2010_07
03
(Sat)23:24

迷走

先週の土曜日は勤務が休みだったので2週間ぶりの土曜の職場になったんですけど、僕が知らないこの間に職場ではいろいろと動きがあったようで。とあるお客さんなんですけど、いつもは時事的な話題などで世に対する不満を好き勝手話して楽しく治療時間を過ごさせていただけるお客さんが今日にはまるで別人になっていました。
情緒不安定、そして上司の話では認知症もかなり進んできているらしい。仲良しさんの彼女に対する態度も今までとは少し違っているように思うし、今日仕事の中で関わった彼女の一言一言がやはりいつもと違うのです。認知症の度合いは自分にはわからなかったんだけど明らかに違う彼女の言動…。
ショックでしたね?。僕もそうだからスタッフの皆さんやお友達、そしてご家族はもっとショックなんじゃないかな?自分はお医者さんでもなんでもないんだけど、やはり毎日通所してくださるお客さんが元気でいてくれることは嬉しいし、逆にこうして弱っていくのを受け止めなくてはならないのは辛いですね。
そしてそれと同時にこういうことを考えられている自分はこの仕事がやはり好きなんだなということを感じました。勤務時間を削られて一月の給与が10万円いかなくても好きなのです。お客さんのことを考えながら前回の治療結果と今回の健康状態を照らし合わせつつマッサージをさせていただく。
その中でお客さんであるお年寄りの皆さんから若い頃の貴重な体験、ニュースの話、スポーツの話などから人それぞれの考え方なんかを吸収していく。言いたいことを言い合って受け取って手渡して最後にマッサージを終える瞬間、「ありがとうございました。またよろしくお願いします」というあの瞬間がいいんだ。
そしてそんな1日の記録を職場のPCに書き残して帰る。言葉を発すれば「思いやりがない」と言われスタッフの都合もありで時間は削られ、上司や他のスタッフには見られることのない記録をつけて帰ることにばかばかしさを感じてたここ最近だったけど、無意識にお客さんのことを心配している自分に気がつくとまだがんばんなきゃなって思うのです。
エゴなのかもしれないけどね。こんなんだけど職場じゃ先生と呼ばれていてそこにおごったことなんて一度もないんだけど、自分の不器用なところが特定の人には気に入らないんでしょう。でも見えないところでは僕だって考えてます。治療師としてもそうだしスタッフの一人としても。
こういう気持ちになっても正直今の職場にい続けることが今後の自分にとって、職場にとっていいことなのかどうかわかりません。生活のこともあるし悩んでいる時間をそう長く引き伸ばすわけにはいかないのでなんとかいい方向へいけるようにがんばんなきゃなって思います。もうちょっと迷走期間は続きそうかな。
そんなことをいろいろ考えてたら天気の状態もあいまって肩凝りと偏頭痛がかなり酷かった1日(苦笑)夜はロキソニンのお世話になりながらパラビを収録しました。ということで明日は午前中に更新しますのでぜひぜひ聞いてくださいね、よろしくです。楽しんでもらえるといいな?。
☆ブログランキングに参加中です→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック