2010_09
14
(Tue)22:06

浅倉先生のお歌の時間

いいかげんうざくなってきたのでそろそろ書いとこうかな。また最近になってこの徒然ブログの一番最初のエントリーに出会い系サイトへ誘導するエロエロコメントが頻発しております。もうそれはそれは毎日のように、ここ3ヶ月ぐらいか?
最初のうちはこのブログ自体についてるIPブロックを使ったりFC2さんに通報したりしてましたがまったく効果がなく、ってかそもそもFC2以外のサイトからの迷惑コメントは通報しても無駄だということがわかり←早く気づけよ自分(苦笑)
かと言って認証画面を表示させることは視覚障害を持つ方にとってコメントしづらい上京を生んでしまいますし、迷惑コメントを垂れ流すやからはそんなもん痛くもかゆくもないんだろうしね。さてどうしたものかと検索をかけたところIP広場というサイトを見つけまして。
ここから毎日コメントを送りつけてきた方のIPアドレスを通報しまくっております。ある意味これが最近の僕の朝の日課ですね(笑)あまり効果はないように思いますが、一度は通報していたIPが22位とかいうランクでスパムコメントを垂れ流していたもののようでそっからはこなくなりましたね。
とりあえずうちのブログ、たまにエロネタなんかもあったりしますが基本18歳未満でも見られる安全なサイトとしてやっていくつもりなので無駄です。今後も見つけ次第じゃんじゃん通報してやりますのでそのつもりで。ちなみにそのIP、ほとんどが関西のとある県からのものなんですが、業者が集中してるのかな?
さて、今日もいたって健全な内容を書いていこうかと思いますが、先日も書きました舞踏戦隊バランサーズVについて。その10回目が更新されてたのを今朝のDAファン仲間のツイートで知ったので早速見てきました。朝から浅倉さんを見られるなんてやばす(笑)
今回はボーカルレコーディングに向けた歌の指導ということで再び浅倉さんが登場。いつもトークの部分で見せる天然な感じとは打って変わって←失礼?(笑)もうまさに音楽家の顔、プロデューサーの顔でしたね。こういうギャップが女子たちにはたまらんのだろうな。
「まずはボク、何も言わないんで歌ってみましょうか」ということで5人に自由に歌ってもらうことに。案の定歌がそろわない。「なんかやる気のない感じがしたな?」といつになく厳しい口調。歌の始まり、ブレスの使い方、そして歌の閉め方。
こういったところを細かく身長に始動していく浅倉先生。優しくて厳しくて、でも的確なその始動で歌がどんどん合わさってくる。みんなの気持ちがばらばらだったのにどんどん構築されていく。シンセで表現すると浅倉さんはクオンタイズの役割をしているんだね。
そしてそれぞれのパートの始動に映るわけですが、ここで浅倉さんはピアノを弾きながらデレクション。これもまたプロデューサーの顔というかすげーかっこよかったっす。浅倉さんに限らずこういうミュージシャンらしいミュージシャン、好きだわ?。
ひととおりデレクションが住んで1番の段取りが決まったところで2番のソロパートを歌う順番について浅倉さんからびしっとした一言が。「2番は、考えてください」えーー!こ、これもプロデューサーとしての戦略なのか?支持するだけじゃない、任せるということ。
でもそうですよね、支持することは簡単だけど、楽曲は浅倉大介のものであってはいけないわけですよ。バランサーズたちのもとに届いた歌は彼らを通じて発信されなくてはならない。彼らが自発的に考え行動し吸収することも大事だもんね。
しかしニコ生にしてもこのバランサーズにしても、表で知られている浅倉さん以外の裏の顔っていうんですか。特にこのバランサーズはミュージシャンとしての巣の部分が見られてほんと嬉しいです。デモ段階の音も聞かせてもらえたりこうしてデレクションの様子を見せてもらえたり。
僕としても今後の音楽活動の中で盗めるもの、勉強になった部分が多かったかなって思ったりしています。その前にシンセどうにかしなきゃね(苦笑)がんばってお金貯めてDIMM買うぉ。レコーディングできるようにするぉ。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック