2010_10
19
(Tue)21:55

君がそばにいれば、ずっとずっと笑ってる♪

残念ながらクローズしてしまったのですが、僕も楽曲をアップロードしていたヤマハが運営するマイサウンド(プレイアーズ王国)というサイトがありました。そこで5年ほど前に出会った楽曲があって、当時のユーザー名は忘れてしまったのですが君がそばにいればというタイトルの曲。
照会文には「浅倉大介さんのデビュー10周年を記念して作った曲です」ということが書かれていたと記憶しています。それで初めてその楽曲を聞いたとき、すごく震えがきたのを覚えています。メロディーラインや音使い、詞の構成など全てがどつぼでした。
曲調や音使いは確かに浅倉さんの影響を強く受けているんだけど、どこか暖かさを感じたというか。またクオリティーの高さもあって、あまりに曲が素晴らしかったこともありファン登録を申請したこともありました。それにサイトには1番しか上がっていなかったのでフルで聞いてみたいという気持ちもあって。
残念ながら無視されたようですけどね(笑)でも今から書くことを考えたら全てが繋がります。そう、プロの反抗だったのです。時々この曲のメロディーが頭の中でぐるぐるすることがあるんだけど、今日もその波がやってきて、ふと調べてみたんです。おぼろげに覚えている歌詞のフレーズを書き込んで検索ボタンをプッシュ。
するとそこに表示されたのはなんとYumikoという文字。も・も・も、もしかしてこれはアソビバーチェのMCのYumikoさんなのか?そうなのか?にわかに信じがたい事実を突きつけられた感じだけどなるほど、全てが繋がります。途中までしか聞けなかったこと、フレンド申請を無視されたこと、浅倉さんをリスペクトしていること。
無視されたって言うと語弊がありますけどね(苦笑)でもやはりプロで活動しているとなるといろいろ大変だもんね。よくは覚えていないけどそういえば王国に登録されていた名前もYumikoだったのかもなと思ったりもしています。それで、これだけのネット社会だしどこかで試聴できるのかなと思っていろいろ探してみたんですけど、それができないんだよね。
インディーズレーベルらしきところから2003年にCDとして発売されていることは確かなんですけど、どこを見ても試聴できるようなページがなかった。YumikoさんのHPらしきところも見つけられなかったし、ITUNESで配信されてるかと思って調べたけどなし。これは買えということなのか(笑)プレ王も終わっちゃいましたからね、今のところそれしか手段がないかもね。
確か1800円ぐらいだったと記憶してるし、バイトを始めたことで少しお小遣いにも余裕が出てきたから、ちょっと買ってみようかなと思ったりしています。浅倉さんの影響を受けていてしかも女性のクリエイターというのはいそうでいなかったりするし、他の曲も聞いてみたいですしね。それに「君がそばにいれば」に出会えたことで「おれもがんばらなきゃ」って思えたのもあるし。
うまく言えないんですけど、いつかこういう思いを音楽に乗せて浅倉さんに届けるっていう。初めて聞いたのが5年とか前なんですけど、そんときは今みたいなレコーディング環境なんてなかったしシンセも1台でちまちまやってた感じ。スタンスは今と変わってないかもだけど音は今より限界なところはありましたからね。
もう1回「君がそばにいれば」に出会いたい、そして感じたい。実は浅倉さんのラジオ、やんちゃのコーナーに投稿したいと思いつつなかなか勇気が出なかったりするんですけど、なんとなく今これを聞けたら背中を押してくれそうなそんな気がする。もっかい音楽と向き合うためにちょっと過去への旅に出てみようかな・・・なんて。
そんなことを感じた今日の出来事でしたが、話はぜんぜん違いますけど今日は朝からかゆかった(汗)昨日は偏頭痛、そして今日は蕁麻疹。もうたまんなくて朝から薬飲んで出勤したんですが、午後から猛烈な眠気と戦いつつ、ほんとまいりました。というわけで今日は寝る、おやすみww
☆ブログランキングに参加しています。クリックしてください、よろしく→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

そういえば・・・

ピアノをちょいと弾ける女性の人はいても、シンセや打ちこみの世界にいる女性の方はプロ、アマとも少ないですよね。
そして浅倉大介氏の影響を受けてとなると、また人数が少なくなると言う^^;
浅倉大介ファン繋がりの友人などを考えてみますと、確かにシンセや打ちこみ関係の話ができる人がいなかったりします。
いても1人か2人など。
そんな私も、大ちゃんの影響を受けてシンセやシーケンサ1台で打ちこみをやっていたワケですが、挫折して今は何もしていません。
なんだか、この日記を読んでちょっとやってみようかなと思いました。
せっかくJUNO-Gを私は持っているのですから^^

2010/10/22 (Fri) 15:54 | 眠りん #- | URL | 編集 | 返信

眠りんさん

いつもコメントどうもありがとうございます。今までのコメントにも少しずつですがコメント返していきますね(苦笑)すみませんです。この前知人と話してたんですけど、みんながみんなそうじゃないとは思うけど基本ピアノを弾ける女性って幼い頃に習っていて・・・っていうパターンが多いと思うんですね。「バンドでキーボードやりたくて」っていう子は僕が知る限りあんまりいないような。
ま~男性でもバンドをするときにまずキーボードからっていう人はそんなに多くないと思うけど、やっぱどうしても目立たない楽器ですからね。それゆえ陰が薄いとかいろいろ言われちゃうんだけど、でも浅倉さんみたく前にどんどん出てもかっこいいキーボーディストも確かにいます。その浅倉さんに憧れてクリエイターとして活躍されているYUMIKOさんは僕らアマチュアクリエイターにとって一つの希望というかね。
オリジナリティーを求められる業界で生き残っていくのは確かに大変だと思いますけど、がんばってほしいなって思いますね。君がそばにいればも近いうちに必ず手にしたいなって思ってます。眠りんさんもほんとね、もったいないですよ(笑)触ってあげないと楽器もかわいそうです。自分だけの気持ちいい音から見つけてそこからいろいろ広がっていくとシンセはすごく楽しい楽器ですよ。

2010/10/22 (Fri) 17:58 | DY #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック