2010_09
09
(Thu)23:45

シンセノお医者さんがやってきた

先ほどのことになりますが、JUNO-Gの不調をこのままほっとくわけにもいかないということで、このシンセを買った楽器屋のご主人にわざわざきていただいてました。ひとまずメモリーが認識しないということを伝え、洗浄して付け替えていただくことに。
夜9時過ぎという遅い時間にも関わらず嫌な顔一つせずきていただけたことになんだか申し訳なさも感じる僕なのです。これでだめだったらどうしたらいいんや(苦笑)なんとか奇跡を信じてレッツトライ!
慣れた手つきでシンセの底の蓋を外しメモリーをいったん取り外す。接合部を綺麗に洗浄していただいて取り付け。底の蓋もしっかりと取り付けていざスイッチオン。中のデータを読み込んでスタンバイOK。
メモリーがきちんと認識されたことを確認するために取り説に書かれていた方法でシステムを調べる。512MB、確かに表示されているようだ。さすが楽器屋のご主人だなって思いました。
ま?たかがメモリー取り外して洗浄してっていうそれだけのことなんですけどね、僕には怖くてでけん(苦笑)昔カセットテープを分解してヘッドを取り付け直してた先輩がいたけど、あれも怖くてできなかったからね。
メモリーもきちんと認識されたしこれで一安心。またがんがん曲をレコーディング(オーディオデータとして書き出す作業)ができるぜ。「また何か不都合なことがありましたら遠慮なく言ってください」とご主人も相変わらずにこにこしながら帰っていった。
なんていい人なんだ(涙)いくらお客さん商売だからって大分から別府まできてくれるのもすごく大変なことなのに…。ありがたさを噛み締めながらテストで2曲ほどミックスダウンしてみた。1曲目は4分ほどの曲を問題なくCFカードに保存ができた。
「よし、これはいける!」と思ってもう1曲トライ。しかーーし、4分ぐらいの同じ長さの曲で試してみたのにこれは保存できず。改めてデータを読み込みなおして最初の曲でミックスダウンを試みるもこれもできなくなってた。やっぱりだめなのか?メモリー死んでる?
家族の目をお借りすると、先ほどまで表示されていたメモリーの512MBという数字が綺麗さっぱり消えてました。やはりメモリーがご臨終のようです(涙)せっかく楽器屋のご主人にきてもらったというのに…これはもうしょうがない、メモリー買い替えだね。
JUNO?GとPCを直接繋げばダイレクトでデータの移しができるので問題は解決するんですけど、いかんせんPCとシンセノ場所が少し離れてるのでそれもできなくて。うーー、音楽専用の自分の部屋がやっぱほしいぉ(涙)
メモリーも安いものではないし今この状況ではちょっと厳しい、しかも168ピンのメモリーはもう取り寄せるしか方法がない。窮地と言ってしまうと大げさかもしれないけど正直今、この時点ではどうしようもないのでかなりへこんでて。
機会のトラブルや故障は予告なくやってくるものなのはわかってますけどやっぱショックだね。今まで使えていたものが自由に使えない不便さよ。ここのところ曲を作る気力はなかったけどやっぱり僕にとって音楽、シンセは大事な玩具であり趣味なんだな。
とりあえず暫くは音楽的なことを休止しなくてはならないのですみませんって感じです。ニコニコに上げたい曲もあるし頼まれ者も幾つかあるんだけど…この場を借りてですがほんと申し訳ない。もうちょっと稼ぎがよければすぐにでも対処できるんですがほんと自分の技量が足りないために(苦笑)
ただメモリーは死んでますが楽器そのものの機能は無事です。シーケンサーも動くし音もきっちり出るので、作って自己満足する文には問題ないです。形にするまでに少し時間をいただきますというところなので、一国も早くそれができるようにがんばりたいと思います。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック