2010_09
12
(Sun)23:21

人の振り見て襟を正すべし

今日も何事もなく穏やかで平和な日曜日。気候がよくなってきてほんのちょっとの朝寝坊が増えてきたせいで6時15分からのドラゴンボール改をまたも見逃しましたけど(笑)朝ご飯を食べてポッドキャストの更新に始まって…といつもな感じで。
ということでDYのPULVERIZEBEAT、137回目が今週も配信されております。パラビについてもちょいちょい波があるんですが、今はすごく楽しく収録できてるなって思ってる。
それが聞いてくださる方にもうまく伝わってくれたら嬉しいなと思うんですが、ぜひぜひ今週もよろしくお願いします。そしてここのところ反応がちょい薄いので(苦笑)メールやコメントをいただけると幸いです。各種コーナーありますのでそれぞれの方法で送ってきてくださいね、待ってます。
そして夕方からはニコニコ生放送。主にシンセ使いの皆さんのための捜索番組ということで行われているアソビバーチェという企画物の番組で、シンセ界においてはかなりお偉い方が関わっているという番組。
なんつったって日本シンセサイザープログラマー協会の会長と副理事長が出て来るんだよ。会長の松武さんも副理事長の氏家さんもついこの3年ぐらいで知った方たちなんだけど(苦笑)松武さんなんて4人目のYMOなんて言われてたぐらいすごい人なのに…。
氏家さんについてはyoutubeにアップロードされているミュージックトラックの動画、主にシンセやDAWソフトの紹介動画で知った方。とにかく説明がわかりやすくて楽しくて、個人的にですけどシンセ会のジャパネット高田社長と呼んでいる(笑)それぐらい引き込まれてしまう。
そして今回この番組に浅倉さんが出るということですごく楽しみにしてました。僕の勝手なイメージなんですけど、キーボーディストさん同士って集まればけっこう話が盛り上がるんだろうけど基本的につるんで行動しないというか(笑)ましてや集まってセッションなんてあんまりないよね。
多くても2・3人ぐらいじゃない?それが今回MCの女の子と合わせて6人ですよ。6人のキーボーディストが並んでセッションしたりそれこそ番組タイトルじゃないけど遊ぶんだぜ。こんな貴重な番組、浅倉さんも番組最後で言ってましたけどニコニコならではですよ。
それに6人が同世代っていうんじゃなくて、松武さんぐらいの巨匠な方からその娘さんぐらいの年代の方が6人集まってセッション。こういうのもなかなかないと思うし、特にシンセマニアにとっては非常に貴重な場であったことは間違いないですね。次回が最終回ということのようでなんだか残念です。
僕はどうしても時間的な都合がつかなくて最初の15分ぐらいと最後の30分弱かな?見させていただいたんですが、とにかく6人でのセッションコーナーはぱねーかったっす。マジぱねーかったっす。改めてタイムシフトで見させていただこうと思ってますが、その半面で残念な出来事もありました。
twitterで皆さんの感想をたどっていたときに判明した事実なんですけど、ニコ生のコメント欄に一部のDAファンが痛いコメントを残していたそうで。「大ちゃんをもっと映して」とか「他の人はどうでもいいよ」なんていう発言もあったとか。これは非常に残念でならない。
みっこさんの生放送でもこういったモラルの欠如した一部のDAファンの発言が物議を呼んだということがあったそうですが、ニコ生に限らず最近ちょいちょいDAファンとモラルの問題がここそこに出てきていてなんだかなって感じです。皆さんファンゆえに熱くなってしまうのはわかるんだけど、もうちょっと考えられないかな。
ほんのちょっと考えれば誰でも気がつけることなんだけどね。みっこさんの放送にしても今回のアソビバーチェにしても浅倉さんはあくまでお客様なわけで、アソビバーチェに関してはDAファンだけじゃない、一般的なシンセファンやDTMファン、ボカロファンの人も見ている番組なわけですよ。そこへきて「他の人はどうでもいいから大ちゃんを映せ」ってそれは違うだろと。
実際コメントの中でもそういったDAファンの発言は失笑をかっていたようで、それでも痛いコメントは止まらなかったみたい。もう経歴的には立派にベテランの浅倉大介さんですがこの世界においてはアイドル的な印象は否めず、知名度も人気も申し訳ないですがあの中ではトップクラスでしょう。
でもお客様なんです。コメントの影響からか後半、特に6人セッションのときは浅倉さんをメインに映していたようですがそれはなんか違うって思う。6人それぞれのソロパートもあったんだし皆さんすごく和気藹々と楽しそうにセッションしていた。これが音楽の力なんだなって思ったし、音だけ聞いててすごい感動したんですよ。
だからこそこういう話を聞いちゃうとなんだかなって思うんですよね。さっきも言いましたけどファンゆえに熱くなってしまうのもわかりますが、送信ボタンを押す前にちょっと、ほんのちょっとでいいから周りを見つめる気持ちの余裕はほしいかな。なんて偉そうなことを言ってる僕も実際痛いことをしてる可能性はあると思う。
先日の握手会とか(汗)幸いにも近くで僕のことを見ていた人から「ぜんぜんそんなことなかったですよ」「大ちゃん喜んでくれてましたよ」って言ってもらえることが多かったので安心はしてるんだけど、どう考えてもあの状況で褒められた行動ではなかったと思うし。
人それぞれ感じ方は違うからあれが痛いと思う人もいて当然だと思ってるし。だからこそ今回のこのことで僕も襟を立て直さなきゃいかんなと思ったりしているわけです。一人一人の気配り一つでこういうことっていくらでも回避できるものだと思うから。せっかく楽しいイベントも後にしょっぱくなるのはもうやですわ(苦笑)
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック