2013_04
17
(Wed)00:09

レベル34

昨年も、一昨年も、5年前も10年前も20年前も生まれたときから・・・たぶんなーんにも変わってない。おれはおれ。無駄に図体だけがでかくなり、脳内は子供のまま。見た目は大人、頭脳は子供。
昨日も1日、ずっとそんなことを考えていた。いや、たぶん1年前も。子供の頃自分が見ていた大人たち、30台の人たちって、もっとちゃんと大人だったような気がする。
何をもって大人なのか、何が足りないから子供なのか。未だにぜんぜんわからない。結婚しているから大人?子供がいて家庭をしっかり支えているから大人?社会に出て、しっかり仕事をしているから大人?その逆が子供?
子供の頃、自分が見上げていた大人たちは、うまく言えないけど大人だった。間違いなく大人だった。自分みたいなだらしのない大人はいなかったように思う。それは、周りにいた大人たちが教師や家族だったからではないはず。
そして、今まさに自分の周りを見渡してみる。隣の芝生は青いというけれど、なんだか自分と同世代、いや、下の世代だってすごく自分よりも大きく見える気がする。言い方を変えれば、自分は小さすぎる。
結婚している人、親になった人、会社で出世した人、会社を立ち上げた人、目標に向かって確実に進んでいる人、今まさに闘っている人・・・さまざまである。おれはどうだ?
どことなく、それがいつからかはわからないけれど、どこかで時間が止まっている気がしてならない。特別自分が頑張ってるとかそういう風にもぜんぜん思えないし、いろんな意味で打たれ弱い。
でも、周りの時間は確実に動いていて、僕の肉体も着実に年をとっている。精神的には・・・。これでいいのだろうか?そして、こんなことをいったいいつまで考え続けるのだろうか?
むしろ、こういうことを考え続けることそのものがナンセンスなのだろうか?でも考えるんだろうな。たぶん来年の今日ももんもんと考え続けてこの日を迎えるんだろう。
毎年毎年、「今年こそは重たいこの皮をぶち破ってやる」なんて思ってはみるけど、結局同じパターンでその年が終わる。数値だけは増えていくけど、積み重なっているのかなー?
自分を応援してくれる人、手を差し伸べてくれる人に、僕はどれだけの気持ちを返すことができてるだろう?感謝の気持ちをどれだけ伝え切れてるだろう?嫌な思いをさせた人はいなかっただろうか?
他人のことを思いやっているつもりで、思いやりが思い上がりになっていないだろうか?傷ついた人に本当の優しさを注げているだろうか?理不尽なことに向き合う強さを持てただろうか?
そうやってもんもんと考えて考えて、また年を重ねてしまいました。毎年毎年、すみません、こんな感じで。34歳になったからって中身はぜんぜん変わりません。こういう大人がいてもいいのでしょうかね?
子供たちの手本みたいなものにはぜんぜんなれないと思いますが、でも、一つでもいいから、誰かをにっこりさせられるようなことは常に考えて、それだけは忘れないでいたいなと思っています。
4月1日にはとんだ茶番もありましたが、ポッドキャストも変わらず続けていくし、生放送も今後もやっていきますし、音楽もそうだし、いろいろ「これは大人としてどうなんだ?」みたいなことはありますが(苦笑)
でもやりますよ。それしかできないんで。そんで、たちの悪いことにそういう誰かを楽しませたいといろいろたくらむことが楽しくてしょうがないんで。きっと来年もこのままです。皆さん、今年もよろしくお願いします。
最後に話はぜんぜん違うんですが、FC2ブログも記事の更新通知をfacebookにシェアできるようになったらしくて、試しに設定してみました。どうだろう、うまく反映されるかな?それにしても、PCのfacebookはなんでこう使いにくいかねー。
今までブログの更新通知は別のアプリにRSSを読ませてやってたんですが、そいつを削除するのにもうえらい時間がかかって、肩もこりこりっすよ。モバイルサイトからうまくできたけど、何かtwitterみたいによいソフトはないものでしょうか?
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック