2010_01
21
(Thu)23:05

最後は結局意志の強さなんだと思うぞ

最近職場の昼休みでことさら話題なのがダイエットのことについて。とある職員さんが今年の健康診断に向けて少しでもいろんな数値を落としたいととにかくいろいろやってるらしい。少し前は豆乳がいいとずっと言ってて、朝バナナももちろんやったらしいし「食べ物はよく噛んで食べるといいよ」とか「耳のところにつぼがあってそれを押すといいよ」とか。
とにかく「テレビでこれがいいって言ってた」とか「雑誌でこれがお勧めって書いてた」「今朝ラジオであれが痩せるって書いてた」と必死なのです。でもなんら成果が出ていない様子で毎日愚痴っておられます。最初のうちは「がんばれ!」なんて見守ってたんですけど、ぶっちゃけた話をすると最近だんだんうっとうしくなってきました(笑)
巷にはほんとたくさんの種類のダイエット法や健康法があって…っていうかもう氾濫状態ですよね。毎日のように何らかのダイエット情報はどこかの新聞、雑誌、テレビ、ラジオが取り上げてる。ネットの社会に置いてはもうそれはそれは莫大な量のものがヒットします。それらを片っ端から見て試してたらきりがないよね。
自分も考えた事があるんで気持ちはわかるんですけど、今の生活を維持したままどうやって楽にダイエットを成功させるかってのは誰もが望むことなんじゃないかなって思う。でもそんな方法あるわきゃないんです。食べればその分吸収されるわけだし動かなければそのまま蓄えられてしまうのは当たり前。
そしてその生活を何ヶ月、果てや何年も続けていれば「よし、これがいいって言って宝やるぞ」と思ってもそう簡単に変えられるもんじゃない。結局成果が出なくて「だめじゃん。つぎつぎ」って感じで止めてしまう。その職員さんがこれらのことを全てまだ続けているかどうかはわかりかねますが、あまりに愚痴が多いから「やることちゃんとやってんの?」って思っちゃう。
とにかくまずは数多いダイエット情報の中から自分の生活環境にあったものや続けられるものをチョイスすることが一つ。仕事や環境によってはゆっくりじっくり食べ物を噛み締め噛み砕きながらってのは難しい…理想ではありますけど現代人は忙しいというか時間に縛られてますからね。続けられるものっていうのは大事。
それからよくテレビや雑誌なんかである「芸能人の○○さんも成功した…」とかいうのには惑わされちゃだめです。初戦あの方々がいるのはうちらとは同じようで別の世界。規則正しい生活をしている人のほうが珍しい場所です。生活環境も違えば体質もまるっきり違う。「あの人にもできたんだから」ってのは大きな間違いです。
そして最後はやっぱ自分の意思の強さ、これだと思うんです。ダイエットに限らずですが世の中にはいろんな誘惑があって、一つのことを成し遂げるためには我慢しなくてはならないことがたくさんあります。「そんなことわかってるよ」と思うかもしれませんができないんですね?。
食を我慢することってすごい難しいことで、むしろ当然のことだと思います。だから自分は我慢する必要はないと思っているのですが、つまりは食べる量をセーブしてあげればいいのです。たとえば「夜の7時以降はぜったいに食べない」とか「家に甘いものをぜったい置かない」とか。
それを決めるか決めないか、実行できるかできないかで1kは変わってきます。なんの説得力もないですが自分がそうだったから(笑)よく「どうやって痩せたの?」とか「何かこつがあるんですか?」ってよく聞かれるんですが、実際それを聞かれても答えられないんですよね。だってなにもしてないんだから。
特別何か運動をしたわけでもない、サプリメントを飲んだわけでもない、食べるのは普通に食べてたし。「嘘だ!なんかあるんでしょ」とか言われるけどほんとないんだからしょうがない。実行力、継続力、意志力がダイエットにおける三種の神器だと僕は考えます。がんばる必要なんてありません。ただ少し見直せば案外変わるよって話。
結果が出ないことを嘆くよりも結果を出すために一つ何かを決めて取り組むことじゃね?の?なんて偉そうなことを今日はつらつら書いてみました。そんな今週末、友達とちょっくら飲んできます。やれやれ、太る種がまた増えてしまいそうだ(笑)でも食べますよ。楽しめるならそれでいいのです。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしく頼むぜ→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック