2010_09
17
(Fri)22:40

馬鹿にしてんのか?

季節は着実に動いていて今朝も涼しい涼しい朝。就寝時も起床時も本当にすがすがしくなってきた感じです。たま?に寝ていて暑くなってもそもそ起き出してクーラーのリモコンをぽちっ…なんてこともありますが(笑)
明日からはささやかですが連休だし、このすがすがしさに乗って今日1日がんばろうかなんて思ってたら、朝からやってくれた人がいましてね?。あんまり他人の悪口をこういう場所で書くのは好きじゃないんだけどさ、聞いておくれよセニョールセニョリータ。
昨日から我が職場に実習できている学生さんがいるんだけど、今朝更衣室で一緒になったのです。白衣に気が得ようと入ったらその学生さん、なんの躊躇いもなく僕のロッカーをがちゃっと開けて「先生、こちらですよ。わかりますか?」って言ってきやがった。
ま?たぶんね、たぶん彼は目の不自由な僕を気遣ってしてくれたほんの親切のつもりだったんだと思うんですよ。あれこれ突っ込みどころはあるんですけど真っ先に「馬鹿にしてんのか?」って思ったね。ロッカーぐらい自分で開けられるっつ?の。
せめてロッカーの位置をこんこんって鳴らして「こちらですよ」っていうぐらいならまだいいんだけど、他人のロッカーをがちゃって開けるってのはそもそもどうなんだって話ですよ。一応プライベートな空間じゃない?それが異性であれ同性であれさ。
しかも僕が着替えてる間ずーーっとこっちを見てるんですよ。さすがにきもいって思った(汗)なんなんだよ、てめーホ○か?本気で切れそうだったけど朝一番からそれはどうなのかなって思って必死でブレーキかけたさ。
こんだけ朝が涼しくなってきて気持ちのいい状態なのに仕事を始める前から気分が重くなっちゃうのはやじゃない。それも明日から連休っていうタイミングで。それにいくら学生さんとはいえこの世界に実習にくる人は自分よりも年上であることが多いので、注意するにも勇気がいるんですよ。
あまりに頭にきたんで昼休みにtwitterでつぶやいたら、やっぱすごいね。10分と経たないうちにリプライがきてすごく救われる思いでした。その横でそいつは高いびきかいて寝てたけどね(笑)もうほんと久々にきましたね?。
ここを見てくれる人にももしかしたら傷害のある方に接することがあるかもしれない。そういう方たちに一つ言っておきたいんですが、行動よりも言葉をくださいってこと。確かに「あ、困ってるのかな?何か役にたてたら」という気持ちはありがたいです。
車椅子に乗っている方も白杖を持っている方も手話で会話をされる方も、見た目には健常者の方に比べると不自然なこともあるかもしれません。現に僕も時々一人で歩いていると危なっかしいって思われるみたいです(笑)
でもね、それでも案外普通に生きてますよ。どっかのいかさまチャリティー番組みたく障害者=体が不自由でかわいそうな人っていうのは僕に言わせると違うなと。もちろん人それぞれで個人差はあるけど、視力がないってだけで普通に人間やってます。
だからもしそういう人たちを見かけたら声をかけてあげてほしいんですね。「何かお手伝いしましょうか?」っていう一言でもいいし、「こんにちは!どこに行かれるんですか?気をつけてくださいね」ってだけでもいい。何よりもそういう声かけが少なくとも僕はすごい嬉しく感じるな。
今回のケースみたいにいきなり「目が不自由だからロッカーを開けてあげなくちゃ」とか「あの信号を渡りたいんだな。連れて行ってあげなくちゃ」って思ってすぐさま手を引っ張ったりされると、かえって僕は不快な思いがするし恐怖を感じる人もいるみたい。
そういうのもありで僕はオフラインの世界に依存してしまうのかもね(笑)ネットだと僕が視覚障害だろうとなんだろうと繋がってくださる方はほんと自然な流れで声をかけてくれるし繋がってくれるし。事実を告げるとびっくりされることも多いけど、案外「そうなんだ、ふ?ん」で終わることも多いし。
なんせネットはまず一にも二にも声かけから始まるじゃない?そういうところが自分にはあってるのかもしれませんけど、オンラインの世界でももっと人と人が声をかけあって繋がっていけたら案外それで救われることもあるのかもなって思います。そんなことを感じた今朝の出来事でした、ちゃんちゃん。
☆ブログランキングに参加しています。押していただけると嬉しいです→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック