2010_11
10
(Wed)22:51

まだ進化の途中

昨日書いたように今日はバイトが休み。先週訪問先まで一緒にきてくれたマネージャーのお子さんが体調を崩したということで急遽お休みになったのですが、子供の病気ってほんと突発的ですからこればかりはしょうがない。また気候も不安定だし大人でも体調を崩す時期ですからね。
twitter上でも二言目には「喉がいがらっぽい」「鼻水が止まらない」といった風邪引きました的なツイートがいっぱい。今って一番微妙な時期ですよね。昼夜の寒暖の差も激しいしなにきていいかもわかんないし、でも職場では暖房入ってるしみたいな。
うちの職場に限って言うと、暖房入って仕事中はものすごい汗をかくんだけど、そのまんま外に出ると「うわっ!さむ!」みたいな上京。これで風邪引くんだよな(笑)気をつけないと。皆さんもくれぐれもお気をつけくださいね。しかしいよいよ冬の到来。ストーブ出さなきゃな?。
ということで思いもよらず昨日と今日でまたも連休になってしまったわけですが、結局何もできないまま終わりそうですね?。せっかくシンセも復活したし曲でも作ろうと向かうんだけど、脳内のイメージと実際に出てくる音のシンクロがうまくいかない。
こういうことは今までにも何度もあるんだけど、今は気持ちのグルーブが上向いていないという点も影響しているのかなかなかです。持続力も落ちてる(笑)30分とシンセの前に座ってられないです。調子がいいときは止められるまで座ってられるのにね。
イメージを合致させるために音色のエディットも試みてますがこれが難しい。特に1から全て音を作ろうとするとハードの限界もあるし、僕にはまだまだ仮題が多すぎてってところですね。でもこういう闇って抜けるときはほんと突然なんですよね。
ちょっとしたきっかけで「あ、これじゃん」ってのが見つかったりする。たとえばそれがツマミやスライダーの微妙な位置だったりボリュームの大きさだったり、リズムセットの微妙なピッチの変化とか。松武さんがおっしゃるようにテクノは忍耐、まさにそういうこと。
また松武さんの場合は今みたいに機材の性能も優れてたわけじゃないですしね。電源切ればまた最初から作り直さなきゃいけないし二度と同じ音はできないし、シーケンサーにしてもリアルに弾いて打ち込むものが出てきたのってここ15年ぐらいの話だから。
そういう時代を通ってこられた方だからこその名言だと僕は思いますね、テクノは忍耐って。座右の銘じゃないですがいただこうかなって思ったり(笑)メロディー的には僕はすごくしっくりきてるので、骨組みもしっかりゆっくり作りこんでいきます。がんばるぉ。
しかし世の中に目を向けてみるとなんだかなってことがほんと多いですよね。中国漁船衝突に関するビデオの流出についても今日になって神戸の海保職員が「自分が流出させました」ってことで名乗り出てきたりそのことで国会でもまたわけのわからん答弁がされてたりとか。
あとはUSTを使った自殺の生中継なんていうショッキングなニュースもありました。インターネットってすごく便利だし楽しい場所なんだけど、こういう間違った使い方をした人が取りざたされると世間のイメージがマイナスの方向に傾いていくよね。残念だな。
☆ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック