2012_09
21
(Fri)21:51

IOS6来光~アプデとアクセシビリティ祭り~

今週の頭に台風16号が九州の左側を通過していきましたけど、ほんと秋が一気に深まりましたね。昼間動けば汗ばむんだけど、明け方や夜はほんとに涼しくなりました。虫の声も元気です。
この歓談差についていけずに風邪を引いてしまってる人が多いみたいで、うちの職場にもちらほらといます。なんか風邪をまわしあってる感じがするんだけど・・・そろそろおれ危ない?(笑)気をつけなくては。
さて、なんと言っても今日はIPHONE5発売ですよね。辺境のブログですが、ここを見てる人にも手にしていじり倒してるという人もいるのでしょうか?しかし今朝、銀座のアップルストアが出てたけどすごいですね。
早い人は先週の土曜日から場所を確保してたとか言ってた。君たちお仕事は?そこまで命かけるものか?(笑)びっくりですわ。なんかIPHONEの契約数も過去最多って話しだし、それだけ注目されてるってことなんだよね。
そのIPHONE5にも標準搭載されているOS、IOS6がついに日本時間の昨日の明け方、配布されました。IPHONE5を買わずともこのIOS6に対する期待値も高いことと思います。Siriの強化とかFACEBOOKが標準アプリになるとか。
第3世代のIPADにもSiriがやってくるんだよね。その辺の話はググればたくさん出てくると思いますので割愛しまして、徒然ではやはりアクセシビリティー関連のお話を中心にしていきたい。ということで昨日、またもゲリラツイキャスを行いました。
それがこちらになります。プレイアーを貼り付けておきますが、スクリーンリーダーだとたどれないこともあるのでURLも一緒に。30分ありまして、最後のほうはわたわたして終わっておりますが(苦笑)ご了承ください。
IOS6上で動くボイスオーバーで文字入力を試す!!→
☆スクリーンリーダーの方はこちらより。クリックすると別ウインドーでツイキャスのページが開いて動画が始ります→http://twitcasting.tv/dyparabi/movie/6492443
12日(日本時間13日の朝)にIPHONE5やら第5世代IPODTOUCHのお披露目があって、そのときにIOS6のリリースも告知されたんですが、そのときぐらいから使用感みたいなところをツイキャスしたいなと思っていました。なんといっても僕を含め視覚障害の方には気になるボイスオーバーの動作ですよね。
マックOSのマウンテンライオンに標準搭載のボイスオーバーは一足先に強化されてまして、僕らがウインドーズ上で使用しているスクリーンリーダーには当たり前のように搭載されている漢字の詳細読みが公式にようやく出てきたんですよね←漢字の詳細読みと言われてもぴんとこない健常者の方、詳しくは上の動画で僕が説明していますのでそちらをご覧あれ。
なのでひょっとしたらIOS6にも入るんじゃないかといううわさがちらほらと。んでお披露目のときに現地で実際に触ったという人の話がリツイートされてきて、「読むよ」という、失礼ながら確かなのか確かじゃないのかよくわからない情報もちらほらと。なかなか記事とかにはなりにくい部分なのかもしれませんよね。
「アクセシビリティーが強化されています」っていう、表現はよくないかもしれないけどざっくりしたアナウンスはあったんだけどね。そんなうわさもありで、否が応でも期待が高まるではありませんか。でも実際のところはダウンロードしてみなきゃーわからない。そして迎えた昨日の明け方。
2時半ぐらいだったかな?ごそごそ起き出してきて、うちのIPODTOUCH第4世代とIPHONE4Sをアップデート開始。だいたい1時間ぐらいトータルでかかりましたかね~。そして、得られた結果が上の動画のとおりになります。もうこれは革命と言っても大げさじゃないかもしれない。すごいです。
これまでIPHONEやIPODTOUCHでは、確かに普通に使う分には申し分なかった。画面上の事柄をガイドしてくれるし、視覚障害者に特化したジェスチャーもよく考えられてると感心したし、だからアップルデバイスが気が付けば2台も我が家にある(笑)
でもやはり日本人たるもの、この漢字入力の際の壁というのがずいぶん高かったのです。IOS3を搭載したIPHONE3Gが初のボイスオーバー搭載機種でしたか。そこからIOSのバージョンが4になり5になり、それでもなお漢字入力は厳しかったわけです。
3年かかりましたけど、ようやくかゆいところに手が届くようになったというかね。よくぞやってくれましたって気持ちでいっぱい。数年前からこういった要望はアップルに出されていたという話もちらっと耳にはしていましたが、ついにです。これで視覚障害者にとってはすごくハードルが低いものになってきたんじゃないかな?
僕が配信しましたツイキャスではこの他に、ソフトウェアキーボードをタッチ入力で使う際にIOS5から変更になった点を開設してたり、文字入力のデモとして通知センターからのツイートを試したりしています。あんまり堅苦しいと飽きられちゃうと思ってちょっとふざけた文章を作りましたけどね(笑)よろしければぜひ。
んで今気が付いたけどこのツイキャス、トータルで61人の人が見てくれたみたい。この数字が録画との合算なのかそれともライブだけの数値なのかはよくわかんないんだけど、いずれにしてもすごいです。61人が僕のつたない開設を見てくれたというのはありがたいですね~。そしてそれだけ注目されてることってのもよくわかる。
文字入力についてはこのツイキャスを見ていただくとして、実はこのツイキャスのあと、声だけなんですけど大阪のしんさんが配信しましたUSTにお邪魔して、IOS6に関する座談会を行いました。僕としんさんとその奥様、そして会議通話でお二人をお迎えしてわいわいと。そのUSTのリンク先は以下になります。
http://www.ustream.tv/recorded/25549226
いつもしんさんがやっているUSTとはちょっと違っていてほんと座談会って感じだったんですけど、こちらもけっこう多くの方に見ていただいたようで。24人とか5人だったかな?ツイートもたくさんいただきました。この場を借り手ですがありがとうございます。
ここでは主に、僕がツイキャスしました漢字の詳細読みに加えてボイスオーバーで読み上げが強化された点や、アクセシビリティー機能全体のお話、あとズーム機能とボイスオーバーを同時に使えるようになったなどの変更点。
それからIOS6の全体的な変更点にボイスオーバーは対応してるのかとか。地図とかね。何かと話題の地図ですけどね、いい意味でも悪い意味でも(苦笑)読み上げは確かに完璧な感じはするけど、使い方がわかってなくてぐどぐどになっちゃいましたけど。
そういったところをわいわいさせていただきました。2時間近くありますので、しんさんのUSTについてはお時間に余裕を持ってご覧ください。いや~、しかし楽しかったですね。電池ソムリエとか、知らない人が聞いたら意味不明なこともたくさん混ざってますが(笑)ま~気にしないでください。
あと視覚障害者には余裕で通じるんだろうけど、健常者には日本語でOKみたいな話もあるのかな?ホームページリーダーの話とかフォーカストークの話とかもありましたけどね~。でも総括になりますが、逆にこの二つのライブ配信に関してはやってよかったなって思います。
IOS6とかIPHONE5って、嫌でも今のトレンドですし、そこで検索してたまたま入ってきてくださった健常者の方もいると思うんですよ。もしくはこれから入ってくる人。なんにも特別なことをせず、ただ内臓されているボイスオーバーというものを使えば視覚障害の人でもIPHONEを使えるんだってこと。
なによりこういう配信をすることで知ってもらうきっかけになりますよね。あと運河よければだけどこの配信がアップル、もしくはその関係者に伝わったりとかすると更なるアクセシビリティ機能の向上にも繋がったりとか?そういう可能性も0ではないし。
今回の漢字の詳細読み対応ってのは本当に大きな進歩だと思ったし、それを知ってもらうというところで意味のある祭りになったかなって・・・僕はね・・・僕はそう思っています。ぜひぜひ皆さん、広めてください。
なかなかこういうことって報道されにくいですからね、上にも書いたけど。実際、日常生活で僕が普通にIPHONEを操作してるとすっごい驚かれるんですよ。みんな不思議でしょうがないみたい(笑)そりゃそうだよね~。
僕自身が実は一番不思議に感じてるかも。1年半前、ここまでIPHONEを熱く語ることになってるとか創造もしてなかったし。そんなわけで、話はつきませんが、以上、昨日のお祭りについて振り返ってみました。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック