2010_03
28
(Sun)21:49

TMRアルバムレビュー?X42S-REVOLUTION?

☆ブログランキングに参加中です。右のバナーのクリック、どうぞよろしくちゃん→ブログランキング・にほんブログ村へ
昨日までに比べると少し寒さが和らいだのではないかと思う朝。昨日狂ったようにあちこちマッサージしていたおかげで(笑)比較的ぐっすり眠れて目覚めもすっきりな日曜日でした。いつものように特別何もなかった日曜日だけど、パソコンとシンセをいったりきたりしながらあれこれ作業をして。
あとは趣味の部分で久々新曲をちょこっと作ってみました。まだ自分的には触りの部分だけなんですけど、なかなかいい感じのテクノな曲になっていくんじゃないかという予感がぷんぷんしてます。気が付くと先月も今月もmuzieやらニコニコに音楽をアップロードできてないので(水面下ではいろいろ作ってたんですが…)
来月こそは何かお聞かせできるアクションをと思ってます。そして水面下で作っている音楽についても前にも言いましたが5月ごろ詳細を明らかにできそうなのでこちらも合わせてお楽しみにです。あ?、作ってるものはあるのに自分だけの権限でお聞かせできないのがもどかしい(笑)
音楽をビジネスにしている人って、特に作曲家やクリエイターってこういうもどかしい瞬間をたくさん味わっていくもんなんでしょうね。そして浅倉さんはそのタイムラグをどうにかしたくて虹シリーズだったりMETAVERSEなどいろいろ挑戦していってるんだと思うんだ。その真摯な態度は見習いたいところです。
ま?けど僕は僕のペースでぼちぼちやっていきますんで、もし今後も何かアクションがあれば聞いていただいて心にとまったらipodなんかで持ち歩いてくれたら嬉しいです。着うたリクエストもよろしくね(笑)浅倉さんといえば彼がサウンドプロデュースを手がけるTMRのミニアルバムが発売されています↓

アルバムのタイトルはX42S-REVOLUTIONとなっていて、これは限定版のみに付属するプラモデルの形式番号とのこと。よくわかんないんですけど(笑)とりあえずガンプラ30周年を記念して作られた企画アルバムです。まだギガビには転送できてないんですが家で毎日聞きまくってます。
TMRとしては久々のCDリリースということになったんですが、いつものようにアルバムレビューということで、ここに納められている曲たちのレビューを本日はお届けしたいと思います。ということで興味のある方はぜひぜひ続きをぽちっとしてやってください。
上でも書きましたがガンプラ30周年を記念して作られたコラボレーションアルバムで、TMRとしてこれまでガンダムSEEDシリーズに提供してきた5曲と新曲が1曲納められています。
ガンプラが付いてくる初回版のタイプA、DVDが付いてくるタイプB、そして通常版という3種が発売されていますが、自分はリンク先にもなっている通常版を購入。だってアニメよくわかんないんだもん(苦笑)
ぜんぜん見てませんでしたからね。でも西川ちゃんが声優として2作とも出演し、2作とも割りと早く絶命したということだけは風の噂で聞いた(笑)それはさておき、ベストアルバム的な構成のミニアルバムですが、こうして聞くと名曲揃いですね。
それにリマスタリングされたせいなのかはたまたブルースペックCDだからなのかものすごい音が綺麗になった印象がある。特に浅倉さんがよく試用するキラキラしたベル音とかすごいクリアで綺麗。ま?シロートの耳なので実はあんまよくわかってないんだけどね(笑)
でも確実に音は綺麗になってる気がするんで、素晴らしいサウンドと素晴らしい歌声に酔うもよし、アニメを見ていた方は曲と共に思い出に浸るもよしって感じじゃないでしょうか。そんな6曲について、1曲ずつ僕なりの耳で紐解いてみましょう。
01 INVOKE→ガンダムSEEDの記念すべき第1期のオープニングテーマでした。当事TMRが西川のセルフプロデュースになったことや浅倉さんがTMRへの楽曲提供について悩んでいる旨の発言をFCの会報なんかでしていたので、タイトルの発表やアニメタイアップがついた時点ではそれほど注目していませんでした。
でも西川のオールナイトニッポンで宇宙初OAがなされた日にこれを聞いて鳥肌が立ったのを今でも覚えてます。やはりTMRにはこの音が必要なんだなってすごく確信したというか。当事浅倉さんが凝りまくっていたトランスのテイストもありつつ曲構成がまるでクラシックの組曲のように展開されていくアレンジ。
そして圧倒的な西川の歌声。特に間奏の狂ったようなピアノのアルペジオは最高潮に曲を転回させます。さりげなく後ろでコードを弾いている葛Gのギターもいい味を出している。これぞTMRの王道をいく曲だなと思うわけです。このアルバムの1曲目にしてテンションは最高潮、そんな感じ。いつかこれを浅倉さんの生演奏で見てみたいというのがささやかな夢です。
02 Meteor -ミーティア-→SEEDシリーズで挿入歌として流されていましたミディアムテンポの切ないバラード。イントロの減衰していくベース音から始まるんですがこれが非常に宇宙的でなおかつ切なさを呼んできます。これもまた葛Gのギターが哀愁たっぷりでいい味を出しているなっていう感じがする。
そしてこういうバラード曲は西川の歌声が非常に際立っていてたまらないです。死に行く星に向けて歌われる鎮魂の祈りがささげられるようなそんな曲。アニメでは特に西川ちゃんが声優を担当したキャラクターが絶命したときにそれこそ鎮魂歌として流されていたみたいですね(笑)しかしこの1曲目と2曲目の並びから3曲目にNEO SPHEREがきそうなんだけど(笑)
03 Zips→アルバムSEVENTH HEAVEN収録のオリジナルバージョンにて収録。このアルバムで久々オリジナルを聞いた気がしますね。アンカバ収録のバージョンが僕の中ではデフォになってた感じなので。非常に失踪間のある曲でずんずん響くギターリフと重みのあるキックが気持ちいい曲。
AメロやBメロのシリアスな場面からサビになっていきなりメジャーコードに転換すると曲の世界が一変するのがおもしろい。こうしてオリジナルを久々に聞いてみると西川ちゃんの中でまだちょっとこの曲をうまく消化できてないかなっていう(笑)力みすぎなのかな、最サビの最後の1音がめっちゃ苦しそう。歌詞がちょいエロなのがまたいいですね。
04 Ignited -イグナイテッド-→機動戦士ガンダムSEED DESTINYの第1期オープニングテーマでした。この第1話が放送された日に新潟県中越地震が発生したと記憶していてこの曲を聞くとあのときの風景を思い出しますね。SEED動揺にアニメは全く見てないのでアニメ以外の景色がぱっと浮かんでしまう(笑)これもまたオリジナルを久しぶりに聞きました。
また当事の大手レコード会社がこぞって導入していたCCCDの問題というのが当事ありましたが、SONYがCCCDから撤退して初のシングルでもありました。あとこの曲を作曲した浅倉さんはとにかく多忙だった時期ですね。1年に7枚のアルバムをリリースするというソロプロジェクトをやっていた時期で、その多忙さがなんか音にも出てるなっていうのが当時の印象でした。
それゆえこの曲を聞くと何かいろんな景色が浮かんでくるような気がします。自分の中では最近だと太鼓の達人でこれが収録されていてっていう(笑)もちろんオリジナルがいいのは当たり前なんだけど、太鼓の達人のそれもすごいがんばってるなって思ったんです。この緻密なシーケンスとかアレンジをよくぞここまでって思いましたね。キーが比較的高いので歌うのが大変そう。
05 Vestige -ヴェスティージ-→SEED DESTINYの挿入歌でした。これまでのSEEDシリーズを総括するという意味で作られた曲だったと記憶していますが、そのコンセプトにどんぴしゃの素晴らしい曲だと思います。TMRのバラードとしても今のところの最高傑作なんじゃないかな?これぞTMRの王道をいく名バラードだなと思います。
すごく緻密なアレンジでたくさんの音が聞こえてくるんですけど、そのどれもがぶつかり合うことなく滑らかに出てくるのは浅倉サウンドのすごいところ。リマスタリングされたことでより一つ一つの音がくっきり聞こえるような気がしますね。また西川の歌唱力が抜群にいい。最近はあんまり歌ってないですけどカラオケでよく歌いました。
あとPVもけっこう話題になったりして、そのPVを元に作られたライブでのバックストーリーも印象的でした。初めて参加したTMRのライブがこの曲のバックストーリー仕立てになっていたものだったので、そういった意味でも感慨深いですね。「おや、眠れないのかい?」っていうあれです(笑)久々に見たくなっちゃった。
06 Imaginary Ark→ガンプラ30周年を記念して作られた新曲です。イントロから聞こえてくるピアノのシンコペーションが30年という時を刻々と刻んでいく時計のように響きます。バラードというにはちょっとテンポが速いかなという感じなんですが、ポップなミディアム曲ですね。要所要所に入ってくるシンセタムの音がまたいい。
井上さんが書く詞も非常に深くて、その詞を一つ一つ噛み締めるように歌う西川の声がまたいい。ABSのときの力強くて勢いのあるボーカルワークも好きですが、こうやってじっくり聞かせてくれるバラードのよさはTMRだからこそっていうのはありますね。またABSで活動してきたことで歌に深みがより出てきたなって印象もある。
こういう曲でTMRだと葛Gのギターだよねって思うんですけどこの曲には入ってないような印象ですね。クリーンギターの音は要所要所で聞こえてくるけどシンセっぽい音だし。あとサビ前やイントロで聞こえる「シャリーーン」みたいな鈴の音が僕はすごい好きなんですけど、ほんとどこをとってみてもTMRの王道ですね。安心して聞ける深い1曲です。
ということでTMRのミニアルバムレビューをお届けしてみましたがいかがだったでしょうか?ガンダムSEEDシリーズから西川のことを知った人にはその総集的なアルバムでもあり、アニメに向けて提供された曲がどれだけ名曲揃いだったかっていうのも十二分に堪能できる1枚ではないでしょうか?
6曲なのでちょっと寂しいなっていうのはありますけど(苦笑)今月は配信限定で発表になった曲もあるし、TMRとしても少しずつ何かしらの動きがあったりなかったり?浅倉さんがTMRのミックスをやってたっていうのがDAnetの動画で出てたようですけど、今後の動きにも要注目ですぞ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック