2012_09
02
(Sun)15:40

Quick MixというIPHONEアプリを試す

9月になりました。もう始っているところもあるみたいだけど大多数の学生は明日から2学期ですね。つまりは今日で夏休みも終わり。宿題終わったかーー(笑)僕DY、社会人になって10年になるわけですが、未だに今ぐらいの時期はどこか切ないです。
8月が終わると夏も一区切りみたいなところがあるし、社会人で夏休みがあるわけじゃないのにそれが終わってしまう寂しさが今の時期にはありますね。あの頃に戻りたいとは思わないけどね。もうあんな宿題地獄はまっぴらさ(笑)
1回夏休みの家庭訪問のとき、8月の真ん中だったのかな?先生に算数のドリルが終わったって自慢したんですよ。すっごい誇らしかったのに「すげーなー。よし、もう一周やりなさい」って…あのときの絶望たるやなかったね。忘れもしない小学校3年の夏休みのことでした、はっはっは。
しかも夏休み最後の日に宿題追い込んでたら筆記用具ぶっ壊れるしさ~。健常者の方には創造つかないことかもしれないけど、点字の筆記用具って「新しい鉛筆買ってくるわ」みたいな軽い感じじゃいかないんですよ。終わってなかったしぜったい怒られると思ってたけど、それはなくてほっとしましたが。
そんなことを思い出す世間的、学生さん的には夏休み最後の日。寂しさを紛らわすものになるかどうかはわかりませんがおじさん、インターネットでラジオをしてるんだ(笑)DYのPULVERIZEBEATっていう番組です。
今日240回目を配信したから、よかったら聞いてみてね。リンク先のRSSフィードをITUNESなどポッドキャストが受信できるソフトにぽちっと登録してくれたり、お便りもくれると嬉しいな。
さて、本日の話題。ちょっとおもしろいIPHONEアプリを見つけたのでレビューしてみようかと思います。Quick Mixというアプリです→http://itunes.apple.com/jp/app/quick-mix-simple-music-player/id472957713?mt=8http://itunes.apple.com/jp/app/quick-mix-simple-music-player/id472957713?mt=8
最近、夏の終わりを惜しむかのように僕DY、四分うちどかどかなトランスやらテクノやらハウス系の曲をIPHONEに入れてがんがん聞いてるのです。主に浅倉大介さんのソロ作品やら自分の曲やら、システムFとかペットショップボーイズとか、その他諸々。
そういうのをまとめてプレイリストに構築してたりするんだけど、こういうダンスビートな曲を普通に標準のミュージックアプリで再生するのってどっか寂しいなと思ったんですよ。曲と曲のつなぎ目が気になると。いわゆるしらける感じ?
PCのITUNESだとクロスフェード再生ができたりするんだけど、IPHONEでもこれができないものかと思って調べて見ました。そしたらね~、あるもんですね。いろいろヒットしたんですけど、ひとまず検索して一番上に出てきたこれを試して見ました。
1曲フルコーラスを普通に再生することもできるし、上で言ったクロスフェード機能も備わっています。1曲を再生する時間も決められて、たとえば2分後とにIPHONE内の曲を次々にノーストップで垂れ流すといったこともできます。気分はちょっとしたDJ。
しかもどういうアルゴリズムなのかはわからないんですが、その曲の盛り上がり部分を自動的に抽出して流してくれてる印象なんだよね~。だいたいサビとかBメロからサビみたいなとこが流れてくる感じ。たくさん曲を入れてる人は思わぬ形で埋もれた名曲に会えたりするかも。
僕が…というか視覚に障害があるユーザーがアプリを利用する上でやはり気になるところはボイスオーバーのアシストで動かせるのかというところなんですけど、まずそこはクリアです。英語の表示は多いんですが、そんなに難しいもんじゃなかろうと思います。「Play」とか「Play List」とかそんな感じだし。
右下のあたり(広告もあるのでそこを間違ってタップしないように注意)に設定のボタンがあって入れるようになってますが、その設定項目も問題なく読み上げてくれます。1局あたりを流す時間とかフェードする長さなんかも問題なく設定できます。さて、いろいろと設定を終えたらアプリを使ってみましょう。
最初、デフォルトの状態だとIPHONEの中の全ての曲を再生する状態になっているようなんですが、この状態からシャッフル再生させて楽しむもよし、プレイリストのボタンから再生したい曲を選んでいくこともできます。プレイリストの中身は通常のミュージックとなんら変わりませんが、このアプリで構築したリストの保存はできません。
僕は通常のミュージックでプレイリストをあらかじめ作っておいて、Quick Mixからそのプレイリストを読み込んで再生ってことをやってます。上で書いた四分うちどかどか、ノーストップトランス・テクノリスト。たまらんです(笑)やりたかった!でもできなかったそのストレスが一気に払拭されてすがすがしいことと言ったら。
あとはボイスオーバーのジェスチャーにも…公式ではないですが対応してるっぽいです。設定項目の曲のプレイ時間を決めるときでもスワイプでいけたり、日本指で画面をダブルタップすれば曲を一時停止することもできます。ただ、一つだけ注意が必要なこと。
アプリの初回起動時、もしくはアップスイッチャーからアプリを完全に終了させてからの再起動時。一応このアプリ、バックグラウンドで動く使用にはなっていますが、ボイスオーバーonの状態でホーム画面に戻ったり画面がロック状態になるとなぜか曲が止まります(苦笑)これ、たぶんバグだよね~。
最初何度やってもバックで動いてくれなくて、設定の中に入ったりなんたりして四苦八苦してたんですが、それらしき項目がなくて。う~ん、バグというかボイスオーバーとの絡みでうまくいかない面があるんだろうね。ここはフィードバックしないといかんかなと思ってます。
それで僕が試した対処としては、諸々の設定と曲の再生までが終わったらその状態でボイスオーバーを切って、それからロックするなりホーム画面に戻って、再度ボイスオーバーをonにする。これで問題なくバックでアプリが動いてくれます。めんどいですが、まったく使えないわけじゃないのでアップデートに期待しましょう。
あと、著作権的な観点からDRM保護されたファイルは再生ができないようです。ITUNES STOREで購入した音楽は基本的には再生できないと思ったほうがいいかなと思います。最近ではDRMフリーのコンテンツも増えてきてますけどね~、なかなかその辺の縛りはね。
ちなみに浅倉さんがソロとして配信限定でリリースしているDA METAVERSEのシリーズはDRMフリーなので問題なく再生できてます。たぶんここ最近配信されてるaccessの曲たちもいけるんじゃないかな。そんな感じで、ざっくりとではありますがQuick Mix、紹介して見ました。
このアプリ、無料ですが、広告表示のない有料版もあります。有料でも85円だから、もし僕と同じように曲間なしで聞いてみたいとか、あと外で友達や恋人(?)なんかと遊んでていろいろ曲を聞かせたいけど…みたいなときにいいかもね。ドライブなんかでもいいんじゃない?
あとジョギングとかスポーツのお供にもいいかもしれません。あなたも手軽にDJ気分!!もし興味がありましたらお試しください。ちなみに通常のミュージックよりもやっぱちょーーっとだけ電池消耗激しいみたい。そんな気になるほど消耗はしないけどね。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック