2011_08
02
(Tue)22:58

DYのIPODTOUCH奮闘機~購入までの敬意~

8月になりましたね~、皆さんお元気ですか?僕はあれこれと波はありながらなんとか生きてます。台風が九州をかすってからまた少し夏らしい暑さが戻ってきて、熱中症までいかずとも忙しさもありで毎日へとへと。
それでも生活リズムを乱さないように、あと節電にも協力しようという感じでやってるんですが、一昨日の日曜日は6時半には意識失ってたし、今日は自分的に30分寝坊してしまうし(笑)
仮に1時間寝坊したとしても十分仕事には間に合うんですが、行動が遅いので朝はあんまりわたわたしたくないのです。30分寝過ごしただけでぜんぜん余裕なかったもんな~。
ま~朝起きて朝食を取って、それ以外の時間をPC前でtwitterしながら髭そったりなんたりしてるわけで、そのtwitterの時間をもうちょっと考えればどうにかなるんだろうけどね(笑)もうすっかり週間ですね。
朝起きたらtwitterでご挨拶してみんなからも挨拶を返してもらって。なんとなくだけどそんなんで気持ちのいい朝を迎えている今日この頃です。そして今日はaccessのニューシングル発売前日、つまりはフラゲ日ということでTLもにぎやか。
僕の家にもネット通販からB版が届いていて無事フラゲ。Aのほうが早いと思ってたのでちょっとびっくりしてますが、さっきから絶賛ヘビロテ状態でございます。やっぱaccessいいわ~、かっこいい。
そのCDレビューも書きたいし今月は個人的にもお知らせしたいことなどちょいちょいあるので徒然の更新頻度も上がりそう。時期を見てまた毎日更新というスタイルに戻していければとは思ってますが…がんばる、うん。
さて、本日のエントリーですが、twitter上で僕のつぶやきを見てくださってる方には周知のことと思いますが、もう2年ぐらい前からでしょうかね、IPODTOUCHが気になるみたいなことを言ってたと思います。
そのTOUCHさんを先月の中旬、16日に我が家にお迎えしました。そう、地デジエントリーの頃にはもう手元にあったのです(笑)なので順番的には逆になってしまいますが、なぜここへきてこれを買うことになったのか。
そういった敬意も含めて書き残しておきたいと思って、本日はその第1回になります。何回続くかわかりませんが(笑)たぶん長くなりそうなので第1回。購入に至った経緯を本日は書きたいと思います。
長くなると思われますので…ってか既にもう長いけど(笑)興味のアル方は続きをぽちっとしてご覧ください。
時を遡ること6月の終わりごろだったでしょうか?うちの職場のレクレーションで午後から利用者さんがお出かけになり、仕事としては少し暇だったある日のこと。上司がつかつかっと僕のところにやってきまして。
「やべっ!おれまたなにかやらかした?」←最近職場で上のポストの人が横を通るたびにびくびくしてしまってる自分がいる(苦笑)な避けなや。この日もそんなことを考えながらびくついていると…
「山本さん。今度記録用のデバイスとして新たに導入することになったんですけど、これ。IPODTOUCH」えーーーーぇーーーーー!!!!なんじゃそりゃなんじゃそりゃなんじゃそりゃ?????
もう2年ぐらい前からずっと気になっていてしょうがなかったけど、うちにはギガビがあるしまだ減益で動いてるし、買うタイミングがなかなかつかめずにいたそのIPODTOUCHを職場に導入しただと!!。
うちの職場ではこれまで、特にナースがPCにお客さんのバイタルなどを記録するときにザウルスというものを用いていました。ま~言ってみれば任天堂DSのおばけみたいなやつ(笑)
画面にタッチペンみたいのでかきかきしてそれを赤外線かなんかでPCのソフトに送ってたようなんですが、世代交代ということなんでしょうね。それにしたってIPODTOUCHを導入するというのは驚きでした。
後に話を聞いてみるとそういう職場って今ものすごく増えてるみたいですね。IPADはなんとなくわかる気がするけど、ま~言って見ればTOUCHもPDAみたいなものですからそう考えればいいのか。
「触ってみる?」なんて聞いてくるから遠慮なく触らせてもらいました。まず持った感じの第一印象は薄い。話には聞いてたけどこんな薄いもんだったの?この薄さだとポケットはもちろんのことお財布にも入っちゃう感じですよね。
当然のことながら表面はホームボタン以外は前面ディスプレイ。興味本位であれこれなぞってたら知らない間にカメラとかいろいろ起動しちゃってたようでいったん上司にお返し。「こんな感じなんですよ」と話す上司。そうだ、このチャンスを逃す手はない。
「これ、しゃべらせられるんですよ」と次げた僕に「マジで?」と驚きの声をあげる上司。「どうすんのどうすんの?」と興味心身にこちらに質問を投げかけてくる。よし、かかったなおぬし(笑)うろ覚えではあったんですがネットで見た方法で上司を誘導。
「設定に入って、その中のどこかにアクセシビリティーってのがあると思うんですけど…」←この時点で設定から一般に入らないといけないんだけどね(笑)でもすぐに見つけてくれました。「その中にボイスオーバーっていうのがあるでしょ?これをonにするとしゃべります」
はい、そんなわけでまんまと上司を誘導して職場のTOUCHのボイスオーバーをonにすることに成功(笑)再び触らせてもらいました。音楽フォルダーを開いてみたり写真を開いてみたり、とにかく初めて触るTOUCHを音声を頼りに自由自在に操る僕を見つめる職場の皆様。
こういうときってなんて気分がいいんだろうね(笑)その後、TOUCHはお返ししてボイスオーバーもoffに設定し直してもらいました。そこからもうふつふつとほしい気持ちが膨らんで、購入に向けていろいろ動き始めました。何より僕が一番懸念していたのは買ってからの初期設定ですね。
まずそこで悩んで、電気屋さんで設定してもらってからうちに持って帰って同機するかとか。でもYとかDとか電気店はいろいろありますが、たいていの場合こういうアクセシビリティー機能について理解していない定員さんが多いわけよ。先日の地デジテレビがそうでしたからね~。
そこで手間を取らせるのもご迷惑だと思ったし、できればネット通販で購入したかった。なぜなら安いから(笑)その二点ですね。特に初期設定。上で述べたボイスオーバーを起動しないことには、僕にとってIPODTOUCHといえどただのカードっぽいそれでしかないわけで。
んでネットを調べてみると、視覚障害者の方でもスクリーンリーダーとITUNESの組み合わせで自力でボイスオーバーを起動できたという幾つかのブログやHPを発見。これは希望が持てるぞということで、念には念を入れて実際に利用している方に伺うべくとあるメーリングリストへも投稿。
そしたら「山本さんの環境なら問題なく初期設定からボイスオーバー起動までいけると思います」という心強い返信があって、僕の気持ちは固まりました。途中どうしても資金繰りがうまくいかなそうで「やっぱりお預け」っていう状態にはなったんですけどね~。
クレジットカードで稼いだANAマイルと音楽的なお仕事で貯めていたへそくりのようなもののおかげもあって無事手元に届いています。僕は32GBモデルを買ったんですが、だってさ、販売価格が23000円ってとこを見つけたんだぜ。
だいたいどこも27000円が相場じゃない?4000円も安いんだよ。しかもマイルから変えた楽天ポイントが1万円分あったから、手出しは13000円ぐらい?ま~それでも安いとはいえないけど、今はよかったなと思ってます。
さて、無事に手元に来たのが7月16日の夜のことだったんですけど、さ~、問題の初期設定ですよ。こちらについてはまた後日書こうと思います。まだまだ長くなるかと思いますが気長に読んでいただけたら幸いです。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック