2010_10
12
(Tue)21:04

我が家に地デジがやってきた

今日の自分的な楽しみはなんといってもこれでしょう。仕事中もどこかそわそわ落ち着かなかった子供のような私。しかも自分の部屋のテレビじゃないのに(笑)ということで先日お買い上げしてきました記憶するレグザが我が家にやってくる日がきました。
居間のテレビの画面が変な色になってきたこと、祖母のテレビデオが壊れたことで晴れて我が家もアナログから脱却して地上波デジタルの電波をいただく仲間になれたわけです。自分の部屋のテレビデオもビデオ部分がまったく機能してないんですけどね(苦笑)
ま?先日も書きましたがまずはこの2台ということで。僕のもいずれ変えますがもう暫くアナログでいいや…みたいな(笑)でもひとたび地デジの電波を浴びてしまうとやばすですね、ほしくなる。
仕事からわくわくしながら帰ってきたらなんか家の空気というか音増?まるで違うんですよ。「ただいま」を言ってその次の台詞が「テレビきたんやな」でしたから(笑)まだテレビがきたことを教えてもらってないのにそう言い放った僕に祖母は驚いたみたい。
そりゃそうだよね、「テレビきたの?」じゃなく「きたんやな」ですから(笑)こういう発言から祖母に限らずだけど僕が視力にハンディーを持っていることが信じられないみたい。でもテレビ1台変わるだけで驚くほど家の中の空気が変わるんですよ、理解しがたいかもしれないけど。
それでやっぱ地上デジタル放送、音がぱねーなと。おそらく映像もものすごい綺麗なんだろうね、今ハイビジョン放送とか当たり前だし。でも高温の伸びとか低音の迫力とか、音の強弱の変化や人間の息遣いまで聞こえてくるような感じ。
アナログの余計な部分を排除したクリアな音質がいいよね、どうしてもアナログってノイズが混じっちゃうから。そしてひそかな楽しみなのが、アナログ放送と比較しての弱冠のタイムラグ。たぶん1秒とか1.5秒とかなんだろうけど遅れてるんですよね。
話には聞いていて、このタイムラグの関係上テレビから時報が消えたというのも有名な話なんだけど、「ほんとなんだ」とちょっと感動(笑)自分の部屋のテレビと居間のテレビのチャンネルを同じにしてその時間差を楽しんでました。
たぶんこんな見方してるのって僕だけなんだろうな(笑)アナログとデジタルが共存するからこそできる不思議な時間旅行。家族にしたら「こいつなにやってんだ?」みたいな感じなんだろうけどね(笑)完全に怪しい人でしたけど、僕の部屋のテレビがまだアナログである以上暫くは楽しめそうです。
そういえば違うチャンネルでたまたま同じCMが流れたとき、ほんのちょっとだけどタイムラグが生じるじゃない?それで自分の部屋のテレビと居間のテレビをつけてそれを楽しんでたことを思い出しますね。簡易ディレイですよ(笑)
あとNHKの国会中継や甲子園なんかもそうなんですけど、テレビとラジオでこれまたほんのちょっとのタイムラグが生じるんだよね。それも楽しんだりしてたな?。変な趣味を持っててすみません(笑)あとすごい今更な話をしますが、地デジって電波に乗って番組票も見られたりすんのね。
それを使ってビデオ録画ができたりとか。これも話には聞いてたけどそのシステムがぜんぜんわからなくて、新たにネット接続しなきゃいけないのかなとかいろいろ考えたんですけど、今朝その詳細をtwitterで教えてもらって。なんか地デジ、ぱねーなと(笑)僕も早く地デジにしたくなりましたなう。
☆ブログランキングに参加してます。クリックよろしくだぜ→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック