2010_02
24
(Wed)19:43

DA2009年ディナーショー音源レビュー?YA・TI・MA?

今日はちょっと事情があっていつも働いているところと違う部署に午前中出向いて仕事をしてきました。ほんの1時間ぐらいの出来事だったんですがなんかどっと疲れが(苦笑)不慣れな場所で仕事をするというのはこんなにも疲れるものなのかと。
でも新しい出会いもあったしその方からいろいろなお話を聞く事ができて勉強になった1日でもありました。昼からはハーブティーを飲んでリラックスしつつ働く事ができたし、天気もぽかぽか日和で気持ちがよくて。
ぶっちゃけ今日は睡眠時間4時間だったんですけど、帰り際に10分ぐらい意識を失いつつも(笑)なんとか乗り切れていい1日だったなと思います。明日は給料日だしがんばってこう。あ、それと今日の一番の話題はなんといっても真央ちゃん。
あれだけのプレッシャーや4年前よりも身長が伸びたことで不利な面があるなどなど周りはいろいろと囃し立てましたが、そんなことをもろともせず2位っていう結果を残すことができるってのはほんと尊敬しますね?。精神的なタフさ、自分も爪の垢をせんじて飲ませてもらいたいぐらい。
明後日ついにフリーですが、真央ちゃんのペースで今日の調子でがんばってほしいなと思います。他の2選手についても、世間はメダルがどうとかごちゃごちゃうるさいですけどそういうのは気にせずに自分らしく、そして楽しんで全力を出してほしいなって思います。楽しみにしてますよ?。
さて、本日のエントリーですが昨日に引き続き浅倉さんのディナーショー音源のレビューです。昨日は遅れてDLした曲のレビューでしたが今日はリアルタイムだぜ(笑)ということで、本日より配信が始まったYA・TI・MA-Dinner Show Live 2009.12.23のレビューをば←DLはこちらから
今月は毎週1曲ずつ昨年のディナーショーの模様からセレクトした4曲が配信されているわけですが、ラインナップが発表になってから最も楽しみにしていたこれがついにやってきました。参加した友人からこれを演奏したっていう話は聞いてたし、メタバの有料サイトでも本人が口にしてたんだっけ?
でも意味がわからなかったんですよね(笑)自分は未だ参加したことのない未知の場所なんだけど、周りの皆さんの話によるとディナーショーってところはそれこそ浅倉さん本人がこれ以上になく神経をすり減らす場所というか、エレクトリックな部分ではない浅倉さんの根っこの部分をぐっと押し出した場所だと思うんですよ。
クリスマスの空気に乗せておごそかなクラシックでつづる音楽の夕べみたいな。そんなところにきてこの正反対のコンセプトを持つ曲がやってくるっていうのはどんなことになったのかと、ほんとわくわくしながら今回は日付変更線が変わると同時にITUNES STOREに向かいました。
最初はうまく見つけられなかったんですが、検索しなおしたらあっさり見つかってまずは試聴です。う?ん、確かにヤチマだけどなんかすごい楽しいことになってそう(笑)ripのとき以来でしょうか、声楽のお姉さんが歌ってるみたい。すみません、音を聞くまでこの声楽の方の存在をすっかり忘れてた(汗)
そっか?、詩吟の部分をオペラにしちゃうわけね。試聴してますます楽しみになり早速ダウンロードして聞いてみると、自分の想像していた以上のMETAVERSEがそこには広がっていました(笑)なんかSFチックなピコピコした音や神社で神主さんが振ってる鈴が付いた白いぼんぼりみたいな(笑)「シャーーン、シャーーン」みたいな音も聞こえます。
このSEの部分は浅倉さんが手弾きで足してたのかな?あとはピアノや弦のカルテットの音も聞こえますが、基本的には原曲のバッキングに合わせて演奏していく形になってるんですが、そこにオペラやクラシックの要素も足されている感じ。これなんていうんだっけ、クラシックにもこういうジャンルがあるじゃない?
ぱっと聞いた感じだと不協和音をひたすら演奏している感じでしかないんだけど実は理論的にはちゃんとした曲になっているっていう。シリアスな転回の音楽なんだけど…高校のとき教えてもらったんだけど忘れちゃった?。もっとちゃんと勉強しとけばよかった(笑)
そして最も自分の度肝を抜いたのはしっかりクリスマスソングになってるところ。途中「シャンシャンシャンシャン」みたいな鈴の音がオートパンで流れていくところとかほんとしてやったりですね?。ヤチマの台詞もクリスマス試用になってる。やりたい放題のアレンジに笑いが止まりませんでした。
思っていたとおり尺八の音はフルートで代用。でも普通のクラシックのフルートじゃあんまり吹かないんじゃないっていうお囃子みたいなフレーズも混ぜてましたね。やってるほうはものすごく大変なんだろうけど聞いてるこちらは楽しくてしかたなかったです。
よくよく考えてみるとこの曲って遊び要素が多いですよね。ライブではお囃子みたいなシンセフレーズを混ぜて弾いてたりフェンシングのお面みたいなもんをかぶってパフォーマンスしてみたり、KXから尺八の音を出してみたり。それもついにここまできたかと。
まさに恐れ入りました浅倉大介様(笑)そんな感じ。メタバにはX-NIGHTという立派なクリスマスソングがあるんですけど、こりゃいずれやるな(笑)そんなことを感じた今回の音源でありました。いやはや、楽しかったです。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック