2011_07
10
(Sun)20:56

DYちゃんの楽曲解説~迎春 electro -金曜ニコラジver-~

あちぃーーです、皆さんこんばんは。夏ですね~~、夏がきましたよ。昨日九州北部の梅雨明けが発表になってここ大分も夏真っ盛りです。うちのアパート、天井焼け付いてます。温度計はないけど30度台後半はいってるでしょうね。
そんな暑い季節到来ですが皆さんいかがお過ごしなのでしょう。僕は・・・数日前はちょっとえらいことになってましたけど(笑)今はすごく元気です。そのえらいことの詳細は今日更新のPULVERIZEBEATを聞いてね。
さて、本日のエントリーは久々に僕自身の楽曲解説をやってみようかなと思います。というのが一昨日のことになるんですがあまりにも興奮する出来事があって、これはぜひ書き残しておかなくてはと思って。
いろいろ脳内を整理するのに時間がかかってしまったのですが、今の僕の気持ちも含めてしっかり書き残しておこうと思います。ということでまずはこちらのニコニコ動画をご覧くださいまし↓

いやはや、いかがでしょう?これは2010年元旦にアップロードした迎春 electroの金曜ニコラジバージョンということで二次創作させてもらったんですが→原曲の楽曲解説は2010/01/04のエントリーにて。ただしポッドキャストへのリンクはらじろぐ時代のものなのでリンク切れになっております(苦笑)
ということで例の如くちょっと話が長くなりますので、お時間のある方は続きをぽちっとしてご覧ください。歌詞もあるよ♪
またなぜこのようなバージョンを作ることになったかというと、7月1日から僕の敬愛するミュージシャンでもあります浅倉大介さんとニコニコで歌い手などとして活躍されているあさまるさんという方がいるんですが、この2人が毎週金曜日のニコラジという番組をレギュラーで始められたんですね。
その中で浅倉大介がやってみたっていうなんかニコニコで行われているいろんなことに挑戦しようみたいなコーナーがあるんですが、その一環として○○祭り、やってみたというのが企画されたのです。その祭り用の楽曲を募集しますということで参加してみようと思ったのがきっかけ。
締め切りは一昨日8日の放送までってことになってはいましたが、さて、参加するとは言ってもどうしたものかと。祭りですからネタっぽい曲、しかも短くないと尺が収まらない。今から作るといってもなかなか大変。さて、どうする?そんなことを初回放送の間ずーーっと考えてて(笑)げらげら笑いながらも脳みそフル回転。
そしたら番組終了間際にふと思いついたのです。もしかしたら迎春 electroの歌詞を差し替えればいけるんじゃないか。そこから詞をひねり出すという作業が(笑)歌物ですからボカロの調教も手伝ってもらわなくちゃならないし、遅くても日曜の昼までには詞ができてなくちゃいけない。
もちろん本職もあると(笑)もう土曜日は仕事中、半分は集中しながらも半分はずーーっとこの曲の詞を考えるって言うだめ社会人丸出しなことをしてました、ごめんちゃい。かなり二転三転したんですが日曜の午前中ぎりぎりに詞ができて、次はアレンジ。
そのまま原曲のデータを切って貼って「はい、出来上がり」ってのもま~いいんですけど、それじゃあまりにもお粗末なので、聞き比べていただくとわかりますが原曲にはないフレーズや音色もあったり、ミクボーカルが出来上がってきてからミックスいじったりしてだいぶ音像が原曲と違ってます。
自分で言うのもなんですけど原曲のデータがほんと緻密で丁寧に作られてたりするんで(笑)アレンジについてはあんまり苦労することもなく。ただミクのボーカルをできるだけはっきりくっきり聞かせようと思ったときなかなかどうして苦労しましたね~。
月曜の夜にミクデータが出来上がってきて火曜日仕事から帰ってから作業したんですけど、暑い部屋の中でがーーーっと集中してやってたら軽い熱中症にかかったりして(笑)なんとかその日のうちに音だけは形になったんですが、水曜と木曜はぶっ倒れてました、はい。
そんな感じで倒れながらも出来上がったこの金曜ニコラジバージョン。木曜の朝だったかな、ピアプロで拝借した画像と音を合わせてエンコードしてアップロードして、金曜ニコラジってタグもきちんとつけて・・・ってのが製作の流れです。
そして次の日、つまり放送当日。ちょっと早めに目が覚めたんで他のユーザーさんがどんな作品を作ってるのかと思ってタグの中を覗きにいったんですが、僕を含めて2つしか動画がない。しかも1つはaccessの新曲カバーだったし←はやっ(笑)
このままいったら放送で僕の曲がかかってしまう?そんなどきどきを胸に1日を終えいよいよ本番ですよ。だいたい放送開始から20分ぐらい経ってからでしょうか、コーナーが始まって、見事に浅倉大介さんの紹介でこの曲がかかりました。
あのときの感覚って・・・なんなんだろうね。もう口から心臓飛び出そうっていうんですか?去年のaccessの握手会のとき以上に緊張したよ(笑)憧れのミュージシャンに生で自分の曲を聞かれるどきどきってそれはそれはもう半端なかったっす。
んで曲が終わった後は浅倉さんにもそうだけどあさまるさんにもすごくお褒めいただいて。「やっとな・それ・よいよいよい、いいよね~。日本の心ですよ。そして歌詞にもちゃんとさ、金のあれ(番組タイトルが長いので浅倉さんがつけた略称)が入ってたよね~。すごいわ」
暫く心臓のばくばくが止まらなかったもんね~。原曲の製作から1年半経って、最初は「21世紀のエレクトロ民謡を作ってみたい」っていう漠然とした思いだったり遊び心、冒険とか探究心もありながら曲が生まれて、それがいろんな人たちの協力で形になって。
そして1年半経った今、まさかこうして浅倉大介さんという方に聞いてもらえるところまできたというのはもう感無量というか。二次創作ワークショップにも参加しましたがあのときはかすりもしなかったというか(笑)他に素晴らしいクリエイターがたくさんいて自分の甘さ、いろんな意味での甘さっていうのかな?
それをすごく感じたんですが、今回はま~応募が少なかったというラッキーなところはありましたけどこうして聞いていただけてお褒めいただけて。単純ですがすごく嬉しかったです。ほんのちょっとだけどまた一歩進めたようなそんな気がしています。
それから後付みたいな感じになっちゃいますが、今日本が大変な時代にある中でほんのちょっとでもくすっと笑ってもらえたり沈んだ気持ち、難くなった気持ちがほぐれてくれたら嬉しいなと思ってそんな気持ちをこの曲に託したところもあったんですね。
さっき上のリンク先から原曲の楽曲解説を見てみたんですが、あのときも同じことを言って手、軸はぶれてなかったんだなって思った。たまに前言ってたこととぜんぜん違うこと言っちゃうときがあるからね(笑)ぶれなきゃ届くんだなと。
節電とかこれから夏を迎えて大変な時期ですけど、お時間があるときにでもちょっと聞いて心をほぐしてくれたら嬉しいです。そしてこれからそういう曲をもっとたくさん増やせるようにがんばっていきたいなと思っています。
さて、では最後にこの曲の歌詞を書いて終わりにしましょうか。これは浅倉さんたちのニコラジ、初回放送を見てそのインスピレーションから書いてみた感じです。ではではどうぞ~~☆
--------------------------------------------------
迎春 electro -金曜ニコラジver-

はーー
祭りきたきた金曜の夜に
あさくら・・・あさまる・・・あさだらけ
ニコ厨集いしmonitor(窓)の前
わくわく!てかてか!金のあれ

やっとな、それ、よいよいよい
やっとな、それ、よいよいよい
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック