2010_04
11
(Sun)22:37

DYちゃんの楽曲解説?star scream?

今日の大分は1日中すっきりしない天気。湿度も高いようでじとじといやな感じでございました。高速道路は霧のために通行止めになったりしていたようですね。この時間になって雨が強くなってきていてなんだかすっきりしない日曜日でした。
僕はというと日曜日だからと言って何をするわけでもなくごろごろと過ごしておりました。いいかげんこういう堕落した日曜日から這い上がりたいもんだ(笑)だらだら過ごしてると気持ちまでだらけてしまう気がする。おまけに昨日に引き続きむちゃくちゃ眠かったし…。
なんなんでしょうね?友達のブログを見ていても「眠くてしょうがない」っていうことをよく見かけるんですけど季節的なもの?何かするにも眠気のために集中力が続かないんですよね。かと言って寝てしまうと夜寝付けなかったら悪循環だし…。
春は好きな季節なんだけどこれがあるのがちょっと困り者。やはり家で過ごす休日を少し変えていかないといけないのかなと思う今日この頃なのです。何かここをご覧の皆さんで「こういうのがいいよ」っていうお勧めが何かありましたらおそえてください。
さて、本日は僕DYの新曲についてのお話。今日気が付いたんですけど、金曜日にmuzieに送り込んだ新曲が本日公開になったようでその曲解説などをしてみようと思います。
レモネードの夜から1ヶ月半ぶりぐらいのアップロードになったこの曲のタイトルはstar screamといいます。直訳すると星の悲鳴ですね。星をテーマにした曲はこれが3曲目かな?そして星がテーマだと僕の曲は長くなる傾向がありますね(笑)
ちなみに明星が11分半、蘇星が8分、そしてこのstar screamも8分16秒ぐらいあります。なぜかは謎なんですが、それだけ宇宙は広くて広大であるってことなんでしょうか(謎)でもこのstar screamは地球から見た他の星ではなく、他の星からみた地球という視点で考えて作った曲。
タイトルだけを見ていただいてもわかるかと思うしここのところの僕のブログでも何度か言葉として出してきました地球の悲鳴というのが一つテーマです。今年に入って日本でも世界を見ても大きな地震や異常気象に見舞われたことがたくさんあって、映画でも人類滅亡をテーマに掲げたものが公開になったり。
もう人の力だけではコントロールできない異変がこの星にはあちこちで起きていて、エコとか二酸化炭素削減とか言ってる場合じゃないところまできている。そういう状況下の中で僕たちがこの星に対して何ができるんだろうっていうのをstar screamという曲を通して考えてみたいなって思った感じ。
それは聞いていただく皆さんもそうだし作った僕も含めて。サウンド的には久しぶりにサンプリングCDからの音をいろいろ取り込んだことで危機的な緊迫したSEがずっと鳴ってるみたいな効果も出してるし、何よりリズムがすごく攻撃的というか失踪感があります。途中には英語のリーディングも出てくるし。
リズム以外のトラックは基本的に1コードしか使ってなくて淡々とループしていく作りなんですけど、英語と合わせてすごく緊迫感のある音にできたかなと思ってます。ドラムンベースとはまた違うんだろうけどクラブみたいな箱でずっと流しても気持ちいい曲なんじゃないでしょうかね、吸い込まれるような。
比較的アタックを強めに作ったシーケンスとアウトロのセクションが僕は個人的にすごく好き。それこそアウトロなんかは何かに吸い込まれるような効果を出してますけど(笑)あれは何かエフェクターをかませたんじゃなくてサウンドエンジンというフリーの波形編集ソフトを使いました。
いつも最終的なマスタリングをするときには利用しているソフトなんですけど、フリーなのに機能が豊富でフランジャーやディストーションをかけられたりもするんですね。いつかこの機能も使ってみたいと思ってたんですけどこういう形で実現して、これがなかなかかっこよすな感じになって。
このアウトロ部分を作っているときは正直気分はクラブDJだったんですけど(笑)なんか本当にどこかの箱でかけていただいてそれでオーディエンスが踊り狂っているっていうのはなんか創造してて楽しい。でも実は上でも書いたような重いテーマがあるというのは知っていてほしいなと。
ただ楽しいだけじゃ終われないというか。そんなわけで久々にアップされました新曲star scream、ぜひぜひ聞いてください。感想もお待ちしております。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック