2010_08
12
(Thu)22:50

中野でアクセス・デリシャス日記?手と手を重ねて交わされた約束の巻?

☆ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしていただけると大変嬉しいですけんよろしく→ブログランキング・にほんブログ村へ
今日8月12日は日航ジャンボ機123便の墜落事故が起きた日。あれから25年が経ってしまったんですね?。今年も異例登山が行われたそうで、国交省のお偉いさんも登山に参加したというニュースを耳にしました。
520人という貴い人命が失われた日本の航空至上最大の大惨事。僕はまだ6歳だったのでなんとなくしか記憶にないのですが、翌朝の朝のワイド番組で大きく大きく報じられていたのはなんとなくだけど覚えてるし、その頃から飛行機にはなじみがあったので幼心にショックだったというか。
今も航空ファンな僕ですけど、当事の詳しい資料なんかを見るたびに二度とこのような惨劇を繰り返してはならないしそのことはJALだけではなく全ての航空会社、空の安全を預かる方にお願いしたいなと思います。僕ら航空ファンのためにもね。それはそうとこの前の羽田上空の急降下はマジ怖かったな(苦笑)
そんな今日は従妹の誕生日というのもあり、夜は焼肉のバイキングに行ってまいりました。焼肉バイキングで食べ放題、食べ放題ヨロレーイッヒーでございます。たれたれたれたれたれたれたれたれ着け放題、割り箸も割り放題…あれ?この間このお店きたときは普通のお箸だったような気がしたけど、もうエコを諦めたのか(苦笑)
ただ単に数が足りなかっただけかな?食べ放題のお店は日によってお肉の感じとかぜんぜん違ってくるんですけど、今日はうまかった。どうしても油が多いところを選んでしまうのが僕のよくない癖なんだけど、めっさ美味しかったですね?。カルビーもホルモンもウインナーも烏龍茶もデザートのアイスもうまうまですた。
さ、焼肉でいい感じに充電できたのもあるし気合入れてレポの続き書くぜ←とか言いながら遅れエントリーなのはご愛嬌(苦笑)ということで本日もaccessのライブレポ、8月4日の中野サンプラザの模様をお届けしたいと思います。では昨日も予告しましたがまずはこちらのお写真から↓


すっごいわかりづらかったら申し訳ない、簡単携帯のわずか1メガピクセルのカメラではこれが限界なのだ(苦笑)ということで、アンコールで唯一1曲、写真撮り放題のコーナーのときにSEAちゃんに手伝ってもらって撮影した1枚です。いかがなもんでしょう?
残すところツアーも明日の名古屋、明後日の神戸、29日の中野追加でファイナルとなります。チケット残り僅か☆お近くの方はぜひぜひお誘い合わせの上参加してみてちょうだい。やばいよ、マジぱねーっすよ(笑)
ということで本日のエントリー。ライブそのもののレポートは終了してますが、本日はついについにどきどきの瞬間。accessの二人との握手会の様子にございます。明らかに挙動不振だったDYさんの様子を余すところなくご紹介。
徒然ではしっかり醜態を書き残したいと思いますので(苦笑)さて、初めて触れたaccessの二人の手、二人の様子はどうだったのか?興味のある方は続きをぽちっとする前に覚悟を決めてご覧あれ。
またもここで時間をライブ前のことに戻すのですが、なぜこの握手会への参加を決意したのか。数日前にS-POSIとaccessの競演はあるのか?とかいうことも書いたしもちろんそういうのも伝えたくなかったわけではないです。accessの音楽がなければ僕は今ここにいなかったかもしれないわけだし、SEAちゃんと知り合うこともなかったんだしね。
でもそれ以上にaccessに、浅倉さんに伝えたいことがあって、それはきっと今しかないんだろうなと。今を逃したらきっと後悔するだろうなって思ったんですね。それはアルくんが天国に旅立った日が自分の誕生日と重なってしまったことで得た決意というか…なんていうんだろうな?
後々その詳細は出てくるけど、きちんと言葉で伝えなくちゃいけない気がしたんですね。この日の朝にTLを遡ってたら浅倉さんのツイートにほろりとなる出来事もあったりして。だって「アレックスに会いたいな」なんて書いてるんだもん(うるうる)言うか言うまいか直前まで迷ったけど、やっぱ言おうと覚悟を決めて臨みました。
さ?、そして時間軸を中野サンプラザに戻しましょう。ライブが終わりへとへとながらも興奮冷めやらずな僕ら。ステージからは既に二人ともいなくなり会場には終演を告げるアナウンスと追い出しのBGMが寂しく流れる。残り僅かのアクエリアスを飲み干したり汗のにおいとりスプレーをしゅーーーってやりながら(笑)少し休憩タイム。
ひとまず人の流れが落ち着いてから会場を後にすることにしていたのですが、僕自身の話ですけど弱冠足元がおぼつかない状態だったり(苦笑)いかんね?、もっと鍛えなくちゃ。それでも今回下半身へのダメージというか筋肉痛はほとんどこなかったんだよね。
ホールの外へ出るとものすごい熱気。熱い熱いライブだったことを物語るかのような熱気とこれからくる奇跡のような時間に向かう緊張からだんだんと具合が悪くなってくるようでした。空調はもちろんしっかりしてるんだろうけどぜんぜん効いてね??。握手会への列を探しているとスタッフさんの誘導があり階段の踊り場みたいなところでひとまず待機。
踊り場はもっと暑くて人口密度も手伝ってむれむれでございました。久しぶりに人に酔うっていう感覚を味わったような気がするけど、修学旅行のときの満員電車の体験よりはひとまずましだったかなって気がする。僕とSEAちゃんを始め周りの皆さんもライブ後の興奮冷めやらずでライブの思い出話に花を咲かせます。
握手回が始まるまでは待機なので列も進まず、それに加えてどんどん人が増殖していくのでむれむれ具合もマジでぱねーーっす。おもしろかったのが後ろの女の子たちが「どこで握手会すんだろうね?」って話をしてて、傍に自販機があったみたいなんだけど「ジュースとかおごってくれんのかな?ありがとう、ま?一杯どうみたいな」って言ってたこと(笑)
思わずふいたよ。どんだけまったりした握手会なんだ(爆)ま?実際はもちろんそんなことあるはずもなかったわけですが…。でもほんと緊張してたから彼女たちの会話のおかげで少し和んだよ。ここは見てないと思うけどありがとね(笑)しかしおれ、ほんとあのときぱねー緊張してたと思うんですよね。だんだん無口になってきたりたまにしゃべるとなんか支離滅裂なことを独り言で言ってたかもしれん。
そうこうしてたら9時40分を少し過ぎたぐらいからでしょうか、ほんと少しずつ少しずつだけど列が動き始めました。それとともに僕の緊張もどんどんどんどんうなぎのぼりに上昇していく。暑さと緊張から吐きそうになってきた。あんなに緊張したの何年ぶりだろう?ここ数年じゃ味わったことのない気持ち。
なんか周りがどんなに騒がしくても自分の心臓の鼓動が聞こえるぐらいって言ったらその度合いが少しは伝わるかな?あの時間はむちゃくちゃ長く感じた。きっと待ってる時間は10分なかったような気がするけど永遠の用でもあり、気を失いそうなほど苦しい感覚。泣きそうだった(笑)
早く終われ…いや、終わらないでくれ…どっちやねん。確実に前に進んでいくと同時にすくむ足元。「気持ち悪くなってきたから戻らない?」とか今この瞬間にSEAちゃんに言ったら殴られるだろうな?。でもSEAちゃん、吐きそうだよ?、助けてくれハニー←意味不明。むむ、少し列の進みが速くなってねーか?
もっとゆっくりいきなよみんな。スタッフ、流れ作業にもほどが…足元に下り階段。おっとっと、足元には気をつけないと将棋倒しだぜ。こんなところで大変なことになっちゃうぜ。気を引き締めて右手に握る白杖をぐっと握り直す。その手には滴り落ちんばかりの汗が(苦笑)変なところには気を使ってジーパンで手の汗をぬぐったり。
階段をゆっくり下りていくとSEAちゃんから決め手の一言。「いるよいるよ!!」むぉーーーーーぉーーーぉーーーーーぉーーー!!!だめだ、なんか変な汗が出てきた。いや、逃げちゃだめだ☆逃げちゃだめだ☆逃げちゃだめだ☆…しんじくん(笑)もう後には引き返せないぜ。覚悟決めろや。
ね?SEAちゃん、ここの階段って非常階段?愛だからいけないぜ、息止まるアフレクションだぜ、いや、それでもいい、はぐれてももう君なしじゃ歩けな…「HIROからだよ」と妙な妄想と裏腹に少し上ずったSEAちゃんの声で我に帰る(爆)やっぱSEAちゃんもそうとう緊張してたよね?そして目の前に現れたHIRO。
H「こんにちは、HIROです」と優しく声をかけてくれて僕の手をとる。なんかそのHIROですって言葉にすごくきゅんってなりました。HIROってさ、自分のことHIROなんて言わないじゃない?「僕」とか「おれ」でしょ?それが「HIROです」だよ。明らかに目の不自由な僕をいい意味で意識してくれてたんだと思うんですよね。
自己満足かもしれないよ。でも心臓の鼓動が聞こえるほど緊張しててもそれはおれはっきり聞こえたから。間違いなく「HIROです」って言ってたから。「ライブきてくれてありがとう」とも言ってくれた。えっと、今握手してるのは間違いなくHIROだよね?間違って前に並んでるファンの人じゃないよね、そんなへまやってないよね?
すっごい暖かくて柔らかくて綺麗な手でした。ってかHIROの声が自分が思ってたよりも低い位置から聞こえてきたのがちょっと意外だったけど。後々SEAちゃんにそのこと話したら「うん、HIROってあんまり特別背は高くないよ」って教えてくれました。180cmぐらいあんのかと思ってた。
「ライブ、かっこよかったです。ありがとうございます」って言うのが精一杯だった。とここでちょっとした事件が。流れ作業とはいえまだ握手を完了してないSEAちゃんごと僕が前に押しやられる形になっちゃってSEAちゃんパニック(汗)一生懸命逆らって手を伸ばすSEAちゃん。
それに気が付いたHIROがスタッフに「ちょっ、ちょっと待ってあげて」ってアイズしてたみたいで、SEAちゃんも無事にHIROと握手を交わすことができたようです。中野を出て居酒屋で飲んでたときにかなりご立腹の様子でしたが、「いや?、ちょっとHIRO見直したね」って力説してました(笑)さすが永遠の王子だ。
ってかそれはたぶんおれがいたせいってのもちょっとはあるよね、すまない(苦笑)やっぱ自分が後ろに立って先にSEAちゃんに握手させてあげたらよかった。さ?、そしてHIROとの握手が終わり御大、浅倉大介先生、師匠でございます。ちけーー、ちけーよ。しゃべってるよ。にこにこだ。やばい…やばす。
声の方向に手を差し出す。浅倉さんがそれに気づいて手を静かに重ねてくる。ん?柔らかい…すごい柔らかい。優しくてHIROと同じぐらい綺麗だ。あんなに鍵盤弾きまくってるからもっと筋肉質な硬い手なのかと思ってたけどすごく柔らかい。そして暖かい。
確かに憧れの浅倉大介と僕は今握手をしてるんだ。すげー…こここ、怖かったけど…おれ今触れてる。すげーーぉ!ぱねーーーぉ!いや、そんな感動に酔ってる場合じゃない。言わなきゃ。そのためにきたんだろ?そのためにここにいるんだろ?時間がねーぞ。早く…。
Y(僕)「浅倉さん。えっとえっと、今年の自分の誕生日がアレックスくんの命日に重なっちゃったんですね」
D「あー!そうなんだ。それはそれは」←そう言いながら握手している反対の手を僕の右肩に乗せてくれた。
Y「はい。だからアルのことはぜったい忘れないし、僕はアルの分まで生きてくんで…ちゃんとがんばるんで」
浅倉「うん、ありがとう。わかってるよ。ありがとうね」
スタッフ「すみませーん、前のほうにお願いしまーす」
Y「す、すみませんでした」
はい、醜態タイム終了(苦笑)わかってたよ。こういう場所じゃ自分の言いたいこと、思ってることなんて半分も言えやしないってことは。今もちょっとだけ自己嫌悪ですよ。「なにやってんだおれ、後ろに迷惑かけて」とかさ…それはそれはもう・・・ね。
翌日もSEAちゃんに少ししかられまして。「昨日大ちゃんに何を一生懸命話しよったん?」って聞かれて一部始終を話したら「それは大ちゃんどう反応していいかわかんないと思うよ。自分のうちの犬がそうなった日がたまたまそういう日だったってだけでさ、おめでとうとも言えないだろうし」(以下略)
はい、もっともなおしかりです。たぶんここを読んでくださった方の中にも同じことを思った人がいるのではないでしょうか?おしかりがあれば遠慮なく言っていただいてかまわないです。でも僕は間違ったことをしたとは思っていない…いや、褒められたことではないですけど。
どうしてもこれだけ、この生きていくってことだけは浅倉さんに自分の言葉で直接伝えたくて。こういう形でアルを引き合いに出したのもよくなかったかもしれないけど、4月17日という日が僕にとっても大切な日に変わったことは間違いないので。
アルが旅立った日、僕の誕生日、僕が生きていくこと、浅倉さんと交わした約束を確認する日。ぜったい忘れない。すごく怖かったけど言えてよかった。何より一生懸命早口で話す僕の言葉をあの中で聞こうとしてくれた姿勢(肩に手を乗せてくれた)が僕は嬉しかった。
ここにいるだけで浅倉さんにはもちろんのこと他の誰にとっても僕は役に立たない人間かもしれないですが、浅倉さんに光を送り続けられるのなら。こんな僕でもほんのかすかな光でも届ける事ができるのなら浅倉さんの力でありたいと思う。なぜならば彼も僕に光を与えてくれた人だから。
頼りないけどけして破ってはならない約束を交わせたこと、本当によかった。きょどってしまったことはよろしくなかったですが(苦笑)緊張の中で終わった握手会。本当に参加できてよかったです。今度は正直いつになるかわからないですがまた必ず会いにこよう→おわり
ということでいつものように長い長いライブレポになってしまいましたが、8月4日の記録はこれにて終了になります。ここまで読んでくださった皆さん、そしてサポートしてくれたSEAちゃんとそのダーリンさんには心から感謝を。本当に本当にありがとうございました。
正直今回は今までのレポの中で一番書いててしんどかったです、精神的に。やっぱこの握手会のこと、皆さんにどう伝えたらいいんだろうと。すごく自己嫌悪なんです、今でも。でもこれでよかったのかなって思うことにしました。
おしかりやご意見はあってごもっともだと思うし、受け止められるかどうかはわからないですけど(苦笑)おしかりは全て読ませていただきます。その覚悟で書きましたから。でもその他の感想もできればほしいな☆いろいろ聞かせてください。ではではごきげんよう!
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック