2010_08
31
(Tue)23:34

AXSライブツアー2010、ファイナルまとめ(後編)

☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
今日で8月も終わり。日に日に夜の秋の虫の大合唱が大きくなってきた今日この頃。学生さんは夏休みが今日で終わりという人がほとんどだと思いますけど、宿題終わったかおまえら(笑)個人的には算数とか国語なんかはどうにかなるとしても日記だけは地獄でしたね?。
記憶力はそんなに悪いほうじゃないと思うんだけど、さすがに2週間も3週間も前のことは覚えてないからほんと苦労した記憶があります。大人になった今でこそこうして毎日ブログを書いてますけど、今は楽しんでやってますからね?。まだ終わってないみんな、ざまーみろ(笑)
僕DYは今年31になったわけですが、この8月31日という日はこの年になってもどこか慣れないですね。子供の頃に感じたなんともいえない切なさが今でも戻ってくる。楽しかった夏休み、海やプールではしゃいだり近所の子たちと毎日のように汗だくになって1日中走り回った夏が終わってしまうみたいな。
大人になって普通に仕事してる毎日でも8月31日は寂しい。でも明日から9月、そして2学期(笑)秋は秋でいろいろ楽しいこともありますからね、美味しいものもたくさん食べられるし。いつも苦手な季節だけど今年こそはいい秋にしたいな。今年の夏は本当に厳しい暑さでしたけど、それももう一息ですよ。
そして今日はPULVERIZEBEATを7月まで運営していたらじろぐが終了する日。今日を境にサイトそのものが消えてしまうというかなかったことになってしまうのは正直悲しいですけど、らじろぐで得た経験を胸にseesaaでもがんばって更新していきますので、パラビもどうぞよろしくね。
さて、しんみりなってばかりもいられない。こちらも2010年の夏のやり残しを一つ片付けないとねってことで(笑)昨日に引き続きaccessのツアーファイナルについてのUSTレポ、その後編でございます。すまない、1日で終わらせるつもりがこんなことになっちまった(爆)
もしかしたら皆さん読みながら「ぜったい終わらないよ」なんて思ってたかもしれないですね。身の程を知りました、はい。ということである意味終わらせてしまうのも寂しいですけど、しっかりここで感想を書き残して2010年の夏を締めくくりたいと思います。
ということで興味のある方は続きをぽちぽちっとしてご覧くださいませ。
HIROのソロコーナーが終わってしばしの静寂。その中から聞こえてきた神秘的なSE。これを聞いてて4日の中野で具合が悪くなったその原因がちょっとわかった気がします。なんかね、このSE聞いてるとすごく暖かくて優しいものに包まれるような感覚があったんですよ。
パペマスでアルくんの声を聞いたというのもあったし次曲のメッセージもそうなんだけど、このSEで高ぶってくるものがあったというか。映像化も含めてこういうSEは形になっていないものがけっこうありますけど、ただ繋ぎの効果だけではなくてしっかり土台を支えている音の力っていうのはすごい。
途中スピーチシンセが何をしゃべっているのか、せっかくのUSTだし聞き取れたらいいなって思ったけどやっぱり無理だった(苦笑)宇宙船との交信にも聞こえるし、空の高いところにいるアレックスくんへの呼びかけにも聞こえる。そしてアナログシンセの加工音とともに次曲、Higher Than Dark Skyへ。
ファイナルということもありますがただただ感動。二人の歌や演奏もすごく丁寧でなおかつ力強かった。本当に大気圏を突き抜けてしまいそうな時間。曲の終わりには思わずアルくんの名前を叫びながら目から汗を滴らせる僕。アル、ありがとう☆☆☆パパたちのこと、空の上から守ってあげてね。
続いては定番中の定番曲、MOONSHINE DANCE。このアレンジもすごく斬新だけどいいですね。いったいこれ、幾つアレンジあるんだろうね(笑)なんかライブのたびにアレンジされてるんじゃないかって感じ。ライブの数だけムンシャイのアレンジありってこと?これまた座ってられなくて思わず立ち上がりました。
あ、実際会場にいらした方も含めて質問したいんだけど、最後のムンライプレイで客席から笑いが起きてたよね?USTでもしっかり拾ってましたけど、あれはいったい何が起きてたのかい?また例の如くどっちかがムンライプレイし忘れてたのかい?しかし配信で見てるのに手に汗握りましたわ。accessはテラかっこよす。
EDGEでは比較的落ち着いた演奏だった印象の浅倉さんに対してHIROはのりのり。その熱さがパソコンを通じて伝わってくるようでした。ぱねーー。更に次曲のHung Me For The Distanceもまた突き抜けるような気持ちのいいアレンジ。この曲では思わず気持ちよさから寝転がってみたよ(笑)こういうことができるのも家ならではですよね。
さ??、続いてはこれまた定番曲になりますLife goes on。会場中がほんと楽しそうでその様子がこちらにも伝わってくるようです。浅倉さんもがんがんにKXをプレイしてたけど、1番終了後の手弾きフレーズのチューニングが気になったのはおれだけ(笑)明らかに半音ずれてたんですが…。
それをツイートで突っ込もうとしたときに事件が。うちのPC固まった(爆)余計なことしようとしたもんだから制裁がくだったようです。すすす、すみません浅倉さん。たぶん音はそのまま進行してたから完全に固まってはなかったんだろうけど、パソコンの中の人がまったくしゃべってくれなくなり仕方なく再起動を。
瞳の翼がまるまる見られなかったんですがダウトラの途中から復帰。2曲分の鬱憤を晴らすべく体を動かしながらがんがんにツイートしてみた。これが自宅で見てるライブなのかってぐらい汗だくになりながら頭も振りまくり、手も上げまくりで、曲途中からだったけど盛り上がってましたね?。
もうPC固まったことなんかどこかに吹き飛ぶぐらいの勢いでした(笑)曲が終わってアンコールの手拍子も会場の皆さんと一緒に。「アンコール、アンコール」とツイートも入れながら水分補給も抜かりなく、そうこうしてたら割と早く…10分もなかったんじゃないかな?お2人が帰ってきました。
「大気圏を突破してみんないい感じに燃えてるよ」というお話でHIROが「みんな、燃えてる?」とコールすると客席が「イェーーイ!」と答える。「燃えてる感じはしないけどね。なかなか珍しいよ、燃えてるって客席に聞くライブも」と浅倉さん(笑)ま?そうだわな。でも今回は大気圏突入ツアーですからありなんじゃね?
んで宇宙はすごいというお話で銀河系を写した本があるらしくそのお話をする浅倉さん。ページ2枚分がストロー一つ文の銀河…みたいな話を始めました。そして今僕たちが見ている星の光が何億光年、光の速さで何億年でどうのこうの…。会場もHIROもこちらがわもこれ以上になくきょとんとしてしまった時間(笑)
「待ってね、語りたいんだよ。もうちょっとで終わるから」ってなおも熱く語る浅倉さん。それでも無反応な会場とHIROに「もういい、帰る」とだだをこねだす(笑)しっかりHIROになだめられてたけど…。時々ライブ中のMCでこういう難しい話して客席ついてけないことありますけど、今回はぱねーかったね。
そっから天体望遠鏡の話になったんだけど、「天体だよね?変体じゃないよね」とかまたあらぬ方向に話が行き始め、「今日ここにいる変体の人は手を挙げて」とか妙なことに。挙句の果てに「よし、今日はみんな強制的に変体でいこう」というリーダーの発言が(爆)このエロじじいめ…好きだよ(笑)
ということでまたとっ散らかったMCになっちゃいましたが世界の果てでUSTを見ている皆さんにはどう映ったのでしょうか、不安だ。不安すぎるぜ。曲をやってるときとしゃべってるときのギャップがぱねー!愛してるけど(笑)ということでいつものHIROの「まだまだ帰りたくないよね」というあおりに突入。
「帰りたくないよね?。ボクも帰りたくないもん」と乱入してくる浅倉さんもよかった。んで悲喜こもごもいろいろありまして(笑)Dream Runner。これもすっごいHIROも浅倉さんものりのりで会場楽しそう。僕もまたじっとしてられなくて家の中でのりのりでした。やばいやばいやばい、ボルテージが上がっていくぜ。
次曲のGONNA BEでは会場はシャメ撮影タイム。USTということで僕は演奏に集中しながら参加させていただきましたが、浅倉さんのギターがね、もうちょーちょーちょーかっこいいんだ☆フィルインで「ウィーンウィーンウィーーン」ってやるとことかもうやばかった、惚れ惚れします。失礼を承知で書きますが、腕をあげたね?。
続いては夢を見たいから。「USTで見てるみんなも一緒に歌おうぜーーー」というあおりが。自分以外のツイートはわかんないんですけど、僕は大サビ部分で歌詞をつぶやきながら参加。もちろん実際にも歌ってました。時間も空間も何もかもを飛び越えて中野の皆さんと一体になれた気分。
そして最後、本当に本当のラストはもちろんSOUL DYNAMITE。これはもう僕自身もそうですけど会場中、UST中で盛り上がってたと思う。つぶやきまくってたし歌いまくってたし飛び跳ねまくってたし、とにかくUSTを通じて少しでもこっちの熱も向こうに届けたくって。もうぱねーやばかった。
みんながみんなそれぞれの魂を爆発させてるかのような盛り上がり。ツイートもものすごいことになってたんだろうな?。ひとしきり暴れた後は会場中から惜しみのない拍手が送られる。さいこうさいこうさいこーーーーーぉーーーーー、access最古ーーーーーぉーーーーーぉーーーー!!
ファイナルということで今後のお知らせなんかもありましたが、accessとしての活動は暫く小休止ということで今年はそれぞれの活動に邁進するというお二人。HIROはソロアルバムが出てソロツアーがあって、来年にはミュージカルだっけ、演劇だっけ。また俳優業もがんばるみたい。
浅倉さんはなんとヨーロッパに一月滞在という発表。ぱっと頭をよぎったのがワンコのことなんだけど、その他にもいろいろと心配になる発表でした。治安の問題とかもあるし…。でも2人とも今後のaccessに向けてということをしきりに言ってたし別に解散や引退宣言をしたわけじゃないんだしね。
「またいつ召集をかけるかわかんないからね。それまでいろんなアンテナをいっぱい張り巡らせていつでも動けるように準備しといてください」という次への約束も聞けたし、「今年のこのツアーで大気圏を突き抜けて、なんだか新しいaccessの未来が見えたような気がするわ」とも言ってくれたし。
いろいろあるけど僕もがんばってその日まで毎日を生きていこうと思います。最後の最後、HIROも浅倉さんも会場との一時を惜しむかのように何度も何度も挨拶をしてステージを後にしていきました。いやはや、USTではありましたけどライブと同じぐらいの脱力感と達成感がありましたね。
ほんとこのような素敵なチャレンジをしてくれたスタッフやaccessのお2人、そして会場もUSTもふくめてあの瞬間に立ち会えた全ての皆さんに心から心から感謝。最高で熱いぱねー時間を本当に本当に本当にどうもありがとう。
ちなみにライブ終わってtwitterを見てみると、uST組みと現地組、特に握手会待ちのファン仲間の皆さんのツイートでいっぱい(笑)ライブ中だけではなく終わってからもこうやって時間を共有してるというのがすごく不思議だった。みんなにお疲れを言いながら文明の利器にも感謝でしたね。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/09/02 (Thu) 09:57 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック