2010_06
05
(Sat)22:12

生きる力が欲しくて

昨日は落ち具合が久しぶりに強くて何もする気が起きなかったんですが、じっとしてても何かが変わるわけじゃないと思ってtwitterを覗いてみました。たった2日アクセスしていなかっただけなのにすごく暖かさを感じる空間。
何かのきっかけで僕のことをフォローしてくださった方の中から波長のあいそうな方をフォローさせていただいてるので、その関係で自分のTLにはいいことばかりのツイートが乗っかってくるのは当たり前なんだけど、それを見ているだけで救われる思いがして。
別に死のうとは思っていないし生きる力という表現は大げさなのかもしれませんが、なんだかどこにも自分の居場所がないような気さえして。この数日、アルバイトも探してみたり登録したり試みてるんだけど、視覚障害でしかも全盲の僕を雇ってくれるような場所があるはずもなく…。
途方にくれているっていう表現はこういうときに使うのかもしれないですね。でもtwitterが今の自分の支えには確実になってくれていて、何かをつぶやけば何かを返してくれる仲間が一人はいてくれる。自分が一人で生きてるんじゃないっていうことを少しは感じる事ができるから。
こう書くと家族と疎遠なのかとか不仲なのかっていうことも創造させてしまうのかもしれないですが、別にそういうわけではなくて申し訳ないんです。本当は一番の自分の理解者である家族に話せたらいいのかもしれないけど、また職場でこういうことになってるとなると…なんというか…自分が情けなくて。
ただでさえこの年になっても家族に世話をかけている。もっと親や祖母を安心させたい、心配かけたくないって気持ちは強いのに仕事はこんな上京。できることなら消えてしまいたいと思うぐらいです。そういう人として最悪な道に逃げないためにTLを覗いたってところかな?
支えてくれる仲間のためにもここのエントリーもそうだし、少しは前向きなことを書き残せたらいいんだけど、ごめんなさい、まだ無理みたい。きっとたった一人でもいい、誰かに許されたくてふてくされてるだけなのかなとも思う。「大丈夫だよ、DY、よくやってんじゃん」って一言でも誰かに言って欲しくて。
甘えなのかもね。でも本当に今の自分にはどうしたらいいのかわからないんです。上司に相談しても進展はないし僕の立場ではいろいろ反論するのも違うのかとも思うし、でも今のままでは家族を守れないかもしれないし…。一人で生きてるわけじゃないから。答えはいつ出せるのかな?
けど一つ、今日はtwitterを覗けてほんの少しだけど自分の気持ちを吐き出せたことはよかったのかなって思う。リプライを返してくれた人たちにも少しでも恩返しできるように早く元気になりたいとそう思いました。音楽とも暫く向き合えそうにもないけど、また作ります。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック