2017_02
21
(Tue)00:04

今日も考える

昨日のエントリー、よくよく読み返してみたら矛盾がありますね。好きなことだけ選んできた自分がいけないのかって考えているわりに、仕事は休みたい癖して音楽とポッドキャストは続けたいだなんて。それこそ言ってることとやろうとしてることがおかしい。素直なままに書くとこういうことになります、情けない。
みんなそう、苦しい琴だってやりたくないことだってそれぞれにあって、でもそこから逃げるわけにはいかない。みんなちゃんと向き合ったりそれなりに流したりしながら生きてる。僕はやっぱり逃げることしか考えていない。一つだけ弁解させていただくと、仕事を0の状態にしたいわけではありません。
ただ遊んで暮らしたいだなんてそんなことは思っていなくて、今好きだと思えるもの、前を向いて打ち込みたいと思えるものがあるうちに少しだけ苦しいことを休んで、苦しいことを続けるための力を蓄えたいという意味で書きました。そこが伝わっていないのだとしたら僕の言葉が足りませんでした。
仕事の内容そのものについては僕は生きがいをもって…いましたと書いたほうが正確なのかな?今はいろんなしがらみと職場の雰囲気に飲まれて、自分が本当にお客さんたちに提供したいサービス、届けたい気持ちや体温を与えられない状態になっていて、これもまた僕の伝える力の不足なんでしょう。
それがとてつもなく歯がゆくて悔しいんですが、スタッフもそれぞれにそれぞれの仕事でいっぱいいっぱいなのが手に取るようにわかるし、それに伴ってイライラしている人が多いことも知ってる。そこへきてお客さんから「マッサージ、頼んであるんやけどいつ呼ばれるんか」みたいにどやされれば矛先をこちらに向けたくなるのもわからんじゃない。
サービスの提供が不十分に鳴れば苦情が増えるのは至極当然の話で、時には診に覚えのないことで叱責されることもあって、お客さんに少しでも診も心も軽くなってもらいたいと思う僕の気持ちとスタッフの不足による職場全体の重い空気がギスギスになって…なんだかもう、正直よくわからなくなってきました。
最近僕と一緒に仕事をするようになったスタッフさんは僕のこと、嫌いな人多いんだろうね。必要以上の言葉を発しないし笑わないし暗いし。ポッドキャストやってる自分とは間逆ですよ。でもそれで職場全体の空気が和めばいいんじゃないかなって。お客さんの要望が絶対、声を発する人の発言は絶対。
なかなかご自身からは「わたし、まだなんでしょうか?」って言えないお客さんや「先生、いつも忙しそうだから希望してもお疲れになるでしょう」なんて気を遣ってマッサージを受けない人がいることだって知ってる。でもそれを言ってもスタッフをイライラさせるだけなんで。「ただでさえ忙しいのに仕事増やさないで」みたいな。
だから嫌われ役でいいかなって思って3年ぐらいは我慢してきたけど、そろそろ仕事については限界を感じてきました。かといって止めてしまえば生活ができない。昨日の件とあわせてですが、なんだか生きていく自信がどんどん消えていく。生きにくい世の中なんて言われてるけど、この状況も僕が招いたことなのかなー?
考え方次第でこの世の中、どうにでもなるのかもしれない。変えられないのは自分のせい。逃げだと思われても仕方ないですけど、本当に疲れてしまいました。少し休みたいです。でも…何度も言いますがそういうわけにはいかないんです。がんばらないと。僕ががんばらないと。そのためにはちょっとでいい、力がほしいな。
今日もグチグチとしたエントリーで申し訳ありません。明日も…というかもう明けて今日か。がんばります。今日は眠れるだろうか?
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック