2012_05
07
(Mon)06:22

DYちゃんのカバー曲解説~Thousands Morning Refrain~

なにやら夕べは寝つきが悪く、また朝のエントリーになりました(苦笑)ま~昨日はちょっと昼寝をしすぎたというのもあるのですが…そんなわけで皆さんおはようございます。GWも終わって今日から通常業務という方も多いんでしょうか。
僕はGWなど関係なく普通にお仕事でした。ま~サービス業の宿命というか仕方がないところではありますね、毎年のことです。でもたまたまなんだけど今月末、シフトの組み合わせの関係で5連休なんて日があって(笑)
自分でもびっくりなんですけど。ここまでまとまったお休みをいただけるというのも久しぶりなので、とりあえずこの5連休までは全力投球でがんばっていこうと思います。でも5日も休むとたぶん3日目ぐらいからはどよどよした気持ちに襲われるんだろうな~。
今月末になりますが26日ぐらいからどなたかかまってくれる人、コメント待ってます。スパムはいらねぇからな(笑)昨日もなんかきてましたね~、やになりますわ。リアルには浮いた話は一つもなく、スパムと仕事が友達さ・・・なんてね。
さて、本日のエントリーですが、2ヶ月ぶりぐらいにニコニコ動画とyoutubeにアップロードしました新作のカバー曲動画についてつらつらと書いて見ようかと思います。今回カバーさせていただいた曲はこちら。

youtube→http://youtu.be/cYz3K2b5SEk
T.M.RevolutionのThousands Morning Refrainという曲です。朝がテーマだから今日のエントリーが朝っていうわけではなく(笑)これは偶然です。ほんと夕べは寝付けなくて・・・ま~いろいろあります。
昨年発売されたアルバムに収録されていまして、タイトルの頭文字を繋げるとTMRになるというおなじみのシリーズ。何気に僕、TMRの曲をカバーするのは初になります。
今までにもカバーしてみたい曲はいくつかあったんですがアレンジに煮詰まったりしたものがほとんどで、表に出せるものがなかったのですが、今回はぜひ挑戦しようと思って、アレンジと・・・恥ずかしいですが・・・歌っています。
先月TMRが47都道府県を廻るというライブツアーの中で9年ぶりに大分でライブを行いました。そこに僕もtwitterで知り合った方とのご縁があって幸運にも参加することができたんですね。
僕にとっては6年ぶりの生TMRだったわけですが、その中で本編の一番最後に歌われまして。それまでこの曲、別に特別好きだというのもなければ大嫌いというのもなく、普通に好きだったという程度だったんですね。
でもあのライブで聴いたこれはな~んか感動的だったんですよね~。なんだろう、西川くんが一言一言をすごく大切に、切々とというか浪々とというか、とにかくまっすぐに歌い上げる姿とその声がずんずん響いてきて。
不覚にも泣いてしまったのです(笑)僕の解釈としてはこの曲、本当に大切な人との巡り合いがあって、その人と刻んでいく時間の大切さと、尊いものを守っていく力強さを歌ったものだと思うんですね。
その光差す中にはもちろん闇もあって、たくさんの巡り合いの中で分かり合えなかった人との別れがあったり、踏みにじられた思いがあったり。そんな時間を重ねて今隣にいてくれる人への敬愛というか。
僕があのライブに参加できたタイミングというのは、なんだかやるせない思いがずーっとずーっとくすぶっていて、でもこの気持ちをどこへ向けたらいいのか、誰にぶつけたらいいのかがぜんぜんわからない。
いつまでもいつまでも引きずっていることに対する情けなさとかふがいなさとか。「何がいけなかったんだろう?」「なにが自分には足りなかったんだろう?」みたいなことを年単位でことあるごとに考えていたようなそんな時期。
そんなときに聞いたこの歌は、なんだか自分のくすぶりを一気に振り払ってくれるかのような神々しさがありましたね~。ぱっと周りが明るくなるような感覚っていうのかな。まだ自分の中で決着とか答えを出せたわけではないけどね。
でも少なくともあの会場にいられたこと、あの曲を聞けたことで得たものは確かにあったなって。また偶然なんだけど最近になってあるご夫婦との出会いもあり、そのご夫婦のお話を聞いていて感じた思いとかもあって。
なんかそんないろんな気持ちを吐き出そうと思ったらこの歌を歌うしかないなって思っちゃったんですよね~。歌は得意ではないんだけど…いや~、恥ずかしい。いろんな意味でがんばったよおれ・・・あ~がんばったさ。誰か褒めておくれよ(笑)
すっごいストレートでしょ?原曲にはリズムやギター音色もいる王道のバラードなんですが、こちらはすっごいシンプルにオーケストレーションアレンジで。原曲にも入ってるハープのグリッサンド(っていうのかな?)がすごく綺麗で大好きなんですけど、それをどうしても入れたくて苦労しましたね~。
JUNO-Gのコードメモリー機能とかとにかく使えるもんは全部使って打ち込みました。自画自賛をしてしまうと、2番冒頭のフルートの音とかけっこう好きだな~。こういうアレンジもすっごい久しぶりだった。
そんなわけで、西川には足元にも及びませんが歌も歌っております。ぜひ聞いていただいて、感想や突込みなど遠慮せずにしていただけたらと思います。あまりずたずたなことは書かないでね(笑)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック