2016_07
08
(Fri)20:02

副鼻腔炎になったとさ

雨の金曜日、皆さんいかがお過ごしでしょうか?昨日は七夕でしたけど、織姫と彦星は1年に1度のデートを楽しめたかな?僕の織姫は未だ現れません(涙)まさに「君がいい、選びたくて、選ばれないことばかりで♪」です。
そんなさびしい話はおいておいて、今日は1年ぶりぐらいでしょうか、耳鼻科に行ってきました。実は地震の前ぐらいからでしょうか、どうも鼻の調子がよくないなーと思ってたんです。春先に風邪の症状があってそこからずっと鼻がグシュグシュいってて。
「今年はいつになく花粉症の症状強いなー」なんてのんきに思ってました。「だがおれは花粉症ごときで耳鼻科にはいかん」などとわけのわからないことも思ってたり(笑)それが1ヶ月、2ヶ月過ぎてもいっこうに治まらない。
そうこうしていたら祖母の入院があったりなんたりでドタバタしていて、家中ドタバタで、自分も病院に行くという余裕がなくそのまま放置していました。ようやく7月になり、鼻のグシュグシュが未だ治まる気配なしという状態。
自分の声がモワンモワン響いたり、鼻水鼻づまりの症状が強い日などは耳まで詰まって気が狂いそうになるぐらいだったり、目の奥が重く目やにもそこそこ量が多めに出てくる日もあって、こりゃちょっと覚悟を決めて行かんとあかんやろうと。
この4ヶ月ぐらいはかかりつけの内科でもらった風邪薬でしのいでいましたがあんまり効果がなかったこともあり、重い腰をどっこいしょとあげて近くの耳鼻科へ。ちっちゃい頃の中耳炎の治療のトラウマなんでしょうかね、未だに耳鼻科は苦手です。
「とっとと終われ」という気持ちと「痛くしないでくれ」という気持ちが複雑に交差する心のスクランブルエリア…なんてごちゃごちゃ考える暇もなく、耳鼻科に入って保険証と診察券出したらすぐ呼ばれた(笑)よっしゃ、男DY37歳、腹をくくるぜ。
先生に症状を告げたら、鼻の中をちょっと見て、消毒だったのかな?一瞬何かをプシュッとされて、続いて吸引機みたいなので花の中をチューチュー吸われました。どちらもほんの一瞬。「じゃーレントゲン、とりましょうか」ということで2枚撮影。
鼻のレントゲンなんて撮るの初めてで、勝手がわからずちょっとナースをてこずらせてしまいましたが、すぐに撮影終了。いつも思うんですが最近はレントゲンもデジタル化されてて、すぐ先生の手元のPCで画像を確認できたりするようですね。
時々「カコン♪カコン♪」って、なにかをPCに接続したり切断したりの音が聞こえてましたが…たぶんXP(笑)病院内のシステムはXPから上がってない様子。そして画像診断の結果、「蓄膿がありますね」とのことでした。
右側がだいぶ白くにごってて、左側も多少ありますという説明で、とりあえず飲み薬と点鼻薬を処方していただき本日の診察は終了。びびりにびびりまくったけどこの程度で済んでよかったわー。そして今に至ります。
初めて点鼻薬をさしましたけど、「おうっ!!」ってなりますね(笑)プッシュしたときにけっこう勢いよく出るっぽくて、いきなり鼻の奥をずんってやられた感じがして。痛みとかはないんですけど慣れないとちょっと気持ち悪いというか。
そしてそもそもちゃんと入っているのかどうかも心配(笑)まー垂れてくるような感覚はないし口の奥の鼻側のどこかに何かが入った感覚はあるので大丈夫だろうとは思いつつ。そんなんでお薬を昼と夜の2回インストールしましたが、気持ちがいいですね。
鼻の通りがぜんぜん違う感じ。やっぱ耳鼻科行ってよかった。とりあえず1週間様子を見ましょうということなんですが、このまま落ち着いてくれると嬉しいなーと思います。早く治ってくれないと秋に飛行機に乗れないじゃないの(笑)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック