2010_07
25
(Sun)23:00

夏の日のどたんばキャンセル

今朝起きると友人から1通のメール。実はこの友人、夕べいろいろありで第三者からどたキャンをくらっていたという事情があり、どこか安い宿を探すかどうするかというので半泣きで電話がかかってきたのです。その友人が「急なんだけどカラオケいかない?」という。
「大ちゃんの家に泊めてくれん?」という相談もあったのだが、諸々事情がありでどうしてもそれを叶えてあげることができなかったんで申し訳なさもあり、気持ちも沈んでるからカラオケでも行って発散するかということで快諾。ただ急なことでもあったので持ち合わせがなかった(苦笑)
それに家族にも給与を渡してなかったのもあり、午前中は銀行行ったりその他諸々用事もあったので「昼からなら出られるよ」というメールを返信。「12時ぐらいならどう?」という時間指定をしたところ「了解です」という返事が返ってきたので、午前中は忙しく用事を済ませる。
その合間、要所要所に質問メールを送った。夕べのこともありで今彼がどこにいてどういう状況なのかが全くつかめなかったし、12時約束とはいえ電車やバスなどの時間もある。だいたい別府には何時ごろ着けそうか、それによってはカラオケの部屋も押さえておかなくてはとも思ったし。
ま?大丈夫とは思うけど今日は別府市内お祭りなので(笑)けっこうカラオケとかパチンコって込むんだよね。時間つぶしじゃないけどそんな感じで夕方まで歌ったりなんたりってパターンなのかな?ってか別府の駅前はカラオケかパチンコしかないしね。それゆえ気にしてはいたのですが、彼からの返事はなし。
そうこうしてたら11時50分を過ぎ、待ち合わせの時間があいまいなまま出かけることに。12時ちょうどぐらいに別府駅の改札前に着いたんだけど彼の姿はなし。電話鳴らしたりメール送ったりしつつ連絡を待っていたところ、15分ほど経ってようやく着信。やれやれと思いながら電話に出る。
電話の向こうはどこか騒がしいところ。彼も駅なのだろうか?ってか着いた?おれが探せずに迷ってる?いろいろ考えつつ彼から放たれた言葉にぷちんと何かが切れた。「ちょっと野暮用があって今中津より北におるんですわ。あと1時間ぐらい待っててくれる?」ふざけんなてめーーー!!
10分20分なら待とうかとも思ったけど1時間?ってかなに勝手に昨日いた位置から北上してんすかあんた(怒)そうならそうと連絡よこせっつーの。こっちは何度も確認の連絡いれてんのに返信もしてこなかったわけで。昼飯もカラオケの中でと思ってたので空腹と暑さによるいらいらから「んじゃ?おれ帰るわ。冗談じゃね?よ」って別府駅を後にしたのでした。
もうね、こういうの一番嫌いなんですよ。ま?夕べのことを考えると彼もいろいろあったんだと思うし彼だけを攻めるのは違うのかもしれないけど、約束したんなら時間は守れ。それがどうしてもできないんなら一本連絡よこすとかさ、それって最低限なマナーじゃないのか?たったこんぐらいのことで僕のほうが大人気ないのでしょうか?
だいたい電話してきて開口一番「野暮用で中津より北におる」ですよ。ごめんねが先じゃね?ほんと頭にきましたね?。考え方によっては暑い中汗をかきかき別府駅まで往復して、少しはいい運動になったのかもしれないけど(笑)こういういいかげんなことされて腹の虫もなかなか治まらず、帰ってきてメロンパンを食しました。
でもさ、こういうとき食う食事ってうまくないんだよな。しかも最近どうもパンを体が受け付けてくれないみたいで、美味しかったんだけどすぐに胸焼けがきまして…。まいりました。そんなんでぽっかりと時間が空いてしまったんですが、ニコ生で高橋名人がゲスト出演する番組をタイムシフトしてたのを思い出してそれを視聴しました。
高橋名人、もう51歳とかなんだね?。僕らが子供の頃となんら変わってない気がする。一応PSPで出る桃太郎電鉄の宣伝を兼ねてということだったんですが、MCの渡辺さんとファミコン黄金期の貴重なお話をいろいろ聞かせてくれて。あの名言、ゲームは1日1時間が生まれた背景とかね。
当事のゲーム業界、ま?ある意味今もかもしれないけどいい評判がなかったらしく、ゲームセンターは不良の溜まり場みたいな風潮があったんだって。そこへファミコンという新しいツールが生まれて家庭にゲームが入ってきたときに、ゲームは健全なものなんだっていう方向になんとか戻したいという気持ちが名人を含めたハドソンスタッフにはあったらしく。
あれを言った当初はもちろん社内から「ゲーム売る立場の人間がゲームやるなってどういうことだ?」っていう声が上がったそうなんですけど、あの標語は親御さんから大好評だったらしいのね。そんな世間的な評判もありで今はハドソンの標語にもなってるらしいんですけど、本人の口からきちんと聞けるっていうのは嬉しかったですね。
あとは「勝つのもゲームだけど負けるのもゲーム」とか「クリアすることだけに一生懸命にならずにもっとゲームは楽しまなきゃ」っていう発言も非常にいい考え方だなって思いました。ゲームだけじゃなくていろんなことに言えますよね。完璧を求める前に楽しんでいこうよっていう。やはり成功した方の言葉はずしんときます。
そんなんでいらっときたこともあったけどこういう高橋名人の貴重なお話を聞けたりという時間もあり、そんなに悪いことだけだった日曜日じゃない気もしてきました(笑)明日からはまた仕事、そして今週は楽しみなことも幾つか待っています。気持ちはまだ沈んだままだけど元気出して楽しんでいこう☆
☆ブログランキングに参加しています→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック