2013_12
30
(Mon)12:58

DA系2013年十大ニュース

昨日から僕DYは年末年始のお休みに突入しております。まーいつものことですが有給なるものをたくみに使っての休暇です。今忙しく働いてる人、ごめんなさい。
ここ数年はなんかだめですねー。年取ったのかね?昔は「どうせ暇だし大晦日までぜんぜん出ますよ。ばっちこーい」な正確だったんですが、今はもう「大晦日まで働いてられっかー、こんちくしょ」ですから。
んで、6連休でもあることだし録り貯めたドラマでもゆっくり見ようかなと思ってたんですけど、そんな気力もなく。今日はとりあえずあまちゃん見ながら時々twitterでぶつくさやってます。
そういえば、今朝飛び込んできた、ミハエルシューマッハー重態のニュース。スキー中に点灯して岩に頭をぶつけての意識不明状態らしいんですが、まだ44歳。若いですよ。助かって欲しいなって思いますねー。
そんな2013年の年末です。今年もこの季節がやってきました…ということで、通例の振り返りエントリーです。今年も僕の心の師匠である浅倉大介さん関連と自分関連の出来事の中から10個をピックアップして2013年を振り返りたいと思います。
1日目となる今日は浅倉さん関連の自分的なニュースです。あくまで個人的な10個の出来事なので、毎年のように「あれが入ってない、これが入ってない」っていろいろ言うのはお控えくださいませね。
今年は、特に距離を置くつもりはなかったんですけど、ネットラジオノほうに主にベクトルが向いてたなっていうのはあって、あまり浅倉さんのことをチェックできてない年ではあったんですけど、数えてみるとけっこう印象深かったことが幾つかでてきました。
ということで、ではいってみたいと思います。毎年のように長くなることが予想されますので、興味のある方は続きをぽちっとしてご覧ください。
まず第10位、ソロとして全国クラブツアー開催。今年の春と秋、浅倉さんがDJとなって全国のクラブをまわるツアーが行われました。前者はメタバCD発売記念、後者はリマスターCD発売記念だったかな?

それぞれにコンセプトは一応あったようだけど、いずれにしても全国あちこちに出向いて浅倉さんと近い場所で踊って騒げるっていうイベントはいいですよねー、うらやましい。

僕はどちらも不参加だったので蚊帳の外でしたが、例のごとくtwitterで参加者の皆さんがつぶやくネタバレツイを見ては楽しませていただきました。久しぶりに浅倉さんのクラブイベント、行きたいなー。

第9位はDA METAVERSE、待望のCDリリース。これまでiTunesでの配信限定でリリースされていた25曲のソロ楽曲がまとめられ、2枚のアルバムとして今年の春にリリースされました。

CDになるに当たり、たぶん配信されたものよりも音質が上がってる感じ。特に音圧がいい感じで増してて、聞いてて気持ちがいいです。これに伴い僕も配信音源からCD音源へiPhoneの中身を総入れ替えです。

このアルバムに関して特にレビューはしなかったと思うんですけど、どの曲もなかなかよいですねー。特にヤタガラスは感動すらしてしまいました。メタバはまだまだ継続中で、ソロの新曲もあるという話なので、2014年はリリースも楽しみにしときましょうかね。

第8位は、ボカロPデビュー!!ZOLA PROJECTに楽曲提供です。今年の5月か6月ぐらいでしたか?男の子3人組アイドルっていうのをモチーフにしたボーカロイドが発売されることになって、そのデビュー曲を浅倉さんが手がけました。それがこちら↓



BORDERLESSっていう曲で作編曲は浅倉さんですが、作詞があの森雪之丞さんですよー。いやーこのコンビ、すごいです。そしてこのフルデジタルながら熱いロックにも聞こえるこの感じ、たまらんなー。

浅倉さんはマック使いなのでボカロを操ることができず、いわゆる調教に関してはメーカーさんにお願いしたとのことですが、いやーよい。カラオケにも入ってるらしいのでいつか歌ってみたいですねー。

第7位はTMRと水樹奈々、コラボシングル発売です。今年の5月でしたか、アニメのタイアップということでこの二人が組んでのコラボ曲が発売になるというので話題になりましたね。それがこちら↓



DAファンの中には水樹奈々さんのファンも多いように聞くので(特に10台の子)、もしかしたら待望の…っていう感じになるのでしょうか?僕的には二人ともすごくパワフルなボーカルだし、これを浅倉さんがどうまとめるのか非情に興味がありました。

ハイスピードなトラックに二人のボーカルが絶妙に絡むこの曲。フジテレビの特番とかでも小室さんとのコラボで歌われたりなどしましたね。明日は紅白でも聞けたりするのかな?そして実はまだ僕、このCD持ってないんだよね(汗)買うタイミングを逃してしまって…てへぺろ。

第6位は、地上波のテレビ、トークやバラエティー番組への出演ですね。3月にはごきげんよう、9月には有吉反省会のスペシャルと、音楽番組意外への出演も目立った1年でした。こちら大分でも見られる機会が多くて嬉しかったですねー。

僕なんかはオフィシャルサイトの情報とかtwitterでご本人がつぶやいてくれたりするのでチェックしては録画予約っていう感じでしたけど、家族が気を遣ってくれて「浅倉さん出るんだってよ」って教えてくれるのもありがたかったよね(笑)

めったに大分ではないことなのでね。でも天然な浅倉さんの感じに家族はどん引きしてましたが(苦笑)忙しいこととは思いますけども、できたら音楽番組にも時々は出てほしいなー。

第5位は、TRFのトリビュートアルバムにaccessとして参加です。今年の3月、TRFのデビュー20周年を記念してトリビュートアルバムが発売されました。これまでにトリビュートされた作品も含めての発売で新録もあったんですが、その新録の一つがaccess。

「クレーーイズィーー、ゴナ、クレーーーイズィーー♪」ですよ(笑)もともと僕、この曲大好きだったので、これをaccessとしてどう味付けするのかがすごく楽しみでした。アルバム自体の価格も2枚組なのに意外と安かったので即効で予約、お買い上げでしたね。



昨年、ライブでTMをカバーしてライブではカバー曲の披露はありましたけど、カバー曲をCDでリリースするのは初めてですよね。いろいろと賛否はあるかもしれませんが、時々はこういうアルバムにも参加してもらいたいなとか思ったりします。

第4位は、access、2枚のシングルをリリースです。5月に永遠Dive、7月にJoy trainの2枚のシングルがリリースされました。まずはこちら↓
【送料無料】永遠dive(A盤) [ access ]

【送料無料】永遠dive(A盤) [ access ]
価格:2,000円(税込、送料込)


【送料無料】永遠dive(B盤) [ access ]

【送料無料】永遠dive(B盤) [ access ]
価格:2,000円(税込、送料込)


永遠Diveはこの2種類がリリース。4曲目に収録されているライブ音源が違います。タイトルチューンはすごくアッパーで突き抜けた感じの燃え曲ですね。ライブ生えする本当に元気の出る1局です。
カップリングの曲は4曲目にも収録されていますが、ここで録音したファンの声を取り込んでトラックとして使用しています。まさに20周年の血漿というかそんな曲ですよね。どちらもいいテンションの曲で、どちらもライブの定番曲になりつつありますかね。そしてもう1曲。
【送料無料】JOY TRAIN [ access ]

【送料無料】JOY TRAIN [ access ]
価格:2,000円(税込、送料込)


こちらもすごくいい曲。浅倉産的には永遠Diveの高カロリーハイテンションのものとは正反対のものを目指したというように言ってますけど、個人的にはそんなことないんじゃないかなって気がしてて、すごく熱い魂を感じるようなサウンドだなって思ってます。
キラキラ要素もあるし、Hiroが書く詞のメッセージが浅倉さんのメロディーにすごくうまく乗っかってぐいぐい突き刺さってくる。すごく今accessとしていいテンションで音楽が作れてるんだなって気がします。カップリングには初期accessのエロ曲をダンスミックスで(笑)
特にナイウェイ♪は個人的にはCDとしてほしかったバージョンだったので嬉しかったなー。この3曲を自宅でいつでも好きなときに聞けるっていうのは嬉しいよね。「そうだろ?」が入ってないのがちと残念でしたけども。
第3位はaccess 20th ドキュメントDVD発売です。accessデビュー21周年という日、そのタイミングで通販限定生産でリリースされました。注文を受けた数しか発注しないというプレミアムな3枚組みDVD。
20周年イヤーだった昨年のaccessの活動に密着し、クラブツアーやメモリアルイベントなどの映像がドキュメントで収録されています。まーいろいろ事情はあったんだろうと思いますが、特にディスク2の作りが個人的には残念だったかなー。
なにかこう、1曲1曲がぶつ切りにされてる感じが残念でならなくて。ドキュメント映像であることを差し引いても残念だった。あとは申し分ないんですけどもねー。でも、リリースしていただいたことには素直に感謝です。
第2位は、春のaccess全国ツアー、永遠Dive開催です。昨年に続いてクラブ規模の会場を廻る春ツアーが行われました。僕はラストの6月1日、福岡に参加。
これまで自分が参加したライブでは、たとえ雨の予報の日でも晴れにしてきた自分。その不敗神話が見事に崩れ去りまして(笑)この日は6月だというのにすごい冷たい雨が降った福岡だったんですよ。めっちゃ寒くてさー(笑)
でも、ライブ自体はすごく熱く楽しいものになりました。Stay my loveには感動したなー。あと、ライブ後にハイタッチ会にも参加することができました。性格にはハイタッチにはなってなかったんだけど、二人とも目が不自由な僕に気を遣ってくれて本当にありがたかったですね。
今回もこのライブには、twitterで声をかけてくださったじゅんたんさんという方に助けていただき参加することができました。本当にこれはありがたいことだと感じてます。来年も既に春ツアーが決まっているので、ぜひ参加したいなー。
そして、僕が今年1年でもっとも浅倉さん関連で心に残った出来事はずばり、ふくろうのカラコルちゃん、浅倉家にくるですかね、これしかないでしょう。いつぞや、ふくろうカフェでの雑誌の取材からその魅力に凌駕され、ふくろうを飼ってみたくてしかたなくなった浅倉さん。
有吉反省会ではそこのところをずいぶんつっつかれてましたが(笑)家にカラコルちゃんというふくろうがやってきたのがいつでしたかねー、6月とか7月ぐらい?毎日のようにtwitterに写真が上がってきますけど、ほんとめろめろだよねー。
そしてカラコルがきたことが影響してるのか、今年はほんと神曲が乱立した1年だったような気がします。上で取り上げてきた曲たちもそうだし、今浅倉さんの脳内はすごく精神的にも満たされているような気がしてる。
いいメロディーが大爆発して噴出してるようなそんな感じ。いやー、カラコルちゃんありがとうって感じですね、ファンとしてはね(笑)
ということで、浅倉さん関連の僕的なニュースを10個あげてみましたけどいかがだったでしょうか?やっぱ1位はこれにつきますねってところなんですけど、accessのシングル2枚については今年、ほんとうにいろいろ助けられたなって気がしてるんですよね。
今年の年越しはこれを聞きながらやって、2014年の始まりはジョイトレを聞こうかなってぐらいの感じです。そして来年もまた素晴らしい曲たちをお待ちしています、浅倉さん。おれも頑張るぜ。
あ、そうそう。今日の夕方にはニコ生でaccess関連の再放送があるんですよね。夏のツアーは参加できなかったし、ニコ生での中継も事情によりちらっとしか見られなかったんで、今日は今年最後にわいわいやろうかなーとか思ってます。
ということで、いよいよ今年も残り少なくなってきました。明日は僕DY関連の振り返りをやって2013年を締めくくりたいと思ってます。明日ももしよろしければお付き合いくださいませ。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック