2010_06
04
(Fri)22:59

自信喪失

一応進化論なんて偉そうなテーマを掲げているブログなのであまりネガティブスパイラルなことはしたくないと思いつつも時折出てくるネガティブエントリー(苦笑)ごめんなさい、今日も何か楽しいこと、気のきいたこととか書ければいいんだけど無理みたい。この数日でなんだか治療家としての自分、自分自身の仕事に対して自信がもてなくなりそう。
ただ僕は僕の仕事をさせていただいてるだけ。思い通りにいかないこともあるし失敗もたくさんしてしまうけど、職場を訪れるお客さんが一人でも多く笑顔で1日を過ごして帰っていただくこと。肩の凝りがとれた、腰の痛みがとれた、体の重だるさ、心のもやもやが少し晴れたような気がする。
その気持ちだけは大切に仕事をしているつもりです。でも会社に迷惑をかけてしまう。何がいけなくて何が正しくてどうすればお客さん全てに満足していただけるマッサージが受けていただけるのか、いつもいつも考えているのにうまくいってない。その全ては僕に原因や責任があるんだと思う。
それに気が付かない以上きっとこれからも同じ失敗をしてしまうんじゃないか?でも恥ずかしながらわからないんです、こうなってしまった原因が。この2年ちょっとぐらいずっと考えながら仕事をしているのにわからなくて、気が付くとこんな状態です。解雇通知まではいってないにせよ本当に僕、このままでいいんだろうか?
自分の何が原因で会社に迷惑をかけていて、その結果家族にも迷惑をかけることにもなっていて、頭の悪いだめなやつです。本当に僕はこの仕事向いてるのかな?とかぼやいても実際この仕事しか知らないわけで、視覚障害の自分が生きていくための手段として資格も取得したのに、患者さんや職場に迷惑かけるようじゃこんな治療師いらないのかも。
今日もいつものように1日が過ぎていって何もわからず何も変えられずにただ普通に1日が終わろうとしていて、過ぎていく時間がただただ情けなくて悔しくて、堪えきれず職場で崩れ落ちてしまいました。そしたら同僚にそれを見つかって(苦笑)いろいろ励ましの言葉もかけてもらったのにその全てが社交辞令的なものにしか聞こえなくて…。
どれだけここでぼやいても職場で愚痴っても答えを出すのは自分でしかないんだろうからがんばるしかないんですよね。何をがんばればいいのかわかんないですけど死んじゃうわけにはいかないんだから。こんなんでも生きていかなきゃいけないんだから。生きてても誰の得にもならないようなやつかもしれないけどね。すみません、これが今の精一杯です。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック