2016_04
27
(Wed)11:20

l & p楽曲解説03~labyrinth~

3日連続のエントリー!!だから雨なんでしょうか(笑)皆さんこんにちは。GW前にしとしとしとしとといやな雨です。そしてわりと最近頻繁に降っているので、特に熊本や大分県の山沿いの状況が心配。大きな被害に繋がらなければいいなと願わずにはいられません。
そんな今日なんですが僕は仕事が休みで、2ヶ月ぶりぐらい?散発に行ってきました。かなり伸び放題だったのでめっちゃすっきり。頭も軽くなった気がしてます。ただ朝一で行ってきたのでおかあさんといっしょが見られなかった(笑)
あとで録画したやつを見ようかなと思うんですが、なんでまたおかあさんといっしょなのかというと二つ目的があって、一つは今夜のパラビ収録に向けての予習というのと、もう一つは、4月から新しくなったらしい着ぐるみ劇にTMR西川ちゃんが声で出演するとのことで。
精力的にもほどがあるよね(笑)わりとNHKのEテレによく出てる気はしてましたけど、まさかこういう転回になるとは思いもしませんでした。西川ちゃんお得意の美声も披露されるっていうことらしいので、幼児向け番組でどんな感じで出てくるのか楽しみにしております。
さて、そんな本日のエントリーですが、先月販売開始となりました僕のデジタルシングルl & pの曲解説シリーズの最終回です。最後の最後はl & pのl、1曲目と5曲目収録のlabyrinthについて書かせていただきます。追記欄には改めて歌詞も掲載してますので、よかったらカラオケトラックで歌ってみてね。
昨年行った僕の曲人気投票で堂々の1位になり、デジタルシングル配信の大きなきっかけになったこの曲。昨年このブログでも解説を書いたのでまだまだ記憶に新しいところだと思います。なんせ正式に完成という形になってからまだ1年経ってませんしね(笑)
なので今もmuzieに残してありますけど、両方とも聞いていただいた方にはあの状態からほとんど手を加えていないことがお解かりいただけるのではないかと。歌もコーラスもそのまんま。時間もあんまり経ってないですしできもそんなに悪いとは自分の中では思わなかったので。
売り物にするからといってあんまり手を加えすぎると「いい」と言ってくれる人をがっかりさせちゃう部分もあるかなと思ったのもありますね。それに今はその時期じゃないというか。perfectmanとはわけが違うというかね(笑)でも、直すところは直してます。
両方とも聞き比べていただいて、ぱっと聞いた感じ明らかに違う部分もあれば、よく聞かないとわからない部分もあると思います。わかりやすいところだと、間奏部分の音全体がぐにゃっとする部分?あそこはやり直しました。フリーの波形編集ソフトでいい音のフェイザー効果を出すのがあってね。
あの効果をどうしても出したくて、あと微妙に3Dで前後左右に音が飛ぶように音をいじったりもしてより迷宮感を出してみたというか。一瞬でも「音に酔う」ような感覚をあそこはちょっと入れてみたかったので。本来ならDAW一本でやれてしまうところをわざわざ一つ別のソフトをかませました。ちょっとしたこだわり。
あとは、muzie版をあちこちで使っていただく中でご指摘いただいた「ここ、ちょっと音が割れてる感じがするけど」っていう部分のミックスを調整したり、flap my WINgsのときにも書きましたがマスタリング環境を変えてみたんですよ。とはいえいろいろまだ模索中なんだけど、フリーのマキシマイザープラグインをあれこれ試す中でたどり着いたやつを使ってみました。
なのでmuzie版よりもわりと低音、特にベースとキックのバランスがすっきり出せてるかなというのと、全体の音色がくっきり聞こえるようにできたかなとは思ってます。間奏のピアノ部分はもうちょっとガツンと出したかったので…ってこれはコンプかけなおしたのもあるんですけど、いい感じで出てきたなって思ってる。
トラック数的にはさっきも言ったようにmuzie版と変わりなく足しも引きもしてないですが、今まで聞こえてなかったような音がちょっと前に出てる感じはあるかもですね。鳴ってる音色は前にも書いたように大多数がiOSのガレージバンドのループ素材です。おととしの暮れにAppleがチャリティーでいろんなコンテンツを出してて、その中にこのループ素材もあって。
聞いてみたら僕のつぼをグイグイ押して凝られて、これ使って何か1曲できないかなと思ったのがそもそもの始まり。でもけっこう苦手なんですよね、ループ素材を組み合わせて曲にしていくの。だいたい僕、メロディーとコードを先に作ってしまってから他のアレンジに取り掛かるので、ある程度素材としてできてるものを切り貼りするのが苦手。
なのでたくさんあった中でも、たとえばベースラインはほぼほぼ1コードのやつだったり、メロディーが当てはめやすかったもの。そしてそれをうまいこと繋いでくれそうな素材しか使ってないです。ただ大サビ前の間奏で使ってる素材は一発で気に入りましたね(笑)作る前から「これは大サビ前でいこう」ってビジョンがあった。
そんなわけでiOSのガレバン単体で作り始めたはいいものの、いろいろ苦労しました。無駄にトラック数が増えていくとか、逆に消しちゃいけないものを消しちゃうとか。途中何度かめんどくさくなってきたんですが(笑)なんとかベーシックなものができて…あとは去年のエントリーで書いてるのでそちらを。
んで最終的にはそのガレバンで作ったベーシック部分、たぶん5トラックとかあったのかな?それを1トラックずつ書き出してReaperでミックスして歌入れてマスタリングして…という流れ。その中でもうちょっと厚みがほしいなとかいろいろ思ったらいろいろ使う機材もトラック数も増えていきましたね。
ほぼほぼうちにある手持ちの機材はアプリも含めて入ってるんじゃないかな。入ってないのはMONOTRONシリーズぐらい?あとこの曲では初めてソフトシンセを一つ使ってますね。センターで鳴ってるピコピコしたシーケンス音がそれなんですが、本当に簡単なソフトシンセなんですけどいい音が作れたなと思って。
あとリズムセクションでiOS版のカオシレーターを。左右にまわってる感じのハイハットの音とリズムに厚みを出すために入れたハウス系のループ素材がそれですね。けっこうクールな響きが出せたなと思って気に入ってはおります。EDMテイストは強いけどロックなギターが入ってもはえる曲だとは思いますね。
さてさて、そして歌詞です。あちこちで言ってますがこの曲の歌詞は難産でしてそれが曲の完成を遅らせた要因ではあるんですけど、考えすぎたあげくにちょっとわかりにくいかもしれない抽象的な表現に落ち着いてしまったんですが、ざっくり言うと白黒つけるってなにさってことっすかね(笑)
人が生きていく中で何が正しくて何が間違いでって自問自答するような場面、ほんと死ぬまで幾つあるんだろうってぐらい次から次に出てくる話だと思うんですけど、そうやって毎日毎日人は試されながら生きていくもんなんだろうなって。僕にとってのその一つが幼馴染の不倫という出来事だったんだけど。
けっこうショックですよ。幼馴染でしかも初恋だった女の子が社会人になってわりとすぐのタイミングで結婚して家族ができて、小学校の頃からずっと言ってたお嫁さん、おかあさんになって、それをずっと遠くから見守ってきたような人からだんなの不倫について相談されたりそれに耐えかねて自分も外に別の人を作ったりなんて話を聞くのは。
時間というのはほんとときに残酷やなって思った。さびしい気持ちからそこへ手を出してしまった彼女の気持ちもわからんじゃないし。普通に考えれば家族や家庭がある中でそうなってしまうというのはよくないことなんだろうけど、彼女が100%間違っているとも思えない。なんだかこう、切ないなって。
彼女が外に彼氏を作ってしまったとき、だんなはそれをとがめもしなかったそうです。自分もよろしくやってるわけでとがめる権利なんてないと思ったのかそれが大人の対応だと考えたのかそれは定かではないけれど、悪いことをしてもしかられない寂しさというのも彼女にはあったのではないか。それが2番で書いた「優しさもない束縛もない自由」という詞。
「愛」なんて単純な表現にしたくなかったんですよね。それで「自由」っていう表現を選んだんですけど。わかりにくくてすみませんなー(笑)そんなわけで、けっこうのりのり、あげあげなダンスチューンなんですがけっこう切ない裏が隠れていたりします。でもね、なんかこう、歌うときは切なくじゃなくて「ふざけんなてめーこら、あー?」な感じで歌ってもらえたら(笑)
perfectman同様5曲目にカラオケも収録しています。実はlabyrinthは公開した当時からカラオケで歌ってみたいという声を複数いただいていました。4つ打ちでのりやすいしメロディーも90年代のカラオケブームの頃に近い印象があるので、すっと入ってくる気持ちよさみたいなのもあったのかもしれませんね。ありがたいことです。
ぜひぜひ歌っていただければ。あれですね、ポッドキャストでlabyrinthのカラオケ選手権でもするかい(笑)あ、ちなみになんですがこの質問も何認可からいただいてました。l & pの収録順、オリジナルとカラオケでなぜ順番が違うのか。これは実際に通しで聞いたときの僕の印象がこっちのほうがよかったから。
最初はflap my WINgsをはさんで順番どおりlabyrinthとperfectmanでいこうと思ったんですが、うまく言えないんですけどどことなく気持ち悪さを感じたんですね。わかる人にはわかってもらえるんじゃないか…いや、僕だけかな(笑)なので特別意味があってのことじゃないです。間違いでもないです。気持ち悪かったから…それだけ(笑)
ということで3日にわたってお届けしてきましたl & pの曲解説、いかがだったでしょうか?シングルなのに1曲ずつけっこうじっくり解説させていただいて、さて、アルバム出たら何日かかるのかっていう不安が積もったところで今日はこの辺で。ぜひぜひ皆様、まだまだ販売中ですので応援よろしくお願いします。
あと、GWが終わった辺りになるかと思いますが、l & pのCD版をご希望の方に向けてお届けしようということも考えています。数に限りがありますが、「DLでデータしか残らないのはちょっと」という方はもうちょっとお待ちください。そして次回エントリーは、音亀フェス2015コンピアルバム収録の曲をいこうと思いますよ。次回がいつかはわかりませんが(笑)お楽しみに。
★DYデジタルシングル「l & p」
01 labyrinth
02 perfectman
03 flap my WINgs
04 perfectman -original karaoke-
05 labyrinth -original karaoke-
★以下サイトにて販売中!!
iTunes store
https://itun.es/jp/nHHdbb
AMAZON MUSIC
l & p
その他配信サイトにつきましてはこちらへ
http://daisukesinkaron.blog8.fc2.com/blog-entry-2196.html
labyrinth
(作詞、作編曲、山本大輔)


正しいとか間違いとか
世界がまた僕を試すよ Evryday
奪われても裏切りでも
止められない時間が惑わせる


深く胸をえぐる真実
触れてこぼれる宝石
絶えず渦巻く疑惑の中
夢を重ねてく memory

追いかけても追いつけないレースを続けながら
あるはずないゴールを探して

正しくても間違いでも
世界がまた僕を試すよ Evryday
奪われたり裏切ったり
止まることない時間が惑わせる


叫ぶ声にならない声は
誰も探せない melody

優しさもない、束縛もない
自由を忘れたまま操られる
目覚めた本能

苦しみより労わりより
世界はまだ溺れ続ける evry night
慈しんで求め合って
確かめ合う先の永遠を


正しいとか間違いとか
世界がまた僕を試すよ Evryday
奪われても裏切りでも
止められない時間が惑わせる

苦しんだり労わったり
世界はただ溺れ続ける evry night
慈しみも深い罪も
確かめ合う次の入り口へ

止められない時間のlabyrinth
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック