--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_11
03
(Fri)23:26

いよいよ明日!!音亀フェス2017に参加します

バンホーテンのココアを飲みながらこんばんは。文化の日、皆さんいかがお過ごし?そして巷は3連休らしいですが、どこかお出かけの予定がある人も多いのでしょうか?紅葉狩りとかいい季節ですもんねー。

連休なのに特にどこかにお出かけの予定がないというそこのあなたは、インターネット上で開催されるフェスなんて出かけてみませんか?ということで、すっごいギリギリの告知になってしまって申しわけありませんが、いよいよ明日公開の音亀フェス2017-Cross-に僕DYも出演します。

ポッドキャスト番組、音亀-oto.gameのHaruさん主催で行われているインターネットを使った音楽フェス。プロ、アマ問わずさまざまなアーティストがさまざまなスタイルで各々のステージを繰り広げるもので、今年で5回目になります。

僕自身、生活環境を始め今年は大きくいろんなことが変わりました。正直、今年の参加は難しいかもしれないと思ったときもありました。でも、Haruさんもそうですし僕を応援してくれる人、支えてくれる人、本当にいろんな人の力を借りてこうして明日を迎えられること。

本当にありがたいことだなと感じています。その一言につきます。それゆえなのか、今年の自分のステージ、例年以上に思いいれが深くて愛おしくてたまらないです。音楽やっててよかったしポッドキャストやっててよかった。そんな思いをいろんな人の気持ちと交差させることができればと思います。

そんな愛おしい今年の僕のステージですが、いろんなクロスが隠れています。リアルとバーチャルのクロス、去年の音亀フェスからのクロス、そして未来に繋がるクロス。皆さんの解釈でかまいません。どうか探してみてください。このフェスで解禁となる情報もありますよ。
そしてできるだけいい音で聞ける環境を整えていただけたらなお嬉しい(笑)今年のフェスは全体的にむちゃくちゃ音がいいと思います。スマホやパソコンのちっちゃいスピーカーだけでとどめとくのはちょっともったいないかも。
配信開始記念生放送は夜深い時間までありますので大音量というわけにもいかないでしょうけど、そのあと配信のポッドキャストでも楽しめます。ぜひぜひできる限りのよい音で盛り上がってください。

最後に、僕のステージに関して書いておこうかな。今年は手弾きのパートで使っている機材はヤマハのReface CSとコルグのショルキー、RK-100Sのみです。特にDYステージ直前にコラボ曲を1曲やるんですが、ここはもうReface CS1台で弾き倒してます。

ほぼほぼ一発録り(?)で、リアルタイムに音色を作っています。基本的にFMとマルチソウの2つの波形を使っていて、あとはテクスチャーとモジュレーション、LFO、あとRefaceに載っているエフェクト類の組み合わせで。

ただReface CSのエフェクトは1系統しかないんで、広がりを作るのにベリンガーのミキサーを通したりして音を作りました。オケに溶け込むような音から過激な音までリアルタイムでも瞬時に作れるのでほんと楽しいですね。皆さんの脳みそをグニグニさせていただきますので覚悟してください。

それからDJのチョッパーさんブースには、スクラッチ用のターンテーブルとコルグのMONOTRONが無印とDUOの2台。DUOはあんまり調子がよくないんですが持ち出してきました。これもリボンコントローラーとツマミで瞬時にいろんな音を作れるので気に入っています。

それから今年はリアルなギタリストさんがいらっしゃいますし、ドラムであのポッドキャスターがサポートしてくれますよ。そんなところがDYステージの聞き所です。いい形でステージを暖めてジョンジさんにバトンを渡そうと思います。そして僕DYはショルキーをかついで、とある人のステージにお邪魔します。

なので、DYステージだけじゃなく音亀フェス全体も楽しんで聞いてくださいね。僕以外にもたくさん素敵なアーティストが参加します。ポッドキャスト、インターネットを使った音楽フェス、ぜひご期待ください。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

音亀フェスの試聴方法、配信開始記念生放送へのコメントでの参加方法などについて詳しくは上のリンク、音亀フェス2017の公式サイトをご覧ください。さあ、もうすぐ幕が上がるよ!!今年も一緒に楽しみましょう。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。