2010_06
30
(Wed)22:06

おつかれさん

いやーーーーー、サッカー日本代表の皆さん、本当に本当にどうもお疲れ様でした。そして感動と勇気をありがとう☆まさにそんな気持ちでいっぱいです。昨日行われたパラグアイとのベスト8をかけた戦い、すさまじいものがありましたね?。
昨日のエントリーから2時間ほど仮眠をとって、今回は携帯の目覚ましを止めた後に寝入ってしまうようなこともなく(笑)きっちり起きて、テレビ観戦では自分の場合選手の動きがつかめないのでラジオを聞きつつtwitter、そんな感じで応援させていただきまして。
TL上にはこの緊迫した戦いを一緒に過ごし応援し、熱くなったフォロアーさんがいっぱい。その顔ぶれの中には西川ちゃんや浅倉さんといった敬愛するミュージシャンの皆さんもいらっしゃいました。ちなみに浅倉さん、昨日は堂本の収録だったそうでその流れでの観戦だったのかな?
おもろーだったのが西川ちゃんを始めタボフレのみんなが「ブぉーーーーーぉーーーーーぉーーーーー♪」ってブブゼラを吹いてるかのような効果音を時々ツイートしてたこと。ブブゼラ風の顔文字(?)もあったんだけど忘れちゃった(汗)
そして挙句の果てに浅倉さんもそのブブゼラやってたよ(笑)ごめん、その一瞬だけはサッカーじゃなくてブブゼラを一生懸命吹いて、音を出そうとするんだけどなかなか出ずに「ふざけんなよ」とか言いながら涙目になってる浅倉さんを創造してもだえてた(笑)
あ、私はゲイではありませんので…Sなだけです(笑)あしからず。そんな簡易ブブゼラもありつつ、あのTL上はもちろん渋谷ではパブリックビューイングもあったようでそこに集いし若者、普通にテレビ観戦している人。
全ての人が同じ気持ちで同じ場面を見つめているっていうね。それもすごいことだと思うし、サッカー大国とも言うべきパラグアイ相手にあそこまで食らい付いていった日本代表にはもちろん大きく大きく拍手を。心臓にはかなりよろしくなかったけど見ごたえはあった。
今まで「サッカーなんて何十分もやってんのになかなか点は入らないしつまんね?」なんて思ったこともあるんだけど、あんなにどきどきしながらサッカーを見た(ラジオだから聞いただけど)のは初めてですね?。しかも120分も。
90分プラスロスタイム。それでも決着がつかなくて30分の延長。そして迎えたPK戦で残念ながら敗れてしまったわけだけど、お互いのチームがぎりぎりの体力の中で戦い抜いたあの2時間半近くの死闘は涙なしには見られなかったですね。本当に感動しました。
結果的には勝者と敗者に別れてしまいましたけど、最後実況のアナウンサーが「これは負け試合ではないんです。日本の選手の皆さん、どうぞ胸を張ってください」って言ってたのがすごく印象的でした。サッカーよくわからない僕ですけどほんとそのとおりだなと思う。
スポーツの世界はもちろんたくさんのトレーニングも物を言いますが運もあります。ただ選手たちだけではなく日本中が一つになって思いを一つに世界の壁に立ち向かったという意味では僕たちもすごく学ぶべきところが大きかったのではないでしょうか。いろんなことを教わった気がしますね?。
だんだん自分でも何を書いてるのかわからなくなってきましたけど(笑)何はともあれ日本代表の皆さん、本当に本当にお疲れ様でした。まだ終わりじゃない、これからなんです。日本のサッカーはまだまだやれる。進めたのはほんの半歩かもしれないけど、大きな大きな半歩だと思います。本当に感動と勇気をどうもありがとう。
次の戦いに向けた準備などはあるかと思うのですが、まずはゆっくり休んでください。どうもお疲れ様でした。そしてそして、生で同じ感動を味わった皆さん、今日寝不足だったという皆さんもどうもおつかれ☆みんなみんな本当にどうもありがとう。僕もまた明日からがんばって生きていこうと思います。
☆ブログランキングに参加しています。ぜひぜひクリックよろしくね→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

今日の夕方に彼らは関空に着きます。関西住みな私は迎えに出向こうと思っています。駒野選手がPKをはずして崩れた時、そばに寄って大丈夫だと声をかけてくれたのはパラグアイの選手だったそうですね。オシム氏の言葉も心に残ります。笑顔で会えるといいなあ。

2010/07/01 (Thu) 06:30 | ミンミ #- | URL | 編集 | 返信

ミンミさん

え~~、関空にお出迎えにいかれたのですか?すごい人だったようですがどうもご苦労様…っていうのは言い方が適切でないかもだけど、それにしても今回のワールドカップ日本代表はいろんな意味で一つにまとまっていたなって思います。選手もサポーターもいろんな形で。
そのことを試合を見たりtwitterでつぶやいたりしながら感じていた僕なのです。駒野選手のエピソードは知らなかったのですがほっこりする話ですね。まさにスポーツマンシップだなって思う。スポーツは喧嘩じゃありませんものね。いいお話を教えていただきありがとうございました。

2010/07/03 (Sat) 18:00 | DY #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック