2011_12
30
(Fri)06:22

DA系2011年十大ニュース

今年も残すところあと2日、押し迫ってまいりました。お正月休みをエンジョイされてる方もいるかと思いますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?あ、おはようございます(笑)またも早朝エントリー失礼しますよおまえら。
僕はこれから普通にお仕事です。本当は今日がお休みで明日が仕事納めっていうスケジュールだったんだけど、お客さんの通所の関係と「大晦日まで仕事とかやってられっか」という理由から(笑)勤務を入れ替えました。
数年前までは「別に暇だし大晦日までぜんぜん出ますよ」とかいうスタンスだったはずなのにちょっとずうずうしすぎやしないかとも思うんですが、仕事がないのなら職場行ってもしょうがないのです。
今日はそこそこ忙しいことが予想されますしきっちり仕事を納めてこようと思います。これが終わればDYのPULVERIZEBEATの収録から始まる僕DYの冬休み。
新年一発目の配信。本放送がリアルにお正月というのは初めての経験なんですが、何かまたお正月ならではのおもしろいことをできたらなと思っているので、ぜひ明後日の配信をお楽しみにしてぜひぜひ聞いてくださいませ。
さて、うちのブログでは毎年恒例になっています振り返りエントリーを今年もする季節になりました。仕事が納まってないんでまだぜんぜん年末という気がしないんですが(笑)カレンダーは紛れもなく30日なのでせにゃ~なるまいなと。ほんと早いですよね~。
ということで今年も2日に分けてこの1年を僕なり、徒然なりに振り返っていこうと思いますのでお付き合いよろしくお願いします。まず1日目は僕の敬愛しますミュージシャン、浅倉大介さん関連の出来事で振り返ります。
毎度のごとく「なんでこれが入ってないの?」とか「なんでこんな下のランクなの?」っていう声もあるかと思いますが、あくまで僕DY独自の目線ということをご承知沖いただいた上で続きをぽちっとしてご覧ください。どうだろうね、今年も独自性強いかもね~(笑)
まず第10位、DA METAVERSE、75曲を残し1000日経過です。いきなりこれは独自性(笑)確か浅倉さんのラジオでもランクインしてなかったように記憶していますがどうだっけ?けどこれは事件ですよ。
DA METAVERSEというのは3年前の6月25日に「1000日をかけて100曲をITUNES STOREでリリースする」というコンセプトのもと始まったプロジェクトなのですが、ウィキペディア先生によりますと今年の3月21日で1000日目を迎えたそうで(苦笑)
ま~どこのファンサイトやtwitterなんかを見ててもあえて触れないようにしているのかどうかわかりませんが…ね~。けど曲数やスケジュールはひとまずおいといて、一昨年のソロライブで一つメタバとしては区切りがついたのかなっていう感はありましたよね。
それに浅倉さん自身ラジオで「別になかったことにしようとしているわけじゃないから」っていうこともおっしゃってたし、今はaccessがアクティブというだけでまたソロで動いてくれることはあるだろうから、次なるソロの展開も楽しみにしつつ。
第9位、天体望遠鏡に嵌る。昨年からデジカメに凝り始めた浅倉さん。いろんなものを撮影していくうちに「もっと遠くのものを撮りたい」という欲求が芽生えたそうで、あれこれ悩んだようですが今年の秋口でしたっけね?ついに購入されたようで。
twitterでもいろいろ撮影したものをアップロードしていたそうですけど、皆さんのツイートを見る限りすごい写真がたくさんアップされてるみたい。僕にとって浅倉さんって雲の上の存在ではあるけど、こういうのはなんか嬉しいですね。
僕らも何か新しいことにトライするときとか新しいものを手にしたときのわくわく感ってあるじゃない?それを包み隠さず、でもクールに話すんじゃなくてときに子供みたいに無邪気にツイートしてくれるところが人間らしくて…って書くと失礼かもしれませんけど。
「土製の輪が見られたときは感動した」とかさ。ほんと無邪気ですよね~。これからもそんな無邪気な44歳でいてください(笑)カメラの面では20周年記念本に付属という形で写真集も発行したりってのもありましたね。
第8位はテレビ露出あれこれ!西川との競演も!です。今年は堂本兄弟やCSで放送が始まったガールズファクトリーっていうレギュラーのものから、ミュージックフェアー、FNS歌謡祭といったゲスト出演までいろいろありました。
ミュージックフェアーとFNS歌謡祭では久々西川ちゃんとのテレビ競演ということもありましたね。スタインウェイと西川の声だけで演奏されたサンダーバードは非常に感動的だった。うちのレコーダーに大切に保存してありますよ。
またFNS歌謡祭では「ダイスケ的にもall OK」が久々解禁(笑)いつもそこは変えてたもんね~。あとはaccessでミュージックフェアーに出演っていうのもありましたね。わりと大分でもリアルに見られる番組も多くて嬉しかったです。
予断ですけど西川ちゃんといえば消臭力も忘れちゃいけませんよね(笑)あのCMもまたHDDレコーダーに大切に保存してますが、あんなものすごい歌声で爆笑できるCMっていうのも珍しいよね(笑)
第7位はローランド、JUPITER-80発売!内臓音源の作成もです。今年の6月、ローランドから発売になったJUPITER-80というま~とんでもないシンセサイザーがありまして、その内臓音色も幾つか作成したということでニコ生やUSTでの露出も多かったですね。
これはもうなんていうんですか、一言では言い表せないぐらい音源部がものすごく強化されたシンセサイザー。浅倉さんもよくライブで多用する80年代に登場したJUPITER-8というアナログシンセの名機がありますが、これはもうデジタルシンセの名機ですよね。
たとえばピアノ音色を3つレイアーして4つ目にフルートをレイアーして和音を演奏するときに、普通だったらフルートも和音で鳴っちゃうところをフルート部分だけソロを吹いているような効果が出るとか。スーパーナチュラル音源っていうんだっけね?
とにかくすごいです。今年のaccessのツアーで浅倉さん、「JUPITER-8とJUPITER-80を並べて弾きたい」って言っててそれを見事に実践されてました。しかもVSYNTH GTまでセッティングされてましたよね?あれはもう神が買ったキーボードブースだったな~。
第6位は作曲セミナーと作曲本発売です。去年の12月から定期的に数回にわたって行われましたキーボードマガジン主催の浅倉大介作曲セミナー。僕は現地には行けませんでしたがUSTでも配信してくれて。
仕事の関係とかもありで4回全てを見ることはできなかったんだけど、その模様をブログにアップしてくれてるファン仲間の行為でなんとなくだけど雰囲気を感じることができて、あとすごく勉強になった。
浅倉さんだからっていうのもあるんだろうけどすごくわかりやすかったし、イニシャライズ状態から音色を作っていく肯定とかFM音源の操り方とか。好きな音ではあるんですけどFM音源の構造はよくわかってなかったりしたので。
浅倉さんのキラキラベル音はFM音源じゃないとなかなか難しいというのもわかったしね。このセミナーをきっかけに僕の音作りも少し変化したかなって気はしますがどうだろう?本はまだ買ってないですがいずれ買って手元においておきたいなって思います。
第5位はaccessチャリティー配信で虹の祈りをです。今年3月に東日本大震災という未曾有の大災害がありました。浅倉さんも音楽とは何か、自分たちには何ができるのかというところですごく悩んで苦しまれたそうです。
迷って悩んで出した答えの一つがこのチャリティー配信だったとお話されていました。accessのCatch the Rainbowという曲を2011、Pray for Japan VERとしてリアレンジ、リテイクで作り直したものがITUNES STOREで特別配信されています。
アレンジでびっくりしたのはあの虹シリーズの組曲のメインメロディーをさりげなく使ってたところですね。虹シリーズは僕にとってすごく思い入れの深いプロジェクトなので、ダウンロードしてきてまずあのメロディーがイントロで流れたときはちょっとだめでした、涙腺ぶっ壊れた(笑)
あの震災からあと自分には何ができるのか、どうしたらいいのかって悩んでる人がたくさんいたと思うんですけど、大好きなミュージシャンの曲を一つ買って聞くだけでそれが一つ適うっていうのはすごく理想的な形ではありますよね。思い切ってくれたaccessのお二人には感謝です。
第4位はニコ厨DA、本格始動です。去年からニコ厨ニコ厨散々言ってましたが、まさかここまでとはと思うほど(笑)出演回数も多かったですし、7月から9月まではなんとレギュラーで一つ番組持っちゃうほどにまでなりましたからね~。
今年だけで記憶にあるものを列挙すると、ゲストが二次創作ワークショップ(これは楽曲提供もありました)、小室みつ子さんの番組(スタジオ、アインシュタインより中継)、松武さんのテクノスクール(音色作成を松武さんのたんすシンセで披露 笑)
あと年越しクラブイベントの中継、accessのツアーファイナルの中継、そしてレギュラーとなった金曜ニコラジですか。ニコラジと二次創作ワークショップは僕も音を作って参加させていただくということもありましたね。ニコラジでは初めて自家に番組内で僕の音源を聞いていただいて褒めていただけて。
もうあんときは震えが止まらないは汗も止まらないは・・・身体的にも目からも(笑)あれが一つ僕の自信になった部分はありますね。これまで浅倉さんに音を聞いてもらうのが怖くて遠慮してたけど、今後はぐいぐいいこうかとも思ったし、ニコ動万歳。
第3位は絆作戦でaccess全曲ライブです。これはすごかったですね。今年の8月に東名阪で行われました毎年恒例のaccess夏ツアー。震災の影響で開催できるのかという点も危ぶまれたようですが無事に開催できました。
このツアーで何がすごいかって、ツアー一本の間にこれまでaccessがリリースしてきた全曲をやってしまおうという。毎回のごとくセットリストが違うライブ。スタッフもサポメンも誰も止めてくれなかったライブ(笑)いや~、あれはすごかったですね。
でも浅倉さんが話してましたが、この案を出したときに誰一人として反対意見が出なかったことが嬉しくてスタッフとの絆も確認できたっていう。これはそうですよね、スタッフやメンバーとの信頼関係がないとまずスタートできなかったことだと思います。
僕は残念ながら今年ライブに参加することができなかったんですが、USTやニコ生の中継を見て部屋の中で熱く盛り上がることができました。来年1月5日にはファイナル中野のアンコール放送がニコ生であるらしいです。注目ですね。
第2位は愛犬アニーちゃん天国へです。去年に引き続いて悲しい話題になりますが、浅倉さんの愛犬、アニーことアインシュタインちゃんが11月30日、天国に旅立ちました。たまたまその日、僕は仕事が休みだったんですけど、午前中にリアルタイムで浅倉さんのツイートを見て知るという。
すごくびっくりしたし浅倉さんの心中を思うとたまらない気持ちにもなりましたが、もちろんプロとしての責任もあるでしょうけど直後のラジオなんかでは元気な声を届けてくれて。アニーちゃんの最後はとても安らかなものだったそうですが、とにかくできることは全てやってあげようと思ったそうで。
アルのときもアニーのときも最後は一緒にいられてよかったってお話をしてましたが、この前も書きましたけど浅倉さんほど多忙なミュージシャンだとなかなかそういうことも適わない面もあると思うんですね。でも2人とも見送ることができたっていうのは、きっと辛かっただろうけどすごいことだし、悔いのないお別れになったのならよかったなって思います。
虹の橋の袂できっと2人は仲良く遊びながらパパのことを待っててくれると思います。僕らにとって君たちのパパはもうちょっと必要だから借りることになるけど許してね。僕らファンと浅倉さんのことを天国から見守っていてください。なんか書いてたら朝からしんみりしちゃいましたね、さーせん。
そして今年2011年、僕DY的に浅倉さん関連で最も印象に残った出来事はずばり浅倉大介ソロデビュー20周年です。もうこれしかない。これがなければ全ては始まらなかったわけだからね~。今年11月1日、浅倉大介さんがソロアルバムをリリースしてから20周年を迎えました。
けど本人的にはそれまでもTMのサポートなんかでキーボード弾いてた過去があるわけだし、もっと前だとマニュピレーションとか。だからどこを区切りで20周年っていうかは難しいかもしれませんが、うちら的にはやはりソロアルバムリリースから数えてのほうがわかりやすいですよね。
11月1日になった瞬間のtwitterでの祭りはすごかったですね~。ご本人は香港でファンイベントをするってので準備をされてたりした中で、留守番組で何かできないかなってところから始まって、んで午前0時におめでとうツイートを一斉リプライしようと。
#DA20 っていうハッシュタグで盛り上がりましたね~。ご本人にも感動していただけたようでよかった。あと上でもちらっと書きましたが20周年記念の限定本リリースということもありまして、僕もその中にお祝いメッセージを寄せさせていただきました。どこかに乗ってます…恥ずかし(笑)
それからこの本についてきたマイクロSD収録の書き下ろし曲もすごかったですね~。なんだろう、20年っていう重みと責任みたいなところを感じる曲。重たい曲ではあるんだけど浅倉さんからの感謝の念とこれからに向けた決意を感じるような力強い曲だと思います。
ということで振り返りエントリー1日目、僕的な浅倉大介ニューストップ10はこんな感じになりました。いかがだったかな?僕の独自な感じもありですけどね、楽しんで読んでもらえてたら幸いです。毎度毎度長くてすみません(汗)
さて、明日は僕DY個人の出来事10個を振り返ってみたいと思います。また長くなることが予想されますがお楽しみにです。さて、個人的な面で何が1位になるのかな?実はまだ考えてないので(笑)それを考えつつ今日の仕事納めがんばってきま~す。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック