さてさて本日のエントリーですが、1日に僕DYがニコニコ動画にアップしました新曲、迎春 electroは皆さんもう聞いていただけましたか?PV数もそこそこ順調に伸びていて嬉しく思ってます、ありがとうございます。
本日この曲、muzieにも公開になったこと、またまだこの曲の存在を知らない皆さんの貯め、そしてそして2010年の景気づけだったりいろんな意味でおめでたいこの曲のレビューなどしてみようかなと思ってます。
ということで動画はこちら↓

今回はピアプロ内で知り合った方(投稿者)の方がなんと歌詞付きの動画を作ってくれましたのでこちらを表示したいと思います。けっこうアングルなんかも凝ってくれたようでかわいらしいものに仕上がってるのではと思うんで、そんな素晴らしい動画も見つつ興味のある方は続きも見ていただけると嬉しいです。
この曲なんですが、聞いていただければわかるように一応民謡です(笑)時をさかのぼること2ヶ月ほど前になりますが、自分が参加した浅倉大介さんのライブでの出来事。アンコール1曲目でなんとショルダーキーボード、ヤマハのKX5を尺八の音でプレイするというパフォーマンスをやっていたのです。
普通ショルキーのプレイっていったらギター音色とかシンセリード系の音でプレイするっていうのがあるじゃないですか。それが尺八ですよ。その自由すぎる発想に感化されて形にしてみたのがこの曲です。ちなみにその尺八はKXそのものの音ではなく舞台袖のローランドJV-880をコントロールして出していたらしい。
更に言ってしまうと、KXはたんなるmidiキーボードに過ぎないため単体では音が出せません。ほんと異空間から変なものを持ち帰ってしまいました(笑)もともとシンセで和のテイストの曲って幾つか作ったことはあるんですが、ここまで本格的なものは初めてかもしれませんね。
尺八の音を使った曲を何かオリジナルでやりたいなっていうのはちょっと前からくすぶってたんですけど、浅倉さんがおれのそんな気持ちに油を注いでくれましたね(笑)んで構想をじっくり練って11月22日より製作開始しました。この模様は僕のポッドキャスト第97回目でドキュメントしています。
これを聞いていただけばわかるんですが、デモ事態は5時間ぐらいでほとんど出来上がって、あとは音を細かく調整したり足したり引いたりしながらピアプロに公開して…って感じでした。民謡なので一つセクションを作ってしまえばあとはコピペすればって感じもあったしそこはするするするっと。
なぜそこに着目したかというと、日本にはもちろん世界各国にもめでたいときやお祝い事の席には必ず踊りや歌、そして民謡というものがある。それは親から子、子から孫へとどんどん歌い継がれていて、必ず今でも祝いの場所にはそういう歌があるんですよね。それの今風なことをやってみたかったのが一つ。
もちろんそういう難しいことを抜きにして好奇心だったり遊びの面も大きいです(笑)普通民謡にピコピコしたシーケンスとかパッドとか出てこないんですけどね。しまいにはジャングル系のループも出てきますからね(笑)このループはEOSで作ってるんですけど、鈴の音といいなかなか気に入ってます。
あと民謡ってどうしても淡々と進んでしまうところがあってそれはおもしろくないなと思って、自分ならではのエッセンスやボーカルプロデューサーにも協力してもらった感じ。5人の方にお願いをしたんですが、細かい注文も少しだけ出しましたけど、基本「やりたいようにやってください。お任せします」っていうことでお願いしています。
ボーカルレコーディングの模様はこれまたポッドキャストの一昨日更新分(号外)にてドキュメントしてますんでもしよかったら聞いてください(笑)かなりマニアックな作業ですが、もしかしたらDTMやってる方には参考になる…かも。
細かいところはポッドキャストのほうでドキュメントしているのでそちらを聞いていただくとして、ここでは歌詞やイラストについて少し書こうかな。とにかくコンセプトが明確だったのでイラストもおめでたい感じにということだけを注文しました。なのでこのように宝船でわいわいっていう感じになってます。自分で見られないのがほんと残念だ(うるうる)
詞についてはそれぞれのボカロの特徴だったりユーザーやニコ厨の間で勝手につけられてしまった固有のキャラクター性を詰め込んでもらおうということで、そこはまだ僕自身わかっているところもあるんだけどもっと詳しい方にお願いしようということにしまして。ただ8番だけは僕が書きました。え、なぜかって?書きたかったから(笑)
そうやって動画として完成しましたこの曲なんですが、実は幾つか細かいところで仕掛けがあるんです、むふふふ(笑)それは歌の面でもそうだしバッキングに関してもそうだしイラストに関してももちろんなんですが、見つけられた人はいるかな?そんな秘密をちょこっとだけこちらでお披露目しようかなと思います。
1.なぜ7人なのか→これはもう「ボカロ七福神」ということで僕が上げていたのでお解りですね。お正月の絵馬なんかにも描かれる七福神にちなんで7人のボカロさんたちに歌ってもらおうという形になりました。
あとは日本人って3とか7にちなんだことって好きなんですよね。7に関しては西洋からは入ってきた部分が大きいのかもしれないけど、ラッキーセブンとかマイルドセブン、ウルトラセブンとかね(笑)3人じゃちょっと寂しいので7をチョイスしました。
2.三種の神器→これもまたおめでたいものというか神様にちなんだものなんですけど、一部のボカロさんに三種の神器を模したパーツを持ってもらってますがわかった方はいるでしょうか?ガクッポイドの剣、ルカちゃんの手鏡、リンちゃんの勾玉のブローチがそれです。
3.初夢→ことわざに「1藤、2鷹、3なすび」というのがありますが、これにちなんだものも隠れています。ま?なすはわかりますよね、ガクポさんの剣に突き刺さってますから(笑)藤はミクの声をやっている藤田咲さんから。鷹は「たか らぶね」ってことで(笑)強引ですね、スマソ。
4.寅年なのになぜ鼠→8番の歌詞に「窓の鼠も首をひねる」というのが出てきますが、なぜこのような歌詞になったかというと、これはパソコンのマウスを指しています。窓(ディスプレイ)のマウスポインタと思っていただければいいかな?
詞の意味は皆さんそれぞれが読み取って聞いてほしいなと思うんですが、実はすごく哲学的というか深いことを書かせていただいてます。とま?そんなわけでいろんな秘密も隠されているこの曲。元旦にも言いましたがこの曲に出会えたあなたのところには今年1年災いは起きないはずです(笑)
今日もテレビで特集してましたけど相変わらず派遣切りや不景気から会社が倒産するなどして職を失う人も多い世の中です。僕自身もいつどうなるかわからない。誰もが言いようのない不安を抱えるそんな中でもこの曲でほんのちょっと皆さんがくすっと笑ってもらえたらすごく嬉しい。
そんな思いを込めて半分遊びながら取り組んだこの曲。僕の高音質動画も含めてかわいがってください。近々カラオケ動画も上げる予定ですので、歌い手さんにはどんどん歌ってほしいな。あとmuzieに公開になったことでインディーズカフェにもリクエストできるようになりました。
ぜひぜひ皆さん、リクエストして高温質な着うたを持ち歩いてください。その頃には迎春じゃなくなってますけどね。もしかしたら着うたになるのは次の迎春だったりして(笑)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

 ここでは初めまして~。
 山鳥 文ですww
 ようやく見つけた……←
 
 深いことを書いてらっしゃいますね……。
 僕のブログとは大違いですwww
 民謡は古き良き日本の文化なので失われてほしくないですね。
 お疲れ様でした&カラオケ動画も頑張りますよ!

2010/01/05 (Tue) 11:33 | 山鳥 文 #- | URL | 編集 | 返信

山鳥 文さん

こちらこそこちらでは初めまして。見つけていただいてありがとうございます(笑)そして動画作成、特に歌詞付きの動画に関してはお世話になりました。また別件でお世話かけますww
そうですか、深いこと書いてますか?ついつい音楽については深く書いてしまいますね~、オタクのきわみです。他のエントリーではたまにダークだったりふざけたことも平気で書いてるんですけどね(笑)もしよければこれからもちょいちょい覗いていただけると嬉しいです。山鳥 文さんのブログにもお邪魔しますね。

2010/01/10 (Sun) 10:22 | DY #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック