2010_04
07
(Wed)22:52

命について考えさせられた1日

心当たりはいろいろなんだけど今日は朝からいらいらすることが多くてちょっと反省。愛想笑いがこんなに疲れた1日も珍しい(苦笑)やっぱ人は心から笑えてナイト1日しんどいですね。過ぎてしまったことは帰ってはこないけど、明日は今日よりもいい1日にできるようにとりあえず11時までには寝よう(笑)
そんな今日なんですが、毎朝欠かさず見ているゲゲゲの女房。これがまた朝から泣けるドラマでしょうがないんだけど、今日はついにおばば(野際陽子)が旅立ってしまいました。先週から始まって今は布美枝が結婚する前のことをいろいろ回想している段階なんですね。
1話でナレーションでもあるおばばが「8年前にあの世に旅立ったんですが…」っていうことを言ってたのでその当事のことを回想するという描写。これが非常に泣けた。背の高さをコンプレックスに感じている主人公を優しく優しく諭すところ、遺言のように優しく言葉をかけるシーン。
「必ずよいご縁にめぐり合いますように」とか「おばばはずっと美馬もっとるけんな」というところ、ぼろぼろ泣いてました(苦笑)そして今日のクライマックス、若い頃のおばばがみようみまねで一生懸命作った台帳を川へ流すシーンは撃沈でした。おばばの息子であり布美枝の父親である大杉漣さんの演技がたまんない。
「父親が声をあげて泣くのを初めて見ました」っていうありがちなシーンではあるんだけど、それがすごい泣けて泣けて。これを見てすぐ仕事に出かけなきゃいけないんだけど朝から涙目で家族をごまかすのが大変だったよ(汗)もう明日からぜったい見ないんだから…うそ(笑)まいりました。
ドラマでもこうでしたけど現実の世界でも自分的には非常にショックな二人の方の悲報を相次いで耳にした形で、中でも皆さんもうご承知かと思いますが、今年からコーチとして指揮を執っていた巨人の木村拓也さんがくも膜下出血でお亡くなりになったという話題。
厳しい状態であるというのは倒れたときから伝えられてきたことですが、なんとしても助かってほしかったんだけど…。自分は西武ファンではあるんですが木村さんは広島時代から大好きな選手で、ピッチャー以外のポジションをどこでもできるというその素質もさることながら野球に対する姿勢やファンサービスが特に好きな選手でした。
パワプロやプロスピをするときは必ずトレードで獲得するようなこともよくやってました。西武の木村拓也ってのもなかなかよかった(笑)最初は字は違いますが同じキムタクってことで知ったんだけど、SMAPのキムタクにも負けないぐらいかっこよすな人でした。
「自分は背が小さいし、この世界で生き残っていくためにはどこでも守れる選手でいたいんです」っていうのは木村選手の名言だと思う。テレビ朝日の夕方のニュースでこの話を改めて聞いてなんだか泣けてきてしょうがなかった。キャスターの方やコメンテーターも泣いてたし。
またテレ朝の素晴らしいなと思ったところは、野球ファン以外だと忘れているようなこと、阪神に広島から移籍した金本さんや新井さんにもスポットを当てていたところ。自分が知る限りこの2人のことを取り上げてたテレビのニュースはなかったように思う。いや??、本当に残念です。
まだ37歳。今年からコーチとして新たな野球人生をスタートさせたばかりなのにこんなにも早い死。また自分の上司や友達にも37歳という年代が多いのでそれゆえのやりきれない思いっていうのがほんと大きいです。どうしてこんなことになっちゃうんだろう?どうして素晴らしい人材は早くに召されてしまうのか?
また昨日飛び込んできた悲報ですが、D-LOOPという音楽ユニットのボーカル、MINAMIさんが1月に亡くなられていたという。これもまた素晴らしいボーカリストなのでニュースを聞いたときはほんとショックでした。D-LOOPはメロディーラインの美しさとMINAMIさんのつき抜けた厚恩の気持ちよさが絶妙なユニット。
90年代の後半に話題になったのですが、言葉は適切ではないかもしれないですがあれだけの高温を出せるのにぜんぜんうっとうしくなく、むしろ胸をうつ歌声。すごく説得力と存在感のあるすごいボーカリストだと僕は思ってます。SEAちゃんをも苦しめたあの高温ですからね?。
当事僕とSEAちゃんはユニットを組んでたんですが、ボイトレと称したカラオケをよくやってたんですね(笑)今もあんのかわかんないんだけど大分市内某所にあるクラブDってとこ。そこで1度だけD-LOOPの歌を歌ったのを記憶してるんですが、「これは出ない」って言ってたもん。
SEAちゃんもかなり高い声が出る人でロマンスの神様を原曲キーで余裕に歌えると書けばどれほどのものかお解りかと思います。そのSEAちゃんをも苦しめたMINAMIさんのキー。圧倒的でしたけどいいボーカリストをなくしましたね??、本当に残念。
そんな感じで今日は命について考えることの多かった1日でもありました。お二人のご冥福を心よりお祈りいたします。安らかにお眠りください。君と交わした時間を強く印して←浅倉大介、ripより。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック