2010_08
19
(Thu)22:15

妙にリアルな悪夢

時間にしておそらく明け方。まだ外は薄暗かったように記憶しているんだけど、少し早めに目が覚めてしまった僕は「曲でも作るか」ってことでシンセに向かおうとしていた。そのとき、突然外で「どーーん!」というすさまじい音が響き家中の電気が落ちる。
真っ暗になった部屋の中、そしてその衝撃音と共に感じる熱気。外を見てみるとオレンジ色に包まれた世界がそこにあった。「火事?」どうやらあの音は隣の家で何かが爆発したものだったらしい。これは大変だ!!
すぐさま自分の必要最低限の荷物をまとめる。と言っても通帳とキャッシュカード、これだけあればどうにかなるだろう。それをバッグに詰め込んで部屋を出ると祖母もおろおろした様子で外へ飛び出す準備をしている。僕は荷物とアイを抱きかかえすぐに外に出る。
扉を開くと家の中よりももっとすさまじい熱気。階段を駆け下り1階にたどり着くと降り注ぐ火の粉の中、僕たちはひとまず自家用車のあるところまで急ぐ。子供の泣き叫ぶ声、僕たちと同じく外へ飛び出してくる近所の人々。
車までの距離はそう遠くないんだけど熱風と火の粉でなかなか前に進めない。やっとの思いでたどり着き車に乗り込む。行く当てはないんだけどひとまずこの場から逃げたほうがいいということでエンジンをスタートさせ敷地内から出ようとした僕らだったが…。
「忘れ物をした」と突然車を降りて家に戻ってしまう祖母。必死にそれを止める僕。「大丈夫、まだうちには飛び火してないから。すぐ戻るけん」と静止する僕を振り切って祖母はまた家の中に戻ってしまった。僕もたまらなくなりながらもどうすることもできず車の中で待つ。
5分ほど経っても祖母は戻らない。やきもきしているとなぜかそこへ職場の同僚がやってきて助手席の窓をたたいた。「先生。警察の方がきてるんですけど」と。意味がわからない。警察よりも消防署がきてないのはなぜ?誰も通報してないのか?ってかなぜ警察?
どうも警察はうちが火元だと思っているらしく発火するようなものがないかを聞いてきてるんだとか。「なんでうちなんすか?うちには何もないですよ」とその同僚に食い下がるんですが、「そんなことおれも知りませんよ。とにかくきてるんで一緒にいきましょう」と僕をせかす。
「そうですね、Hさんに言ってもしょうがないですよね。わかりました、行きます」とアイを車の中に残して外へ出る。降り注ぐ火の粉は更に勢いを増し熱風もすさまじくなっている。祖母はまだ帰ってこない。そっちも気にしながらふと回りを見ると近所の人が次々に倒れていく。
どうやら有毒ガスも発声しているようだ。「消防署はまだこないんですか?誰も通報してないの?おかしいやろ」と言いながら警察車両に向かうんだけど熱風と火の粉で前に進めない。そのうち僕もHさんも気分が悪くなり、更に僕よりも先にHさんはへたへたと倒れこんでしまった。
必死に抱き起こす僕の後ろで物音。振り返ると祖母も倒れていた。助けにこない消防署。燃え上がる火の手はどんどん大きくなり火の粉も僕らの上に降り注いだ。声を出すこともできず僕もついに…というところで目が覚める。目覚めてもなお動悸がしていた。
これが悪夢の一部始終なんですけど本当に本当に怖かったです。夢だということはどこかで認識してるんですよね、夢の中の僕は視力があるわけだし。オレンジの炎とかしっかり見えてるしあたりが暗いことも認識してるから。それなのに覚めないから必死で動いて声を出そうとするんだけどうまくいかなくて…。
うちの近所に住んでない同僚もなんの関係もないのに出てきてるし明らかに夢なんだけど…いや?、怖かったっす。あまりに恐怖を感じたので仕事から帰ってきて夢占いのサイトを調べてみました。すると、火事の夢だけならばいいことが起きる予兆ということが書かれていました。
ただストレスや欲求、特に性欲の表れとも書いてあったし、火事の前に爆発音を聞いているということで強い不満が積もり積もっている暗示というのも書いていました。もろじゃん(苦笑)そして消火活動の模様が出てきていないうえ規模がでかいのでどうしようもない欲求不満ということになりますか?
職場の同僚が出てきているから仕事関係の不満、そして性欲っていうのが一つキーポイントなのかもしれません。両方ともどうしようもないですな(苦笑)けど同僚については仲の悪い人ではなかったので何かキーパーソンだったりするのかも。
こんな夢を見て目覚めたもんだから1日中気分が悪くて憂鬱だったんですけど、夜はシンセサイザー奏者の松武秀樹さんが神宮の花火大会の様子をライブ配信してくれて、それをtwitter上のフォロアーさんたちと一緒に見させていただいたり。
僕はお酒が飲めないので烏龍茶で参加だったんですが、皆さんのツイートや松武さんが時々入れてくれる解説を頼りに遠く離れた大分から花火を観賞。文明の利器に感謝ですね。離れたところに住んでいる皆さんがこうして同じ花火を見られて感想を言い合ってるというのが不思議な感覚。
配信してくれた松武さんに心から感謝。浅倉さんもお仕事の途中にご覧になってたらしいですけど、日本の夏をネット上で体感いたしました。これで今日はぐっすり眠れそう…って寝る前に花火を見るとおねしょするとかなかったっけ?やだ、今日は悪夢は勘弁してくれ(笑)
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック