2012_05
23
(Wed)20:07

DYちゃんの楽曲解説~Sunset Bluesy~

最近また首から肩にかけての凝りがものすごく気になり始めたDYです、皆さんこんばんは。今年の頭に心療内科に行って肩凝りの薬飲んでたときは一時的によかったんだけど、やっぱ止めるとだめっすね。
この1週間は3回ぐらい頭痛もやってきました。時々肩をほぐしてくれる同僚にも「鉄板みたいですよ」とか言われちゃった(涙)こりゃちょっとプロの手を借りないとだめかな~。
なんか僧坊筋のあたりから背中までがずしーんと重くて、よろいでもかぶってんじゃないかって思うこともありますが…。ここをご覧の大分県在住の同業者の皆様、格安で揉み解しにきてください…なんつって、誰も見てねーかな?
さて、本日は久々muzieにアップロードしました私目の新曲についての話題を。昨日公開になりましたSunset Bluesyというタイトルの曲について書いて見ようと思います。
ということでまずは聞いてくださいな→http://www.muzie.ne.jp/songs/379231/
いかがでしょうか?ずっと僕の曲を聞いてくださってる方にはどう聞こえるんだろう?4年ぐらい前に作ってた感じの生バンドっぽいアプローチもありつつ、あんまり派手な音もアプローチもやってないんで、ある意味進展地開拓みたいなところもあるかな~。
僕的にはShinagawa Midnightあたりのスパイスが濃いかなって思ったり。この曲をずーーっとたどっていくとShinagawa Midnightにたどり着くような気がします。都会的というか、あまり人間的な優しさを感じない曲というか。
ポッドキャストの225回目←で初めてかけたんですけど(20日更新ね)、そのときにもお話したように、これは仕事の空き時間にIPHONEのガレージバンドでちょちょっと作ったサウンドスケッチをベースに組み立てていきました。
3月の頭ぐらいだったでしょうか。まだ寒くて日の入りも早いような感じで、そんな夕方でしたね~。仕事が速く終わっちゃってバスの時間まで空きができたんで、何気にIPHONE取り出してガレバン立ち上げて・・・みたいな流れ。
スマートキーボードで何気なく抑えたコードがな~んか哀愁を誘う感じで、それをエイトビートで刻んだら「お!なんかこれいい感じじゃね?」みたいになって、そのままイントロのピアノのタッチの参考になってたりするという。便利な時代になったもんです。
夕方作ったからっていうわけではないんですけど、このコードの響きと、いろいろ上物を重ねていくうちに「夕焼け」だったり「夕暮れ」っていうキーワードが出てきて、こういうタイトルになりました。メインパートをフルートでっていうのもこういう部分が濃かったから。
あんまり今ないですよね、インストでもフルートをメインに据えた曲。使い方や人の捕らえ方ですごく響き方が違って聞こえる楽器なんだなと思ってね~。先日のTMRのときも使ったんですが、同じ音色なのにすごく違う響きがすると思います。
そしてアレンジしていく中でもう一つ意識したのは、夕焼けとか夕暮れを連想させるものって、やっぱ昔の刑事ドラマだったりするんですよね(笑)特に石原プロが作ってたような大都会シリーズとか、あと特捜最前線みたいな。
なんかその頃の刑事ドラマってハードボイルドというか、画質も暗かったりするし、犯人を逮捕してもけしてハッピーエンドじゃなかった気がするんですよね。どこかやるせない気持ちや切なさが残った感じというか。逮捕しても人質は死んでたりとかね。
具体的にはこういうのを作って見たかったんですけどね→http://www.youtube.com/watch?v=fj2Yt07_M1c
そんなやるせない気持ち?仕事帰りになんかやりきれない気持ちのまま帰るっていう感じの日って、たぶん僕だけじゃなくて多かれ少なかれ誰しも感じてるものなんじゃないかなと。それでも無機質に時も町も流れていくっていうね。ほら、優しくないじゃん?(笑)
そこに人と人との繋がりだったり何気ない優しさや気遣いが入ってきたり、あるいは疲れて帰ったら迎えてくれる家族がいてくれるだけで救われる部分ってあるじゃないですか。なんかね、そんな優しさを求めて作りました・・・かな(笑)
生楽器のセッションというところを意識して極力クオンタイズを使わずに、あとサイバーな音もなるべく入れずにというのはこだわりました。それでも何トラックかはシーケンスとか機械的な音を入れてますけどね、あくまで隠し味的に。シンセの音が好きなんだねやっぱ。
それと何より大変だったのは効果音というかいわゆる環境音ですね。ほぼ全てのトラックができたときに、どこかタイトルを引き立てるものが一つほしいなと思って、本当に夕方自分が帰宅する道中の音を録音したものを使ってます。ぶっちゃけ一部朝の音もあるんだけど(苦笑)
環境音を入れた曲を作って見たいというのは昔からあったんですけど、こんなに難しいのかと(笑)雨が降っちゃうとサンセットにならないし、風が強いとマイクにノイズがぶぁーーって入っちゃうし、あとマイクの向きとかでステレオなのにそんな感じがぜんぜん出なかったりとか。
そんなにいい機材、いいマイクを使ってるわけじゃないんでこれが限界です、許してください(笑)でもイメージは脳内に作りながら聞きやすくなってるんじゃないかと思います。実は環境音なしのバージョンもデータとしてあるんで、いずれこれもアップロードしたいなと思ってる。
SEを抜いてあるからこそ見えてくる景色とか聞こえてくるものがあったりして、僕も聞き比べてみておもしろいなと感じているので。まずはこのオリジナルを聞いて皆さんの脳内を刺激していただけたらなと思います。けっこう「これ好きです」と言ってもらえてて嬉しい今日この頃、皆さんはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック