2010_05
28
(Fri)20:06

ヒート

うちの子が今まさにヒート(犬の生理)なのです。初めてのヒートのとき、1年半ぐらい前かな?それ以来たぶん半年置きぐらいにあるにはあったんだと思うんですね。時々頻繁に陰部をなめて処理する場面があったのでそのときがそうだったのでしょう。
でも今回は出血量も少し大目みたいだし今日なんてかなり具合が悪そうだったからちょっと心配しているのです。仕事から帰るといつも元気に出迎えてくれるアイが今日はドアの音を聞いても駆け寄ってこない。
祖母も「アイの様子がおかしい」と開口一番僕に話してくれて。祖母が呼んでもやってこないんですよ。僕が呼びかけたらやっとむくっと起き上がってやってきたんですけど、弱弱しくてジャンプしようとしてもすぐお座りの体制に。
午前中は比較的元気だったらしいんだけど夕方になってこういう状態。すぐさま動物病院に連れて行こうかと思ったんですが、その後ちょびっと戻したらしくて、そしたら少し元気になりました。ご飯も綺麗に食べ上げてちょっとですが走り回るようにも…。
まだ予断を許すような状態ではないのかもしれないですが、明日ももうちょっと様子を見ながら病院に連れて行くことも考えなくてはと思ってます。今は少し落ち着いたらしくてすやすや眠ってるんですが、この感にヒートについて改めて調べてみました。
人間とはメカニズムが違うこと、いわゆる発情期のこと、ヒート中はいうことを聞きにくくなること、子宮筋腫や子宮内膜炎のこと。調べれば調べるほど「うちの子は大丈夫か」と心肺になってくるのですが、だめパパだけどそれだけアイを思っているという証拠なのかな?思えてるのかな?
犬は痛いとか苦しいっていえない生き物だけど、ほんの少しでも彼女の気持ちをわかるようにはなりたいですね。一緒に暮らして2年が経ったけどまだまだわからないことが多いし、アイと接することは日々勉強になります。精進します。
話は違いますが、福島少子化担当大臣が鳩山総理から罷免されましたね。普天間基地の異説問題で社民党との意見の相違からこのような形になったそうで。福島大臣が少子化担当から抜けるというのは正直残念だけど、自分の信念を曲げることはなかった。
官僚から後ろ指を指されることになっても自分が正しいと思うことを曲げずにいられる彼女のタフさというか見習わなくちゃいけないなって思いますね。こういう人の下で働きたいな。中間管理職が大変なのはわからなくはないけど、「上の命令だからよろしく」って上の指図でしか動けないへこへこしたリーダーってなんかね。
リーダーならリーダーらしく大きな旗を振っててほしいんですよ。中には旗は持ってるけどただ掲げてるだけでなにもしない人もいますけどね(苦笑)旗を持ったら振っててほしいな。目の前に置いてるだけじゃ付いてくる人がなにしてるか見えないだろって話。大きく振って後ろも前もよく見えるように。
おかしなことを見つけたらしっかりと正す。それでもだめならそれなりの処理をする。それがリーダーだと思います。よく「責任をとって自認します」なんていう人がいてそれがリーダーらしさだと勘違いしてる人もいるけど、責任逃れの辞任は偉くもなんともないよ。
おっと、ヒートの話から妙な方向にいってしまいましたね(笑)すみません。さて、これから鳩山政権はどうなっちゃうんでしょうね?このままなら社民党が連立を外れることは必死だろうし厳しくなりました。責任逃れで退任するのか信頼回復に努めるのか。今こそ日本のリーダーの旗の振り具合を試されるときです。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック